機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

search menu

MAY

16

新聞購読のお申込み

メカトロテックジャパン2017
今回の見どころは

製品651点が初披露

会場:ポートメッセなごや
会期:10月18〜21日

前回展の様子

前回展の様子

 今年の国内最大の工作機械見本市であるメカトロテックジャパン2017(MECT)が10月18〜21日にかけ、名古屋市港区のポートメッセなごやで開かれる。展示規模は年間の工作機械受注額が最高を記録した2007年展に次ぐ出展者457社・団体、1933小間となり、海外からも23ヵ国・地域に及ぶなど史上2番目の規模での開催となる。前回(15年展)は444社・団体、1915小間で来場者は9万4124人だった。今回は全出展者の16.8%にあたる77社が初出展で、1年以内に発表された新製品は1190点を数える。「自動車」をテーマにしたセミナーでは、トヨタ自動車など次世代に向けた新しい車づくりを紹介。今後の金型作りにおけるヒントがあるはずだ。

出展者457社・団体史上2番目の規模
初出展は77社に

 MECTは1987年にスタートしたFA技術専門展。今年は30周年を迎え、通算16回目の開催となる。展示会テーマは「次世代技術は中部から出会いが『ひらめき』になる四日間 最先端技術集結」で、自動車や航空機など中部を代表する産業を視野に、会場内に展示される工作機械・装置は376台で、1年以内に発表された新製品は1190点、初披露の製品が651点と、新製品や新技術が集結し、ブース内での実演も含め最新の加工技術や自動化提案を来場者に披露する。

 工作機械では、精密で微細な加工ニーズを捉えた加工機が登場。さらに進化した微細に特化する5軸加工機なども注目だ。切削工具はCBN工具に加え、PCD工具も増加。仕上げ用異形工具など新たな製品も登場する。

 日本工作機械工業会によると、17年8月の受注額は1335億円で前年同月比136.2%と追い風が吹く。モノがネットにつながるIoTを進化させる工作機械、パウダーベッド方式やレーザーメタルデポジション方式など金属3Dプリンタの出展が増えたほか、自動車産業における生産効率の向上を図るため、機械の集約化による省スペース化の提案も多い。

 世界の最先端加工技術を紹介する主催者のニュースダイジェスト社が企画するコンセプトゾーンは新市場といわれる「宇宙」にスポットを当て、宇宙ビジネスにチャレンジする企業を紹介。実演加工ではアストロスケール社の人工衛星部品と由紀精密のロケットエンジンのインジェクターの加工を披露する。5軸加工機や複合加工機を使った高い強度を持つ超々ジェラルミンや穴径0.4㎜の精密加工は必見。そのほか、民間企業としてロケットの打ち上げに取り組むインターステラテクノロジズの稲川貴大社長の講演など、宇宙ビジネスの現状を知ることができる。

MECR2017ロゴ
開催概要
会期:2017年10月18日㈬~21日㈯
会場:ポートメッセなごや(名古屋市国際展示場)
入場料:1000円(団体10人以上1人500円)事前登録者、海外来場者、学生は無料
出展者数:457社・団体
主催:ニュースダイジェスト社
共催:愛知県機械工具商業協同組合
出展製品:工作機械、鍛圧・板金加工機、射出成形機、3Dプリンタ、機械工具、鋸刃、切削工具、工作機器、試験機器、研削砥石、研磨剤、油圧・空圧・水圧機器、歯車・歯車装置、環境・安全対応機器装置、CAD/CAM/CAE、制御装置・関連ソフトウエア、産業用ロボット、搬送装置、洗浄機械装置、品質管理・安全・試験認証機関、新素材、マイクロマシン、ナノテクノロジー関連など

金型新聞 平成29年(2017年)10月16日号

関連記事

金型ビジョン軸に事業推進<br>日本金型工業会第3回通常総会

金型ビジョン軸に事業推進
日本金型工業会第3回通常総会

営業、海外展開に力 技術研究や連携も  日本金型工業会(牧野俊清会長、長津製作所会長)は6月5日、名古屋市のANAクラウンプラザホテルグランコートで第3回の通常総会を開く。 昨年は新金型産業ビジョンを策定し、日本の金型業…

ミスミ「meviy(メヴィー)」<br>特注部品の受注開始

ミスミ「meviy(メヴィー)」
特注部品の受注開始

ウェブで簡単注文  ミスミはウェブを活用した特注部品の受注を始める。金型部品図を2次元(2D)化する必要がなく、ウェブ上に3次元(3D)データをアップすれば自動的に公差や納期、価格などが表示され、すぐに発注できるようにし…

JIMTOF2014 常識覆す新技術

JIMTOF2014 常識覆す新技術

機械の知能化が進化 工具は難削性能向上、ソフトは多軸に対応  工作機械や工具など生産財の進歩は金型づくりの進化を支えてきた。だからこそ、最新の機械や工具を使いこなすことが競争力の源泉になる。JIMTOFでは各メーカーが最…

金型に大型化の波

金型に大型化の波

車部品が軽量化<br>〜量産の技術革新が金型の進化を変える〜  金型の大型化が進んでいる。背景にあるのは自動車の軽量化ニーズの高まりだ。電気自動車(EV)の登場や環境規制などで、車を軽くするため、大型の部品を…

豊田・堤工場が稼働
オネストン

大物加工に特化  オネストン(名古屋市天白区、052-803-5811)の国内3工場目となる豊田・堤工場(住所:愛知県豊田市本町石根133‐1)が稼働した。新たに5面加工門形マシニングセンタを2台導入し、需要増加が見込ま…

トピックス

関連サイト
一般社団法人日本工作機械工業会
日本機械工具工業会
一般社団法人日本工作機器工業会
日本精密測定機器工業会
日本光学測定機工業会
全国作業工具工業組合
日本精密機械工業会
日本工作機械輸入協会 jmtia
日本金型工業会 jmtia