金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

APRIL

17

新聞購読のお申込み

10月の金型生産実績

前年同月比 2.6%減の299億8,800万円
プレス型は20.3%減、プラ型は2.7%増
★過去10年
★過去1年

日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年10月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)18.1%増の5万5,509組、重量は10.4%減の1万1,251㌧、金額は2.6%減の299億8,800万円となった。

型別の生産実績は次のとおり

プレス型は数量2.4%増の10,368組、重量23.7%減の5,756㌧、金額20.3%減の100億7,200万円。鍛造型は数量3.4%減の11,702組、重量4.1%減の790㌧、金額0.2%減の25億1,900万円。鋳造型は数量13.3%減の418組、重量27.7%減の240㌧、金額17.7%減の6億100万円。ダイカスト型は数量18.5%増の783組、重量53.1%増の1,918㌧、金額28.3%増の46億3,100万円。
プラスチック型は数量0.4%増の3,180組、重量4.6%減の2,251㌧、金額2.7%増の103億8,200円。ガラス型は数量40.4%増の2万1,002組、重量0%の105㌧、金額7.7%減の2億500万円。ゴム型は数量137.6%増の1,307組、重量48.9%増の140㌧、金額93.9%増の8億9,400万円。粉末冶金型は数量37.0%増の6,749組、重量13.6%増の50㌧、金額37.2%増の6億8,300万円。

内製型は21.7%減の74億3,600万円

自家使用分(内製型)は数量が前年同月比0.1%増の6,730組、金額は前年同月比21.3%減の74億3,600万円となった。
プレス型=数量2,090組(同5.2%増)、金額19億8,700万円(49.4%減)。鍛造型=2,708組(0.1%増)、金額10億7,300万円(4.5%減)。鋳造型=数量59組(6.3%減)、金額1億1,900万円(33.1%減)。ダイカスト型=数量151組(2.0%増)、金額13億2,900万円(12.7%減)。
プラスチック型=数量548組(16.4%減)、金額25億6,700万円(12.7%減)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量235組(256.1%増)、金額2億9,900万円(99.3%増)。粉末冶金型=数量939組(14.6%減)、金額6,000万円(11.8%減)。

金型新聞 平成28年(2016年)1月10日号

関連記事

2月の金型生産実績

2月の金型生産実績

前年同月比 5.7%増の361億1,900万円 プレス型は9.5%増、プラ型は2.7%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2017年2月の金型生産実績をまとめた。それに…

藤本敏樹氏著「金型産業連関表作成の試み」

金型の現状、データで俯瞰 日本の金型の動きを統計データに基づいて分析した論述は少なくない。そのデータベースとしてたびたび使われるのは政府が日本の金型生産をまとめた機械統計(従業員30人以上を対象に調査)や工業統計(同4人…

金型3月生産実績 前年同月比7.8%減の384億7,200万円

プレス用金型は12.9%減、プラ用金型は2.6%減 2022年3月の金型生産は、前年同月比7.8%減の384億7,200万円となった。前月比では43.4%増と大きく増えた。数量は前年同月比8.5%減だが、前月比では5.4…

2月の金型生産実績

2月の金型生産実績

前年同月比 4.3%増の341億8,300万円 プレス型は1.0%増、プラ型は4.7%増 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2016年2月の金型生産実績をまとめた。それによる…

金型業界の経営トップアンケート 事業戦略に関する調査

新型コロナウイルスの感染症法上の位置づけが「5類」へと移行し、社会・経済活動が活発化しつつある中、資源高、電気料金の値上げなどによって、製造業は依然として厳しい状況下にある。中でも金型業界は、取引条件の課題や価格競争など…

関連サイト