金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

APRIL

13

新聞購読のお申込み

【鳥瞰蟻瞰】ワークス代表取締役・三重野 計滋氏 時代が求める金型づくり

日本の技術力は世界一
魅力のある金型を創り
連携し海外に売り込もう 

国内の需要が縮小し、海外との競争はますます厳しくなり、自動車の電動化が産業構造をも変えかねない状況の中、日本の金型に未来はあるのだろうか。このような悲観論を耳にすることがあります。しかし、私はそう思いません。

日本の金型は今なお世界ナンバーワンの技術力があると思っています。まだまだ世界が注目し、その存在感はとても強い。その技術力を生かせば悲観するどころかもっと新たな市場を切り拓いていける大きなチャンスがあると思っています。

例えば、当社が手掛けるガラスレンズの金型。成形するガラスレンズの最小直径は0.1㎜。金型は超硬合金製で、当社独自の超精密加工技術でミクロン以下の加工精度に仕上げられる。

このガラスレンズ金型の技術は今も日本が世界をリードしている。中国や台湾の世界的な大手通信機器メーカーなどからたびたびこの金型を作って欲しいという依頼が舞い込んできます。

海外に行くと「世界が見る日本」はもっとよくわかります。シンガポールの展示会に金型や電子部品関連の微細精密加工製品を出品したとき、現地やアジア、欧米の技術者から我々の想像以上に精密金型の加工技術に興味を示してくれました。

海外の人たちの日本の金型に対するイメージは「微細・精密の技術で別格」。その実力に憧れ、学びたいと思っている。海外の人たちは向上心や好奇心が旺盛です。その品質を認めると次々に商談が始まりました。

日本はそうした微細・精密などの強みを生かし魅力のある金型を作るべきです。しかし多くの金型メーカーは強みを持ちながら、それを生かす金型を作れていない現状があります。それは価格や納期など「発注者の要求に応える金型」を作ることを第一義としてきたからではないでしょうか。

金型は大量生産の母と呼ばれ、日本の高度経済成長の原動力でした。自動車や家電製品などの技術の進歩を後押しし、大量生産を可能にしたことで日本を豊かにしました。

しかし大手企業の多くは金型メーカーに対しさらに安価に製造することを求め始める。金型メーカーはそれに応えることを是としてきました。

金型が持つ普遍的な魅力と機能は現在も変わりません。変えなければいけないのは金型製造そのものです。形を作るだけを求める金型なら安価に作れる海外企業で製造すればよいと思います。

時代が求める魅力的な形や製品を作る金型づくりこそが我々が求めていく金型です。魅力のある金型。それは社会の未来を創る金型。これからの新しいニーズには、車の電動化や5G、遠隔医療などがあります。日本が得意な技術をもってすれば創れるはずです。

そして、これからさらに大切なことは、企業間の連携と海外市場の開拓ではないでしょうか。

日本の金型メーカーの多くは中小企業。それぞれ得意な技術を持っているけれど守備範囲は狭い。しかし連携することで今までになかった付加価値の高い様々な金型を作れる可能性があります。

このような精密、微細加工企業の連携を推進模索する新団体として2018年、国内の微細加工企業が集まり微細加工工業会が発足されました。

魅力のある金型は、国内だけでなく海外からも求められます。きっと新たな市場が開拓できるはずです。

金型新聞 2021年8月10日

関連記事

企業と学生つなぎ交流の場をつくる 鳥飼祐介氏(経済産業省企画調整係長)【鳥瞰蟻瞰】

素形材産業の人手不足は、業界共通の課題です。製造業全体の平均から見ても、求人倍率が高い傾向にあります。中途採用や外国人労働者に頼り、人手を確保している企業が多い。 しかし、人手を確保できれば誰でも良いわけではありません。…

この人に聞く
オークマ 家城 淳社長に聞く

 令和元年に新社長に就任したオークマ・家城淳社長。市場が不透明化している中、「機電情知一体」「日本で作って世界で勝つ」を掲げるオークマの今後について家城社長の思いを聞いた。  家城淳社長愛知県出身。85年大隈鉄工所(現オ…

金型産業の未来・トヨタ自動車<br>高見 達朗氏に聞く

金型産業の未来・トヨタ自動車
高見 達朗氏に聞く

粗形材改革の〝要〟 孫の代まで続く金型産業 「金型は、常に進化させながら孫の代まで延々と続く重要産業」――トヨタ自動車ユニット生技領域長、常務理事高見達朗氏はこのほど、日本の金型産業について熱く語った。日本産機新聞の自動…

中村精工 DXで年間20社以上の新規開拓を実現

新たに福岡工場が稼働 射出成形事業を強化 自動車向けプラスチック金型の設計・製作を手掛ける中村精工(岐阜県岐阜市、058-388-3551)は1月、成形事業及び金型メンテナンスを行う福岡工場(福岡県飯塚市)を立ち上げ、1…

迫る金型の技術革新
岐阜大学 三田村一広特任教授に聞く

 「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)に代表されるように、「百年に一度の変革期」と言われる自動車業界。金型にとってもその影響は大きく、舵取り次第では将来の成長を左右しかねない。特に、金型へのインパ…

関連サイト