機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

28

新聞購読のお申込み

この人に聞く
オープン・マインド・テクノロジーズ・ジャパン 菅井 晃 社長

5軸加工はもっと広がる

 5軸加工に強いCAMとして評価の高い「hyperMILL(ハイパーミル)」を扱うオープン・マインド・テクノロジーズ・ジャパン(東京都武蔵野市、050-5370-1018)。02年の設立以来、約20年近く、日本国内で金型における5軸加工の進化を支えてきた。「更なる高精度、高品位な面を実現するため、もう一段上を目指す」と話す菅井晃社長に、金型業界における5軸拡大の流れや、バレル工具の動向、今後の開発の方向性などについて聞いた。

 1966年東京都生まれ。大手商社でCAD/CAMの販売を手掛けた後、2002年オープン・マインド・テクノロジーズ・ジャパンを設立。30年以上にわたり、CAD/CAMの販売を手掛ける。

新技術には新たな考えを
新鏡面加工の最適パス出す新版も

ハイパーミルが5軸向けで評価が高い理由は。

 日本で5軸が一般的ではない20年前は、5軸CAMは専門家しか使えない難度の高いものだった。ハイパーミルは従来のCAMとは異なるアプローチで、単純にパス計算ができ、2軸や3軸と同じ操作感でストレスなく使えることが大きかった。最も課題だった工具の干渉を自動で回避で
きることなど使いやすさが評価されたのだと思う。

今後の5軸の市場をどうみるか。

 かつて「5軸では精度が出ない」といった否定的な声が多かったが、今やダイカスト金型を中心に普通に使われているし、さらに採用が進む。今後は機械メーカーの動向を見ても、同時5軸の効果が大きい門型など大型機で一気に広がっていく可能性があると思う。

5軸ではバレル工具の活用を期待する声が多いがCAMの難しさは。

 バレルは特殊形状で特殊なパスが必要と思われているが、ハイパーミルではボールエンドミルと同じように「普通に使える」ので問題ない。ただバレルはどんな加工にも適しているわけではない。面粗度や精度はボールエンドミルより高いし、除去量が多いので大型には適している。一方、独特の縞模様が出るので製品部に適さなかったり、形状によって合わなかったり、向き不向きはある。

今後の開発の方向性は。

 操作性の良さや機能強化は継続していく。さらに高精度、高品位な面を実現すべく、もう一段上のレベルを目指す。

具体的には。

 リフレクター金型などで鏡面性を追求する部位や、コーナ隅部など削り残しに対して、最適なパスが出しづらいことがあった。来年発売予定の新バージョンではこうした部分を全面改良する。これらが強化されれば、今まで不得手としていた領域がなくなるので、あらゆる金型メーカーにベストな提案をしたい。

金型メーカーに一言。

 新しい加工方法やテクノロジーには、従来のやり方では効果が出ないことがある。例えば、せっかく5軸加工やバレル工具を使うのに従来と同じ加工条件では効果が薄れる。新しい技術には全く新たな考え方が必要だと思うので、それを金型メーカーさんと一緒に考えていきたい。

金型新聞 2020年12月10日

関連記事

【この人に聞く】マーポス、マルコ・ゾーリ社長

 今年、日本法人設立50周年を迎えたマーポス(東京都大田区、03 -3772-7011)。精密計測機器を手掛け、特に金型分野ではタッチプローブやレーザーによる工具やワークの計測などで、日本の金型づくりを支えてきた。近年は…

この人に聞く2016<br>牧野フライス製作所 井上 真一社長

この人に聞く2016
牧野フライス製作所 井上 真一社長

要望に合わせ創造と変革  「色々と教えると新しい経営はできないだろうから、あなたには多くは教えない」―。工作機械業界のカリスマ、牧野二郎前社長がそう伝えるほど、全幅の信頼を置く。 顧客重視をより進化  入社時に「機械もソ…

難しい金型<br>日本へUターン

難しい金型
日本へUターン

日本工業大学大学院教授 横田 悦二郎氏に聞く 「ユニット」や「軽量化」がカギ  日本金型工業会で学術顧問を務める、日本工業大学大学院の横田悦二郎教授は「国内に戻る金型は出て行った時と内容は異なり、高度化して回帰している」…

【鳥瞰蟻瞰】碌々産業社長・海藤満氏「優れた人材の発掘と育成が新たな世界の創出につながる」

重要なのは加工技術者 優れた人材の発掘・育成が、新たな世界の創出につながる  いまや我々の日常生活に不可欠なものとなったスマートフォンや極小な電子機器。これらは微細加工技術があったからこそ生まれました。ミクロンやナノとい…

【新春特別インタビュー⑦】大貫工業所社長・大貫 啓人氏「売れるものをつくり、境地まで突き詰めることが大事」

売れるものをつくる 物価の高い国で勝負 境地まで突き詰めることが大事 〜海外展開〜  1964年生まれ、茨城県出身。大学卒業後、87年大貫工業所に入社。営業で新規得意先を次々と開拓する一方で、得意先とのやり取りを通じて金…

トピックス

関連サイト