2019年6月17日(月)

『みせるばやお』からコラボ第1弾

「LOMAルームフレグランスアロマミスト」
自分で香りを調合

 製造業と市民の交流の場として誕生した大阪府八尾市にある『みせるばやお』(近鉄八尾駅前、リノアス8階)の参画企業であるDIY関連のインテリア商材の企画・販売を手掛ける友安製作所(八尾市神武町)と、1924年に創業した老舗石鹸メーカーの木村石鹸工業(八尾市北亀井町)が共同で手作りアロマスプレーキット「LOMAルームフレグランスアロマミスト」を開発し発売した。

DIY×石鹸メーカー

 『みせるばやお』は1つの目標として企業間コラボレーションを推進する『×88』(カケル88プロジェクト)を掲げ、今回のコラボ製品は同プロジェクトの第1弾となる。ルームフレグランスの「LOMA」は専用スプレーボトルとエタノール液、ラベンダーとオレンジの精油で構成され、専用ボトルに香りの精油を調合しながら独自の香りを作っていく。

 それ以外の精油も混ぜることができるため、個性的な香り作りを楽しめるのが大きな魅力だ。同製品の精油は香りに精通する木村石鹸工業が選定し、商品ロゴなど企画は友安製作所が担当した。友安製作所本社あるいは同社が運営する「友安製作所Cafe&Bar阿倍野」、オンラインショップなどで購入できる。価格は2900円(税別)。

 「自分でアレンジできることが魅力。今までにない香りのDIYを楽しんでもらいたい」と話すのは友安製作所の友安啓則社長。同社はDIY関連商材の企画・販売を手掛けており、工場のみならず販売ショップも運営している。

 コラボのきっかけは木村石鹸工業が『みせるばやお』などのワークショップで好きな香りを調合するという企画を考え、友安製作所が商品化を持ち掛けたのが始まり。ワークショップを通じて社員の交流が深まり、新しいコラボ商品の開発に着手した。

 友安社長は「異業種同士でもマーケットの重なる部分があり、そこは互いに競合する部分ではなく、互いの顧客にも魅力を感じてもらえる部分だと思う」とし、「コラボ商品で互いの顧客にアピールできるチャンス」と話す。

 木村石鹸工業の木村祥一郎社長も「〝みせるばやお〟は子供たちにものづくりの楽しさを知ってもらうという明確な目的があり、企業同士もフラットな関係性なので、自然にコラボレーションも起こりやすい」と魅力を語る。

 『みせるばやお』では金型メーカーをはじめ、多様な製造業が参画しており、今後もコラボ製品の開発は活発になりそうだ。また、友安製作所は厚生労働省の「第3回働きやすく生産性の高い企業・職場表彰」で中小企業部門の優秀賞を受賞している。

金型新聞2019年3月10日号

[ ニュース ][ 金型新聞 ][ 金型業界の出来事 ] カテゴリの関連記事

金型づくりを変える 注目の技術<br>インターモールド 2019 総集編

金型づくりを変える 注目の技術
インターモールド 2019 総集編

 4月19〜22日、東京ビッグサイト青海展示棟で開催された国内最大の金型加工技術展「インターモールド2019」。注目を集めたのは、自動化や3Dプリンティング、IoTやAIなどより進化した次世代の技術だ。かつては夢物語だっ […]

この人に聞く
トヨタ自動車 大竹 知之部長

100年に一度の変革期 どうする金型づくり  エンジン、トランスミッション、カムシャフト、最近では電池やモータなど、自動車を動かすほぼ全ての内蔵部品の金型を手掛けるトヨタ自動車のパワートレーン工機部。豊田章男社長が「自動 […]

トヨタ紡織と技術協定<br>岩手大学

トヨタ紡織と技術協定
岩手大学

 今年3月、岩手大学と自動車部品メーカーのトヨタ紡織は生産技術開発を中心とした連携で包括協定を結んだ。両者は今後6年に渡り、生産技術のほか、幅広い分野で共同研究を進めていく。「大学全体で連携し、技術開発だけでなく、学生の […]

トピックス

関連サイト