2021年1月16日(土)

UMモールドフェア開催
植田機械

工作機械や機器 金型づくり変革する自動化・高精度

インテックス大阪

 金型設備総合商社の植田機械(大阪府東大阪市、06-6743-0110)は来年1月28・29日、インテックス大阪5号館(大阪市住之江区)で工作機械総合展示会「UMモールドフェア」を開催する。工作機械や測定機器、ソフトウェアなど42社が出展し、金型づくりの自動化・高精度化の技術やJIMTOF2020に出品予定だった最新機を披露する。

来年1月28・29日、インテックス大阪で
JIMTOF向け開発新機種も

ソディックの形彫り放電加工機ロボット仕様

 UMモールドフェアは西日本の金型メーカーに、金型加工に関連する最新技術を発信するため2年に一度、国内最大の工作機械見本市「JIMTOF」が開かれた翌年に開催している。

 10回目となる今回のテーマは「織りなす技術、変わるものづくり」。工作機械(18社)や測定機(4社)、ソフトウェア(5社)、ツーリング・治工具(7社)、環境機器(1社)など42社が出展する。

 見どころは、出展各社がテーマを掲げて提案する金型づくりの「自動化」や「高精度化」、「生産効率改善」などの技術。形彫り放電加工機とロボットによる電極・ワーク交換と加工の自動化や、高剛性や微細バブル発生装置で高精度加工する研削盤、測定データを無線でタブレットなどに送信する技術を紹介する。

 中にはJIMTOFに出品予定だった最新機も。工作機械や機器メーカーはJIMTOFを照準に新製品開発してきたが、コロナの影響でリアル展は中止。そうした最新機もお披露目する。

 開催に向けて植田修平社長は、「金型を取り巻く環境は変化している。しかし最新の設備を生かしオンリーワンの技術や強みを生み出すことができれば道は開けるはず。オンリーワンのヒントが見つかる展示会にしたい」。

 コロナ感染対策を徹底

 UMモールドフェアは、新型コロナの感染防止の対策を徹底して開催する。▽マスクを着用▽入場時は検温、手を消毒▽「大阪コロナ追跡システム」や「COCOA」を登録▽体温37・5度以上、2週間以内に海外渡航経験、コロナ陽性者との接触がある人は入場不可などを出展者や来場者に呼び掛ける。3密を避けるため講演会も開かない。

金型新聞 2020年12月10日

[ 展示会 ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

新春特別企画 時代をリードする8人にインタビュー⑧
オーニック 社長 難波 健氏

 1976年生まれ、北海道札幌市出身。99年工学院大学工学部機械工学科を卒業し、オーニックに入社。2013年、社長に就任。経営理念であり創業者(叔父)の意思を受け継ぎ、障がい者が働きやすい職場づくりに日々取り組む。趣味は […]

新春特別企画 時代をリードする8人にインタビュー⑦
大貫工業所 社長 大貫 啓人氏

売れるものをつくる 物価の高い国で勝負 境地まで突き詰めることが大事 〜海外展開〜  1964年生まれ、茨城県出身。大学卒業後、87年大貫工業所に入社。営業で新規得意先を次々と開拓する一方で、得意先とのやり取りを通じて金 […]

新春特別企画 時代をリードする8人にインタビュー⑥
モノの本質を学ぶ場 金型は最適な教育ツール 企業との接点が重要 〜次世代人材の教育〜

 1963年生まれ、中国・黒竜江省出身。工学部・機械工学科教授、研究テーマ:プロセス・トライボロジー、型工学、冷間鍛造・板鍛造。92年に名古屋大学大学院工学研究科博士後期課程修了(工学博士)後、富山県立大学などを経て97 […]

トピックス

関連サイト