金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

MAY

21

新聞購読のお申込み

フジイ金型が「6稼4勤」制度を導入したワケ

6稼4勤のシフト制勤務

勤務日数は月19日

「正規の労働時間を減らしたことで多能工化が進み、効率性が高まったことでコストの削減にもつながっている」と話すのはフジイ金型の藤井寛達社長。同社は月~金という従来の働き方をやめ、6稼4勤のシフト制を導入し、時間あたりの生産性を高める現場作りを行っている。

現場の多能工化を促進

導入したきっかけは「順調だった金型受注も新型コロナウイルスで受注が減り、一時帰休する状況になったが、すぐに回復すると思っていた。通常時の生産性を維持するために、新しい働き方が必要だと考えた」。

そこで取り入れたのが稼働日を週6日に設定し、勤務日数を4~5勤とする6稼4勤のシフト制だ。従来の月曜日から金曜日までの稼働を、月曜日~土曜日までの稼働に変更。給料は従来のまま、1日勤務日数が少ない月19日とし、年間休日も137日に増やした。

やらざるを得ない環境作った

建設中の新工場

シフト制導入により、現場では機械オペーレータなど担当者が不在となる場合があるため、全員が多能工化を求められる。「やらざるを得ない環境を作った」ことで、多能工化を図る仕組みを構築。「能力のある人材をさらに伸ばすきっかけにもなった」とし、働く時間が減ったことで、時間あたりの効率性を意識した働き方になり、自然と報告書やレポートの簡素化といった工夫が生まれた。

もちろん、働き方が大きく変化したことで戸惑う社員もいる。「今までのリズムを崩したくないと、最初は抵抗感もあったが、休みが増えた分、時間あたりの給与は増えている。導入から1年以上が経ち、今では不満もほとんどなくなり、労働時間が減った分、固定費も下がった。生産性を高めれば、さらにコスト削減になる」。

併せて導入したのが新人事考課制度「ハッピースパイラル みんなで幸福のらせん階段を上っていきましょう」だ。多くの企業は直属の上司(工場長など)による評価だが、人によって評価基準も異なる。それを平等な評価基準に設定し、チャレンジ目標を作り達成率を評価する形に変えた。「みんなが成長するためには公平公正な評価基準が必要」とし、社員たちに自ら考え行動する人材に育ってほしいと願う。「次は有給休暇の取得推奨など社員が長く、幸せに働ける会社にしたい」。

納期で勝負したい 〜藤井寛達社長に聞く〜

当社はダイカスト金型専業メーカーで最大800tまでの鋳造機に対応しています。ダイカスト金型市場は1100億円、うち外販金型は800億円ほどと想定しています。今後、HVやEV車など軽量化ニーズが続けば、ダイカスト金型にはチャンスが溢れており、シェアを伸ばすためにやれることはたくさんあります。

モノづくりで追求することは「品質・価格・納期」の3つで、この中のどこを伸ばし、特化していくかです。当社では「納期で勝負する」、超短納期金型を目指します。短納期化を進めれば、自然と金型製作に関わるコスト低減にもつながると思います。短納期化を図るには時間を意識した働き方が必要で、そのために働き方改革があり、無駄で不効率な作業の削減、作業の標準化や部品の規格化(設計の簡素化)などを進めています。進捗状況を見える化する生産管理システムも導入し、DX化を強化しました。

年内に新工場が立ち上がる予定です。金型の生産能力を高め、さらに多くの金型を受注できるように努めていきます。

会社概要

  • 本 社:愛知県丹羽郡扶桑町大字南山名字名護根106
  • 電 話:0587-93-1101
  • 代 表 者:藤井寛達社長
  • 創 業:1976年
  • 従業員数:85人
  • 事業内容:ダイカスト用金型の設計製造

金型新聞 2022年4月10日

関連記事

成形不良を出さない生産システムの確立
岐阜大学 王志剛副学長に聞く、スマート金型開発の行方

 岐阜大学が2018年に3カ年の研究開発である「スマート金型開発拠点事業」を始めた。労働人口減少時代を想定し、従来にはない高効率な生産システムの確立を目指し、金型を使った量産システムの不良率ゼロを目標に掲げる。同事業は文…

金型でも金属AM技術の活用が広がる理由

コスト低減、用途開発進む 金型分野でも金属粉末を使った付加製造(AM)技術の活用が広がりつつある。背景には、装置を始めとしたAM技術の進化やユーザーの改善などによって、これまで課題とされていた製造コストが低下していること…

〜特集〜 金型づくりをスマート化する

生産現場を訪ねて三豊機工 鹿児島工場(南九州)  5台のAIV(Autonomous  Intelligent  Vehicle)が10棟の工場を跨いで縦横無尽に運行する金型工場。冷間圧造用金型を材料から製品まで一貫生産…

AM普及をサポートする企業や団体に注目

受託などサービス拡充 AMに必要なデザイン設計や材料、各種3Dプリンタ積層造形装置メーカーなどで構成される「日本AM協会」は近畿経済産業局施策「kansai‐3D実用化プロジェクト」で具体的なAM活用検証を行い、成果を発…

【特集】日本の金型業界に必要な4つの課題 -取引適正化-

PART4 日本金型工業会 専務理事・中里栄氏に聞く「取引適正化」 取引ガイドラインを改定 イコールパートナーに  ユーザーの意識にも変化 現在、春先に公表予定の「金型取引ガイドライン」の改定版の策定に取り組んでいます。…

関連サイト