金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JULY

19

新聞購読のお申込み

金型現場の課題を解決する最新技術 インターモールド2022

金型製造現場は現在、様々な課題を抱えている。それは、人手不足やグローバル競争の激化、自動車の電動化などといった各分野にまたがる。「インターモールド2022」では、これらの課題を解決する機械や工具を始めとした金型製造技術の最先端が集結する。

進化する自動化・省人化技術

特に注目すべきテーマの一つは自動化、省人化技術。人手不足への対応や生産性のさらなる向上のため、人手をなるべく介さない金型製造技術が求められている。機械や周辺機器メーカー各社は、ロボットを活用したワーク搬送の自動化や、治具レス提案などを披露する。また、ソフトウェアでも加工プログラムを自動的に生成できるCAD/CAMなどが展示される。その他、段取り不要で多面加工が可能な5軸加工も見どころだ。5軸制御マシニングセンタなどの機械に加え、5軸加工に適した工具や治具、ソフトウェアなども登場する。

現場のデジタル化を推進

あらゆる産業で進むデジタル化。金型産業も例外ではなく、製造効率や付加価値の向上を図るものとして、より重要になっている。これまで把握することが難しかった機械の稼働状況や加工中のワークや工具の状態が数値化できる計測技術、これまで以上に高精度化が進むシミュレーションソフトウェア、現場のデータを収集し分析できるデータ管理システムなど、現場のデジタル化を推進する技術が披露される。

現場で収集した様々なデータをコンピュータ上に再現するデジタルツインは、現実に近いシミュレーションを可能にする。手戻りが減り、開発期間の短縮やコスト削減につなげることができる。今回も3Dスキャナやセンサなどとなどを組み合わせた提案などが見られるはずだ。

拡大する微細化需要

自動車の電動化や次世代通信規格「5G」の普及などによって、需要が急速に拡大している半導体や電子部品。こうした金型に求められるのが微細加工技術だ。今回のインターモールドでもこの微細加工に対応する高精度なマシニングセンタや極小径の切削工具、超高精度な計測技術などが数多く登場する。また、難削材や高硬度材加工に対応した加工技術にも注目だ。

金属AMも進化

近年、新しい製造技術として注目を集め続ける金属AM(Additive Manufacturing)も進化を遂げている。装置や材料の技術革新に加え、用途開発の研究も進み、これまで以上に活用できる領域が広がっている。金属AMで造形したサンプルワークなども出品され、金型製造現場の金属AM技術を使った新しい挑戦をサポートする展示が見られそうだ。

脱炭素化への対応

脱炭素社会の実現に向けた機運が急速に高まりつつある中、金型製造技術でも脱炭素化を推進する機械や装置などが登場している。従来からの使用エネルギーを削減する機能や加工効率を向上させる機械性能の進化だけでなく、二酸化炭素(CO2)排出量を見える化し、分析・改善できる機能や、機械が自律的に判断し、アイドルストップを行う機能、IoT技術を活用したリモートサービスなど、新しい機能やサービスが提案される。

現場環境の改善ツールにも注目

人材の多様化が進み、働きやすい職場づくりが求められる現在の金型製造現場。こうした現場の環境を改善する機器や工具にも注目だ。コロナ禍を背景に需要が増加している空気環境を改善する空調機器、作業者の作業負担を軽減する安全機器や工具などが出品される。「3K(きつい・汚い・危険)」から脱却し、従業員の安全確保と、新たな人材の獲得につなげたい。

金型新聞 2022年3月29日

関連記事

インターモールド 大阪展に先駆けオンライン展を開催

特設サイトで3月15日から インターモールド振興会(大阪市中央区、06-6944-9911)は、4月20日に開幕する金型加工技術展「インターモールド2022」(インテックス大阪)に先駆けて、2つのオンライン展を3月15日…

表面処理加工技術展2024、3月8日に大阪産業創造館で開催

「表面処理加工技術展2024」(主催:大阪産業局)が3月8日、大阪産業創造館(大阪市中央区)で開かれる。「新価値をまとわせろ!進化の鍵は表面処理にあり」をテーマに、61社の企業(2月2日時点)が表面処理加工技術やコーティ…

CAMエンジニア不足を解消
セイロジャパン

NCBrainAICAM セイロジャパンの公式製品紹介・お問い合わせは、こちらから 現場の課題  人手不足が深刻化し、CAMエンジニアの不足にもつながっている。さらに、働き方改革などによって労働時間が短くなり、エンジニア…

究極の振れ精度を実現
大昭和精機

油圧チャック式ホルダ「ハイドロチャック」 現場の課題  エンドミル、バニシングドリル・リーマ等の性能をフルに活かす高精度ミーリングチャックホルダが欲しい。 提案・効果  加工における振れ精度、操作性全てを網羅する高精度油…

天青会 設立50周年の節目祝う

会員など約130人参加 日本金型工業会東部支部天青会(家田護会長、日本彫刻工業社長)は9月12日、コットンクラブ(東京都千代田区)で設立50周年記念式典を開催した。会員など約130人が参加し、節目を祝った。 天青会は19…

関連サイト