金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

07

新聞購読のお申込み

武林製作所 「マスクのほね」がヒット」

培った技術活かす

自動車の電動化、医療関連や半導体関連需要の拡大などで、国内のものづくり産業に求められるものも大きく変化している。自動車の電動化ではモータやバッテリーなどの電動化部品や材料置換による軽量化部品などが増えており、医療関連や半導体関連ではこれまで以上に部品の複雑化や微細化が進んでいる。多くの金型メーカーが、こうした変化をチャンスと捉え、自社の高い金型技術や加工技術などを生かし、新しい需要を上手く取り込もうと動き始めている。新規設備に投資したり、独自の商品や技術を開発したり、その取り組みは様々だ。政府も補助金などの支援制度を設け、金型メーカーの新分野の開拓を後押ししている。金型メーカーの新分野はどこにあるのか。“ニューフロンティア”を目指す各社の挑戦に迫る。

武林製作所 マスクのほね

使い易さや品質追求

両方のフックをマスクの左右につける(マスクのほね)
武林美孝社長

両方のフックをマスクの左右にかける。するとマスクはフレームに支えられ膨らみができる。口の周りに空間ができ、息がしやすく化粧も落ちにくい。白く、カーブを描くその形から名付けたのは「マスクのほね」。自社商品として2020年12月に発売しました。

当社は歯ブラシのプラスチック金型メーカー。新たな自社商品の開発に乗り出したのは新型コロナによる逆風がきっかけです。インバウンドが減り宿泊施設向けなどの歯ブラシの金型の需要が減りました。一方、ホテルや料亭から興味を持って頂いていたカトラリーレストなど自社商品の販売機会も失いました。

そこで20年4月、新たな商品をつくろうと全社員にアイデアを考えて貰いました。私も含めて金型づくりには精通しても消費者向けの商品開発には慣れていない。アイデア出しは何回にも及び、120のアイデアが出ました。その中の一つがマスクフレームでした。

アール状のプラスチックフレーム。デザインはシンプルですが開発には力を入れました。当社は高品質の製品を何百万ショットも打てる金型づくりを追求しています。それと同じようにフックが外れにくく、肌を傷つけないなど、長い間、安心して使えるマスクフレームを目指しました。

医療や食品、製造業向けを想定しテスト販売で消費者の声は聞いていましたがどれほど売れるか分からない。しかしBESEショップで発売するとテレビやネットで取り上げられた。すると医療や食品だけでなく一般の消費者からも沢山の注文を頂きました。その後小さなマスク用や子供のマスク用も発売しました。

多くの注文を頂ける商品となったのはカトラリーレストなど自社ブランド商品の開発やマーケティングの経験が活かされていると感じています。アイデアをカタチにし、品質を追求し、市場調査し、販売促進をする。マスクのほねはその経験のある6人が中心となり進めました。

取引先の要望に応える高品質の金型を手掛ける一方で、自らのアイデアで一般の消費者に喜んで貰える商品を作りたいとかねてから思いがありました。金型と自社商品。これからはその両面に取り組んでいきたい。

会社概要

  • 本社:大阪府八尾市萱振町7-5-2
  • 電話:072-998-1207
  • 代表者:武林美孝社長
  • 従業員数:18人
  • 事業内容:歯ブラシのプラスチック金型の設計製作、カトラリーレストやマスクフレームなど自社製品の製造販売

金型新聞 2022年3月10日

関連記事

進化する超硬加工ー特集ー

進化する超硬加工ー特集ー

切削は高速、研削は高効率  超硬合金を金型材料として使う動きが広がりつつある。これまでは長寿命化などのメリットはあるが、加工しづらいことがボトルネックとなり、一部の金型でしか利用されていなかった。しかし近年、切削加工がで…

5軸加工機の活用を推進する金型メーカーの工場長が語る ”工場長”に必要なものとは?【特集:工場長の条件】

時には経営者、時には教え諭す教育者—。工場長には多様な役割が必要だ。こうしたマルチタスクをこなすために、どのようなことを意識しながら、責務を果たしているのか。現役工場長に、工場長としての哲学を聞いた。 改善へ、尽きぬ探求…

〜精度よく、早く、安く・作る〜特集

〜精度よく、早く、安く・作る〜特集

高難度型を早く安く 自動化活用し品質安定  難易度の高い金型や、オンリーワン技術に高い付加価値があるのは当然。しかし、全てがそんな金型ばかりではない。大半の金型は、高精度は当然ながら「早く、安く」作ることが求められている…

加工現場でも対応進むカーボンニュートラル CO2排出量の見える化【特集:2022年金型加工技術5大ニュース】

金型づくりの世界では、自動化やAM、脱炭素向けなどの最新技術が数多く登場し続けている。その進化は止まることがなく、4年ぶりに開催されたJIMTOF2022でも多数の最新技術が披露され、注目を集めた。今年最後となる本特集で…

前澤金型と福井県工業技術センターは金属AMを活用してどんな金型を開発したのか

金型や部品の造形で金属AMを活用する際、必ず指摘されるのがコスト。装置の価格はもとより、粉末材料が高価なことに加え、設計や解析などに多くの工数が発生するため、どうしても製造コストは高くなる。一方で、高い冷却効果による生産…

関連サイト