金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

MAY

25

新聞購読のお申込み

牧野フライス製作所 執行役員 高山幸久営業本部長に聞く【特集:進む設備の大型化】

大型機組立工場新設の理由

牧野フライス製作所は昨年末、山梨県富士吉田市に大型加工機の組み立て工場を新設すると発表した。12年ぶりの新工場で、総額210億円を投資し、大型加工向けを強化する。2026年初めに本格稼働する予定で、需要拡大が期待される大型金型向けの5軸マシニングセンタ(MC)などを増産する。「部品の一体化や軽量化などで増える金型の大型化の需要に対応する」と話す高山幸久営業本部長に、工場新設の狙いや大型化する設備のトレンドなどを聞いた。

牧野フライス製作所 執行役員 高山幸久営業本部長

生産能力を2倍に

12年ぶりとなる新工場の概要は。

部品のユニットや鋳物加工などを手掛けていた富士吉田工場の隣接地に新棟を3つ設ける。1万2000㎡の大型加工機の組み立て工場のほか、1万3500㎡の倉庫、レセプションの3つで、総額210億円を投じ、大型分野を強化する。大型機を新工場に集約するかは未定だが、増産に加え、柔軟な生産体制の構築につなげる。

増産する加工機は。

金型向けでは大型の5軸MC「D2」や「V100S」を始めとするVSシリーズなどを想定している。半導体関連や航空機向けの大型加工機を増やす予定だ。台数は公表していないが、生産能力としては、現状から2倍にまで引き上げる。

大型を強化する理由は。

需要が拡大する可能性が高いためだ。金型では「軽量化」や「部品点数削減」を目的に、ダイカスト部品が増加しており、ギガキャストで大型化も進む。自動車のデザイン性が求められる中で、テールランプ一体のバックドアなど「一体化」も大型化を加速させている。

また、金型以外でも航空・宇宙、半導体部品で大型化が進んでいることから、供給力を強化する必要があると判断した。

大型加工のニーズは。

大型でも「5軸」や「高精度」は変わらない。むしろ大型ほど「ワークは下ろしたくない」ため、同時5軸は加速すると思う。高精度でも、小型加工機と変わらない精度が求められる。例えば15トンのワークに対応する5軸MC「V100S」。R0・3の工具で仕上げ加工したり、機械安定化技術の「eSTABILIZER」などを搭載したりしたことで、国内でも導入が進んでいる。

また、大型機の加工サンプルは見て頂く機会が限られるので、キャラバンカーで全国を回る仕組みも構築した。

今後について。

今回は組み立て工場だが、主軸やテーブルなどの増産も必要になるため、継続した投資を検討しなければいけない。ギガキャストも注目されているが、入れ子構造になる見方も多く、どんな機械サイズが求められるのか見極める必要がある。こうしたユーザー動向に注視しながら、顧客の要望に応えられるようにラインアップをそろえていく。

金型新聞 2024年3月10日

関連記事

【金型応援隊】太陽テクニカ ダメ元でも相談を

一桁ミクロンの加工精度 「マシニングで出せない精度の穴加工は、是非任せてほしい」と語るのは、長年ジグボーラー加工やジグ研削加工に携わってきた、太陽テクニカの大畠正陽社長。同社は、航空・宇宙産業の部品から工作機械の主要精密…

共立精機(大連) ギガキャストで進む大型化【特集:進む設備の大型化】

12000tの金型に対応 大型のダイカストマシンで、アルミ部品を一体鋳造する「ギガキャスト」。トヨタ自動車やリョービが参入を表明し、注目を集めている。ただ、国内でギガの量産金型を手掛けた企業はほとんどない。 三重県の共立…

木村有貴さん 金属3D造形の困りごとを解決する【ひと】

金属3Dプリンタで造形した金型部品のトラブルを分析・解決する「診断士」のような業務を担当する。珍しいトラブルほどテンションが上がるそうで、「難しい問題を解明できた時の達成感が何よりも気持ちがいい」。 大学では金属材料を研…

「現場で活躍できる人材育て、学生の未来を後押しする」 大分県立工科短期大学校校長・䑓博治氏[鳥瞰蟻瞰]

入社したその日から金型づくりや保全の現場で活躍できる。当校の機械システム系金型エンジニアコースはそんな人材を育てています。アカデミックな指導はしません。指導するのはあくまで金型をつくり、使う実践の現場で必要な技術や知識で…

【この人に聞く】テクノア社長・山﨑耕治氏「システムにおける中小企業の専門医として導入検討時の不安を取り除く」

 一品一様の世界である金型産業は生産や技術面で人に頼ることが多く、デジタル化が喫緊の課題。そこで生産管理システムで生産性向上や経営のサポートに取り組んでいるのがテクノア(岐阜県岐阜市)だ。金型など中小企業向けで多品種少量…

関連サイト