金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

27

新聞購読のお申込み

【金型生産実績】前年同月比 0.4%増の313億2,300万円

プレス型は0.2%増、プラ型は9.6%減

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

2021年9月の金型生産は、前年同月比0.4%増の313億2,300万円となった。前月比では20.9%増と大きく増えた。数量は前年同月比12.5%減で、前月比では15.9%増の3万9,402組、重量は前年同月比1.5%増、前月比では27.7%増の1万2,596トンとなった。

プレス用金型の金額は前年同月比0.2%増とほぼ横ばいだが、前月比では32.0%増の135億3,100万円大幅に増加。数量は前年同月比で21.8%増と大きく増え、重量ベースでは同3.6%減となった。

プラスチック用金型は、金額では前年同月比9.6%減、前月比では11.4%増の103億5,400万円だった。数量は前年同月比11.1%減(前月比では11.4%の増加)、重量は同2.8%減(前月比では16.1%の増加)と減少した。

特に注目すべきは鍛造用金型。前年同月比で37.3%増の17億4,100万円と4カ月連続で前年を大きく上回った。前月比でも8.1%の増加だった。鋳造用金型は、前年同月比0.7%の増となり6億1,000万円。前月比では45.6%増と大きく増えた。ゴム用金型は前年同月比11.8%増の6億2,300万円。ダイカスト用金型は前年同月比18.8%増の36億8,700万円。粉末冶金用金型は前年同月比14.0%増の5億7,900万円、ガラス用金型は同2.0%減の1億9,800万円となった。金型生産は回復基調にあるとみられるものの、大きな変化はなく安定している状況。

金型新聞 2021年12月10日

関連記事

ー今年を振り返ってー<br>金型の国内回帰強まる

ー今年を振り返ってー
金型の国内回帰強まる

円安が後押し 海外との住み分け明確に  金型業界は回復を続けている。2015年の1―9月累計の金型生産額は前年同期比で9・3%増の2865億円となった。まだリーマンショック前のピークに比べ8割弱の水準だが、金型メーカーが…

金型4月生産実績 前年同月比 5.7%増の283億6,400万円

プレス用金型は19.5%増、プラ用金型は4.2%増 2022年4月の金型生産は、前年同月比5.7%増の283億6,400万円となった。前月比では期末の影響が例年通りあり26.3%減と大きく減少した。数量は前年同月比12….

クローズアップ 金型時事

クローズアップ 金型時事

需給ギャップが改善し、明るさも戻り始めた金型業界。後押しの一つとなっているのが、一部で言われる金型の国内回帰だ。果たして本当に国内に回帰しているのか。どんな金型が戻っているのか。一方、ここにきて「職人」不足を危惧する金型…

4月の金型生産実績

4月の金型生産実績

前年同月比5.4%増の283億1,300万円 プレス型は6・0%減、プラ型は2・6%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成27年4月の金型生産実績をまとめた。それによると…

冨士ダイス 21年4‐9月期決算

半導体関連が好調 車載電池用金型も増加 冨士ダイス(東京都大田区、03-3759-7181)の2021年4‐9月期売上高は、前年同月比23.8%増の83億6300万円だった。半導体関連金型や車載電池用金型などの販売が好調…

トピックス

関連サイト