金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

06

新聞購読のお申込み

内圧上昇を防ぐ金型を流動解析で実現 プラモール精工【金型テクノラボ】

プラスチック射出成形時に大きな課題となるのがショートやバリ、ガス焼けなどの品質不良。プラモール精工のガス抜きピン「ガストース」を使ったガスベントのデータ化と、流動解析によってガス抜き位置の最適化を実現した。成形品の品質安定化に貢献する、その特長や開発の背景について解説する。

成形品の品質安定化に向けて

射出成形時に求められる究極の形は、成形開始から品質が安定し、停止することなく終了を迎えること。これまで「やってみなければ分からない」とあきらめていた、効果的なガス抜き位置が「見える化」できれば、金型設計時にベント位置を図面に書き込むことができる。当社が開発した「ガストース」の流速をデータ化し、解析することで、ガス抜き位置の最適化に成功した。

顧客からの要望がヒントに

【図1】ガストース導入による改善実績

ある時顧客から「180トンで成形していた製品の注文が増えるため、成形機と金型の増設が必要だ」と相談があった。設備投資を抑えるため、余力のあった130トンで成形できる方策を提案した。具体的にはスプルー直下とランナーエンド部にある突出しピン4本をガストースに交換して、試作してもらった。 

結果は130トンでも十分成形可能なことが分かった。ただ、最終充填箇所に時々小さなショートが発生したため、安全策として近くの突き出しピン5本をガストースに交換した。

また、型締め圧100トンまで下げても問題なく、サイクルタイムは当初より16.6秒短い、30.1秒(図1参照)を実現した。180トンで成形した時は、ガスベントが少ないため金型の内圧が高くなり、無理に充填圧を上げていたことで大きな反りが出ていた。当初から十分なガスベントがとられていれば無駄な作業が無くせると確信し、ガス抜きの見える化を推進した。

流動解析でガスベント位置の見える化の実現

【図2】ベントを考慮した設定でベントなし時の流動解析結果
【図3】図2の設定に外周ベントとガストースを追加した流動解析結果

ガストースを使ったガスベントの結果を流動解析に反映できないかと考察。樹脂流動解析ソフト「Moldex3D」などを扱うセイロジャパンに相談し、ガストースのサイズごとに流速が計算できれば実現可能だと分かった。その後、宮城県産業総合技術総合センターの協力を得て数値化できた。

その結果をセイロジャパンが解析し、実績に近い結果が出た。金型製作前にガス抜き位置が明確になると、水管位置もガス抜き位置を避けて設定可能。この設定を基に金型設計をすれば金型図面に反映できる。成形前にガス抜き位置を最適化できるので、1度目の試作から量産まで同一条件で成形が可能となる(図2~3参照)。

流動解析ができないときのガス抜きの取り方

流動解析ができない時は、低圧成形の条件を設定する。型締め圧を投影面積からの計算値の50%以下と当社では決めている。パーティング面にバリが出ない充填圧で成形し、充填できるまでベントを増やす。その後一回目の型検査に入る。最初の試作から型検査が終わるまで成形条件は固定する。

終わりに

個々の品質不良ごとに対応することは、モグラたたきと同じで「あちらを立てれば、こちらが立たず」の状態。現在までバリ、ショート、ガス焼けなど代表的な品質不良が根絶できていないことからも証明できる。内圧上昇を抑えるガスベントがある金型は、毎回同一条件で成形が可能なため、試作回数などを削減できる。世界的に機運が高まる「カーボンニュートラル」の実現にも大きく貢献する。

プラモール精工

  • 執筆者:代表取締役社長 脇山 高志氏
  • 住所:宮城県富谷市鷹乃杜4–3–5
  • TEL:022-348-1250

記者の目

射出成形において、流動解析の重要性は高まる一方だ。デジタル技術を活用し、手戻りや試作などの無駄をなくすことは材料の廃棄減につながり、世界的な取り組みとして広がるカーボンニュートラル実現へ貢献する。品質安定化につながるガス抜きや解析技術に今後も注目したい(清)。

金型新聞 2023年1月10日

関連記事

カメラ内蔵金型による±5μm位置決めプレス サンコー技研【金型テクノラボ】

電子回路を組み込んだフィルム基板やICカードなどの精密打ち抜きで、大きな課題となるのが板材の位置決め。しかしプレス加工を手掛けるサンコー技研は、金型に内蔵したカメラとロボットにより±5μmの精度で位置決めしてプレス加工す…

高濃度セルロースファイバー
パナソニック

材料と成形方法を確立   パナソニックマニファクチャリングイノベーション本部はセルロースファイバーを55%以上の高濃度で樹脂に混ぜ込む複合技術と、その成形技術を確立した。素材の軽量化やプラスチックの削減、木目調の自然な外…

サイズラインアップ拡張<br>ダイジェット工業

サイズラインアップ拡張
ダイジェット工業

TAタイラーモジュラー  ダイジェット工業(大阪市平野区、06-6791-6781)は、多機能刃先交換式座ぐり加工用ドリル「TAタイラーモジュラーヘッド」の工具径のサイズラインアップを拡張した。  従来の5サイズに14サ…

CCDカメラに載せ替え
ポイントナイン

プロファイル研削盤のレトロフィット  ポイントナイン(東京都葛飾区、03-3693-3883)はこのほど、プロファイル研削盤の投影機をCCDカメラに乗せ換えることができる「ViewCAM‐300」を本格的に売り出す。最大…

NTTデータエンジニアリングシステムズ 「Spase-E」新版を販売開始

UI変更で操作性向上 NTTデータエンジニアリングシステムズ(東京都大田区、03-5711-5341)は10月12日、金型向けCAMシステム「Space‐E /CAM2022」の販売を開始する。CAMエンジンを刷新し、ユ…

関連サイト