金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

21

新聞購読のお申込み

東京精密 八王子ショールームを一新
新型機種など15台

東京精密 八王子ショールーム

 東京精密はこのほど、八王子工場(東京都八王子市)内の計測センターをリニューアルした。展示スペースを従来の4倍に拡大し、5台だった展示機を15台まで増設。常設展示に加え、トレーニングスクールや測定サービスなども行い、関東、甲信地区の顧客へのサービス充実を図る。

 計測センターは八王子工場のほか、土浦工場(茨城県土浦工場)、名古屋営業所(愛知県みよし市)、大阪営業所(大阪府吹田市)の全国4ヵ所に構えている。八王子計測センターは、2011年に東京、神奈川、埼玉などの関東地区と、長野などの甲信地区の顧客の技術サポート拠点として開設。今回は、約6年ぶりのリニューアルとなる。

 今まで、高度な技術サポートは土浦計測センターのみで対応していたが、今回のリニューアルによって、「土浦計測センターと同等のサービスを八王子でも提供できる。関東、甲信地区の顧客の利便性を高めた」(広報担当)。

 展示機は、新型モデルの「ザイザックスアクセル」、高精度モデルの「ツァイスコンチュラ」をはじめとした三次元測定機や、粗さ・輪郭・真円度測定機のほか、非接触式測定機など、今まで展示スペースの都合上、設置できなかった機種を多くそろえた。

 また、常設展示のほか、各種測定機のソフトウエアの講習などのトレーニングスクールや勉強会、展示機を使った受託測定サービスなども行う。そのほか、「今後は、プライベートショーなども開催していきたい」(広報担当)。

金型新聞 平成29年(2017年)10月16日号

関連記事

エムエス製作所と山一ハガネ コロナ感染防ぐラップを共同開発

エムエス製作所(名古屋市、迫田邦裕社長)と山一ハガネ(名古屋市緑区、寺西基治社長)は共同でパソコンのキーボードにラップをかけコロナウイルスの感染を防ぐ「TOUCH WRAP(タッチラップ)」を開発した。 市販のラップの未…

フタバ産業 超ハイテンを冷間で量産【特集:プレス加工最前線】

自動車のボデー部品や排気系部品など手掛けるフタバ産業は1470MPa超ハイテン材の冷間プレス部品の量産を確立、今年1月に発売した新型プリウスに採用された。先代プリウスはホットスタンプを用いた部品を採用していたが、冷間プレ…

がんばれ!日本の金型産業特集<br>米山金型製作所 村松 善太郎 社長 

がんばれ!日本の金型産業特集
米山金型製作所 村松 善太郎 社長 

ナノの世界に挑む マイクロニードルなど超精密の金型 先端径0.01㎜のピンが1.2㎜ピッチで無数に立ち並ぶマイクロニードルと呼ばれる医療や化粧品向けの金型。求められる寸法公差は、±2.0μm台と超精密。米山金型製作所が取…

日本金型工業会 学術顧問
横田 悦二郎 氏(日本工業大学客員教授)
〜鳥瞰蟻瞰〜

コロナを好機にするには 営業など中間層の変革をICTの活用が絶対条件  コロナで金型業界は難しい状況にありますが、大変だと騒いだり、パラダイムシフトを心配したりしても何も生まれません。むしろ、やり方次第では、ピンチをチャ…

工場長に求める条件とは?! 金型メーカー経営者にアンケート【特集:工場長の条件】

チームで業務遂行する力 金型づくりが高度化し、先が読みづらい時代。だからこそ、工場長の役割がより重要になり、また求められることも変化しているのではないか。そう考え、本紙では「経営者が今の工場長に求める条件は何か」を探るた…

関連サイト