機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

28

新聞購読のお申込み

東京精密 八王子ショールームを一新
新型機種など15台

東京精密 八王子ショールーム

 東京精密はこのほど、八王子工場(東京都八王子市)内の計測センターをリニューアルした。展示スペースを従来の4倍に拡大し、5台だった展示機を15台まで増設。常設展示に加え、トレーニングスクールや測定サービスなども行い、関東、甲信地区の顧客へのサービス充実を図る。

 計測センターは八王子工場のほか、土浦工場(茨城県土浦工場)、名古屋営業所(愛知県みよし市)、大阪営業所(大阪府吹田市)の全国4ヵ所に構えている。八王子計測センターは、2011年に東京、神奈川、埼玉などの関東地区と、長野などの甲信地区の顧客の技術サポート拠点として開設。今回は、約6年ぶりのリニューアルとなる。

 今まで、高度な技術サポートは土浦計測センターのみで対応していたが、今回のリニューアルによって、「土浦計測センターと同等のサービスを八王子でも提供できる。関東、甲信地区の顧客の利便性を高めた」(広報担当)。

 展示機は、新型モデルの「ザイザックスアクセル」、高精度モデルの「ツァイスコンチュラ」をはじめとした三次元測定機や、粗さ・輪郭・真円度測定機のほか、非接触式測定機など、今まで展示スペースの都合上、設置できなかった機種を多くそろえた。

 また、常設展示のほか、各種測定機のソフトウエアの講習などのトレーニングスクールや勉強会、展示機を使った受託測定サービスなども行う。そのほか、「今後は、プライベートショーなども開催していきたい」(広報担当)。

金型新聞 平成29年(2017年)10月16日号

関連記事

金型工場にIoT化の波<br>稼働状況などを監視

金型工場にIoT化の波
稼働状況などを監視

生産効率向上に活用  金型製造現場をIoT(モノのインターネット)化する動きが出始めている。マシニングセンタ(MC)や放電加工機など生産設備の新旧やメーカーを問わずに、それらの機械情報を取得し、クラウド上で分析できるシス…

抜き加工のカス上がり防ぐ〜ハルツ〜

独自のボタンダイ開発  プレス金型メーカーのハルツ(横浜市金沢区、045-783-8601)はこのほど、抜き加工のカス上がりを防ぐボタンダイを開発した。ダイの内径にボールプランジャーや凸材を埋め込み、抜きカスが上がるのを…

【金型の底力】日本精機 金属3Dプリンタの技術や知見を蓄積

ダイカスト金型メーカーの日本精機は金属3Dプリンタを活用した金型づくりに本格的に乗り出す。7月に金属3Dプリンタ2台を導入した。きっかけはSKD61相当材で造形が可能になり、金型への適用領域の可能性が広がってきたこと。ま…

4月の金型生産実績

4月の金型生産実績

前年同月比5.4%増の283億1,300万円 プレス型は6・0%減、プラ型は2・6%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年4月の金型生産実績をまとめた。それによると…

スリーアールブランド設立50周年<br>16年の売上高は過去最高<br>GFマシニングソリューションズ

スリーアールブランド設立50周年
16年の売上高は過去最高
GFマシニングソリューションズ

自動化、トータルで提案  NC(数値制御)装置付き放電加工機が金型加工で広く使われ始めた1970年代。電極の調整は、高い技能を持った職人の手で行うのが当たり前だった。そうした時代に、誰もが簡単に精度良く電極を取り付けられ…

トピックス

関連サイト