金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

27

新聞購読のお申込み

2年に1度の専門展「2022日本ダイカスト展示会」開幕 見どころをピックアップ

ダイカスト関連技術が一堂に会する「2022日本ダイカスト会議・展示会(j-dec2022)」が11月10日から12日までの3日間、パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催される。主催は日本ダイカスト協会。展示会にはダイカストマシンや周辺機器、金型関連メーカーなど154社・団体が出展。会議では27件の研究論文、7件の現場改善事例が発表される。最新鋭の機械や機器、最先端の技術や事例などが発表され、ダイカストに関連する最新情報が集結する。同展の見どころをピックアップする。

脱炭素、EV対応に注目

アルミダイカスト製フロントサブフレーム(リョービ)
ダイカストマシン(芝浦機械)

「日本ダイカスト会議・展示会」は2年に一度開催され、今年で22回目を迎える。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で展示会の開催は中止。18年に開かれた前回展は、ダイカストメーカーや自動車メーカーなど2万人以上が来場した。

ダイカスト製品やダイカストマシンの他、周辺装置や金型、表面処理、炉、検査・測定、ソフトウエアなどダイカストに関連するあらゆる技術、製品が展示され、技術発表などが行われる。特に見どころの一つになりそうなのが、近年あらゆる産業で大きなテーマとなっているカーボンニュートラル。ダイカスト業界も例外ではなく、カーボンニュートラルに対応した製品や環境負荷を低減する技術などに注目が集まっており、多くの出展企業がカーボンニュートラルや環境負荷低減、省エネなどをテーマに掲げた展示の披露や技術論文が発表される。

環境負荷低減する技術

前回展のダイカスト協会ブース

ダイカストマシンや溶解炉メーカーでは、環境負荷低減の性能を持つ機械や装置だけでなく、IoT技術を活用した可視化システムも展示する。機械の稼働状態や生産状況を見える化したり、CO2排出量を数値化したりすることで、効率的な運用や省エネ化、不良率の低減などを提案。また、部品の一体化を実現する生産技術や、CO2排出量の少ない溶解技術なども紹介される。

HV・EV部品(美濃工業)

日本ダイカスト協会のブースでも環境対応を意識した展示が並ぶ。アルミニウム合金のリサイクル性を紹介するパネルや、ダイカスト製品の薄肉化の変遷を辿る展示の他、米テスラ社のEV車体の一部やEVのフォーミュラーカーなども展示する。同協会は「サスティナブルを中心に、リサイクル、省エネ・環境、カーボンニュートラルをテーマとし、業界内外にアピールしていきたい」と意気込む。

もう一つ大きなテーマとなりそうなのが、ここ数年で急加速する自動車の電動化に対応した技術や製品。バッテリーケースやモータケース、eアクスルケースなどの電動化部品や、車体の軽量化ニーズに応えるボディやシャシー関連部品、薄肉化を実現する鋳造技術などが数多くみられそうだ。

金型メーカーも多数出展

また、金型メーカーを始めとした金型関連の展示も目立つ。日本金型工業会中部支部ダイカスト部会は8社共同で出展し、金型技術や、補修技術などを紹介する。また、金型メーカーの日本精機は、金属3Dプリンタで造形し、冷却効率を向上させた金型部品を展示。同じく金型メーカーの吉田金型工業は金型技術に加え、自社製品の電動作業台などを展示する。

その他、現場環境を改善する段取り改善装置やダイカスト品質を向上させる表面処理技術、検査測定装置、生産性を向上させる潤滑・離型剤など、さまざまな周辺製品・技術が出品される。また、3D技術を活用した解析やリバースエンジニアリングなどのサービスや提案にも注目したい。

また、展示会や論文、事例発表の他、特別講演も行われる。愛知工業大学工学部客員教授の藤村俊夫氏が「自動車用燃料・エネルギーの脱化石化と電動車展開シナリオの提示」をテーマに講演。トヨタ自動車モノづくり開発センター素形材技術部ダイキャスト技術室長の須田智和氏が「自動車の動向とダイカストへのニーズ」をテーマに講演する。

展示会や特別講演は無料。研究論文や現場改善事例発表の聴講は有料。詳細は公式ウェブサイトから。

開催概要
  • 会  期:2022年11月10日(木)~12日(土)
  • 開場時間:9:00~17:00(初日のみ開会式終了後9:30開場、最終日のみ16:00閉会)
  • 会  場:みなとみらいパシフィコ横浜 展示C・Dホール
  • 主  催:日本ダイカスト協会
  • 出 展 者:154社・団体
  • 入 場 料:無料

金型新聞 2022年11月9日

関連記事

金型の日、名古屋で式典

11月25日、メルパルク名古屋 トヨタ自動車元社長・張富士夫氏らが講演 永年勤続優良表彰も 日本金型工業会(小出悟会長)は11月25日、名古屋市東区のメルパルク名古屋で、第48回の金型の日の式典を開催する。記念式典では、…

型技術協会 ウェブ講習会参加者募集

型技術協会 ウェブ講習会参加者募集

 型技術協会は、「第1回型技術WEB基礎講習会」の参加者募集を開始した。開催日時は12月18日の13時〜17時。申し込みの締め切りは11月20日で、募集件数30件に達し次第終了する。  同講習会は「もう一度基礎から学ぶ …

5軸加工機の活用を推進する金型メーカーの工場長が語る ”工場長”に必要なものとは?【特集:工場長の条件】

時には経営者、時には教え諭す教育者—。工場長には多様な役割が必要だ。こうしたマルチタスクをこなすために、どのようなことを意識しながら、責務を果たしているのか。現役工場長に、工場長としての哲学を聞いた。 改善へ、尽きぬ探求…

インターモールド 2年ぶり4月に東京で

コロナ感染対策を徹底 金型加工技術展「インターモールド2021」(主催:日本金型工業会)が4月14~17日、東京ビッグサイト青海展示棟(東京都江東区)で開催される。新型コロナウイルス感染拡大の収束にめどが立たない中、感染…

型種や工法の壁無くし、デジタルを活用 【変わるトヨタの型づくり】

モビリティカンパニー目指し、金型づくりを大変革 クルマを造る会社から、多様な移動手段を提供する「モビリティカンパニー」に変化するトヨタ自動車。モノづくりでも変革を進めている。2020年に試作や量産など内製部門を集約した「…

トピックス

関連サイト