金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

DECEMBER

01

新聞購読のお申込み

『みせるばやお』からコラボ第1弾

「LOMAルームフレグランスアロマミスト」
自分で香りを調合

 製造業と市民の交流の場として誕生した大阪府八尾市にある『みせるばやお』(近鉄八尾駅前、リノアス8階)の参画企業であるDIY関連のインテリア商材の企画・販売を手掛ける友安製作所(八尾市神武町)と、1924年に創業した老舗石鹸メーカーの木村石鹸工業(八尾市北亀井町)が共同で手作りアロマスプレーキット「LOMAルームフレグランスアロマミスト」を開発し発売した。

DIY×石鹸メーカー

 『みせるばやお』は1つの目標として企業間コラボレーションを推進する『×88』(カケル88プロジェクト)を掲げ、今回のコラボ製品は同プロジェクトの第1弾となる。ルームフレグランスの「LOMA」は専用スプレーボトルとエタノール液、ラベンダーとオレンジの精油で構成され、専用ボトルに香りの精油を調合しながら独自の香りを作っていく。

 それ以外の精油も混ぜることができるため、個性的な香り作りを楽しめるのが大きな魅力だ。同製品の精油は香りに精通する木村石鹸工業が選定し、商品ロゴなど企画は友安製作所が担当した。友安製作所本社あるいは同社が運営する「友安製作所Cafe&Bar阿倍野」、オンラインショップなどで購入できる。価格は2900円(税別)。

 「自分でアレンジできることが魅力。今までにない香りのDIYを楽しんでもらいたい」と話すのは友安製作所の友安啓則社長。同社はDIY関連商材の企画・販売を手掛けており、工場のみならず販売ショップも運営している。

 コラボのきっかけは木村石鹸工業が『みせるばやお』などのワークショップで好きな香りを調合するという企画を考え、友安製作所が商品化を持ち掛けたのが始まり。ワークショップを通じて社員の交流が深まり、新しいコラボ商品の開発に着手した。

 友安社長は「異業種同士でもマーケットの重なる部分があり、そこは互いに競合する部分ではなく、互いの顧客にも魅力を感じてもらえる部分だと思う」とし、「コラボ商品で互いの顧客にアピールできるチャンス」と話す。

 木村石鹸工業の木村祥一郎社長も「〝みせるばやお〟は子供たちにものづくりの楽しさを知ってもらうという明確な目的があり、企業同士もフラットな関係性なので、自然にコラボレーションも起こりやすい」と魅力を語る。

 『みせるばやお』では金型メーカーをはじめ、多様な製造業が参画しており、今後もコラボ製品の開発は活発になりそうだ。また、友安製作所は厚生労働省の「第3回働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」で中小企業部門の優秀賞を受賞している。

金型新聞2019年3月10日号

関連記事

大垣精工 代表取締役専務 松尾  幸雄氏「新しいことに挑戦することが技術の向上につながる」

経験による予測が不可欠若い人は好奇心旺盛であれ新しいことに挑戦して 日本の金型はますます難易度が高くなる一方、若手が基礎を学び、簡単なことから経験し、成長していく土壌が失われつつあります。だからこそ、過去の経験や技術を伝…

【INTERMOLD・金型展・金属プレス加工技術展 総集編】 学生金型グランプリ

オンラインで成果発表  金型づくりを学ぶ学生が出題テーマの金型を設計・製作し製品を成形するまでの取り組みを発表する「第13回学生金型グランプリ」が4月15日、オンラインで開かれた。プラスチック金型部門で4校、プレス金型部…

メカトロテックジャパン2015開幕

次代の加工技術一堂 出品444社・団体 今年最大規模 ポートメッセなごや 10月21~24日 5軸、難削材工具、機上測定  今年国内最大級の工作機械見本市「メカトロテックジャパン2015(MECT2015)」(主催:ニュ…

新日本工機・中西 章社長「ものづくり力向上を支援」

「30年間お客様とものづくりを改善し続けられる存在でありたい」—。そう話すのは一昨年に新日本工機の社長に就任した中西章氏。ライフサイクルの長い大型機械が強みなだけに、「長期間にわたって、顧客のものづくりをサポートするのは…

アルム NCプログラム作成完全自動化へ

金型製作における時間とコストのボトルネックの一つがNCプログラム作成。今なおノウハウを持つ技能者が手間をかけて作成することが殆どだ。だがアルムが開発したソフトウェア「ARUMCODE1(アルムコードワン)」は人工知能(A…

トピックス

関連サイト