金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

23

新聞購読のお申込み

日型工業 金型技術ライセンスを供与 知財戦略でビジネスモデル変える【金型の底力】

金型を売り切るだけでなく、金型技術を活かし、収益をどう安定化させるかー。金型メーカーにとって普遍的な課題だ。鋳造型を手掛ける日型工業は独自技術を他社にライセンス供与し、収益化につなげている。「多くの人に使ってもらうことで、顧客の課題を解決につなげる」(渡辺隆範社長)ことも狙いだ。今後は鋳造で培った知見を基にダイカスト型への参入し、事業の柱を太くする考えだ。

渡辺 イ範社長
保温し成形のムラを無くす高機能金型
大型の金型を加工できる加工機
本社工場は門型MCの導入を検討中

鋳造で使われるシェル中子型は280℃前後まで金属を加熱して成形するため、熱の影響を大きく受ける。この熱で金型がひずみ、成形不良を引き起こすことが長年の課題とされてきた。

独自開発した「高機能金型」はこの熱ひずみを抑える技術(特許取得済)。金型に組み込んだシート型のヒーターや棒ヒーターで金型を加熱。高炉で耐熱用として使われている断熱材を金型に組み込み、金型表面からの放熱を防ぐ仕組みだ。

これらにより、金型の内部温度を一定にすることに成功した。成形ムラを無くし、精度向上、バリレスにつながる。最も効果が高いのがサイクルタイムの向上で、あるユーザーでは80秒を30秒に短縮できたという。

こうした効果に加え、二酸化炭素削減にも貢献する。金型の保温効果が高く、金型を温める回数が減るためだ。「電力量の25%カットに成功した事例もある」(渡辺社長)。

高機能金型は従来の金型に比べ、「2割程度高くなったが」が、こうした機能が評価され、3年前にある自動車部品メーカーに採用が決定。その後も着実に採用が決まり、現在は6社のユーザーで使われているという。

着実に受注を伸ばす中で、昨年には初めて同業他社へのライセンス供与に踏み切った。きっかけは大手トラックメーカーでの採用だ。「到底当社だけで対応できない量だった上、過去からの取引の関係もあり、他社にお願いせざるを得なかった」。

ユーザーにも相談した結果、その金型は日型工業では作らず、他社にライセンスのみを供与する形にした。供与先の金型メーカーがユーザーに販売した金型の売上の内5%をライセンス料として受け取る。同社としては、製造コストなしで、5%の利益を享受できることになる。

収益面での貢献もさることながら、渡辺社長は「技術が広がることもうれしい」という。「顧客が抱える課題を解決する」が同社のスタンスで、「広がれば広がるほど、熱による課題を抱えるお客様の課題が多く解決できる」からだ。

こうして高機能金型を収益の安定化につなげる一方で、現在模索しているのが、ダイカスト金型への参入だ。過去には実績はあるが、「そう多くない」。最近、ある自動車メーカーから技術支援を受けながら、ダイカスト金型の設計を強化。「技術を磨く必要があるが、特定の金型なら問題なく、作れるようになってきた」。

中でも今後視野に入れるのが大型の金型だ。「1万トン超の成形技術『メガキャスト』とはいかなくても、一体化などで、ダイカストの大型化ニーズは高まる」とみる。ダイカスト金型でも、高機能金型のように顧客の課題解決策を提案していく考えだ。

会社の自己評価シート

「高機能金型」に代表されるように技術力やそれを支える人材、チームワークは強みだと回答。また、ダイカスト型への挑戦や投資も強みとみている。一方で、こうした能力をPRする力が今後の課題となりそうだ。

会社概要

  • 本社:埼玉県川口市南鳩ヶ谷3-20-15
  • 電話:048-283-6111
  • 代表者:渡辺隆範社長
  • 創業:1966年
  • 従業員:30人
  • 事業内容:重力鋳造金型、低圧鋳造金型、砂型鋳造金型、ダイカスト金型の設計製作など。

金型新聞 2023年1月10日

関連記事

電動化3種の神器に挑む
〜生産現場を訪ねて〜 ニシムラ(愛知県豊田市)

特集  次世代車で変わる駆動部品の金型(バッテリー、モータ、電子部品)  「自動車向けの金型を手掛ける企業は今後、バッテリー、モータ、電子部品、この3部品に携わっていないと生き残れない時代になる」と話すのはプレ…

日本製鉄 江尻室長に聞く 自動車用鋼板のトレンドや加工技術【特集:プレス加工最前線】

自動車業界の脱炭素化や、安全性向上に欠かせない高強度鋼板による軽量化。近年では980Mpa超のウルトラハイテン(超高張力鋼板)や、2・0GPa級のホットスタンプ材など高強度化が加速している。こうした鋼板の進化で、金型づく…

三菱重工工作機械 佐郷昭博氏に聞く<br>高精度金型向けマシン<br>段差ゼロ、誤差ゼロへ

三菱重工工作機械 佐郷昭博氏に聞く
高精度金型向けマシン
段差ゼロ、誤差ゼロへ

三菱重工工作機械が金型加工向け販売を強化している。小型機から5面加工機までラインアップを揃え、より高精度を求められている金型をターゲットに、最適ソリューションを提案する。その背景、今後の展開を佐郷昭博取締役トータルソリュ…

【この人に聞く】アイセル社長・望月貴司氏 「面白い企業だと感じてもらえる環境をつくる」

リブランディングを実施 アイセル(大阪市中央区)はこのほど、リブランディングを実施し、企業イメージの刷新を図った。企業ロゴの変更やアイコンの作成、製品のデザインの統一といった対外的な部分での変更に加え、社内では改めてミッ…

「なりたい自分になれるかも」金型メーカーに就職した女性広報

狭山金型製作所 総務部 東香奈恵さん 総務部で営業のサポートや動画によるマニュアル作成などを担当する。そうした「本業」に加え、インスタグラムやフェイスブックなどSNSで狭山金型の日常や取り組みを発信する金型メーカーでは珍…

関連サイト