金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

DECEMBER

01

新聞購読のお申込み

日本の金型変わる経営環境 未来の扉どう開く
セントラルファインツール 三宅 和彦 社長に聞く

研究開発が新たな道

 リーマン・ショック以降需要が回復しているものの、これがいつまで続くのか。自動車の電気化やインターネットの技術革新が産業構造にどんな影響を及ぼすのか。それが、日本の金型メーカーの多くの経営者が抱く未来への漠たる不安ではないだろうか。どうすれば未来の扉は開くのか。異材成形やアッセンブル成形など独特な成形工法の金型を手掛けるセントラルファインツールの三宅和彦社長に聞いた。

ロボで加工を自動化

三宅社長

三宅社長

ー日本の金型メーカーが勝ち残るためには。
 研究開発と生産効率向上に取り組むことが今後、極めて重要になると感じています。今までに無い金型を生み出し、最新技術を駆使し生産技術を高める。『どのような金型を創り、どのように金型を造るか』。それを徹底し追求することだと思います。

ーそれは何故ですか。
 労働コストの安い中国に仕事が流出したり自動車の電気化で求められる技術が変わったり。この十数年で金型メーカーの経営環境は大きく変わりました。『早く安く造る』、『高精度の技術を磨く』だけでは競争力が高まらなくなりつつある。金型はあくまで製品を造る道具。ですから時代のニーズに合わせて取り組みを変えないといけない。

ーセントラルファインツールではどういった取り組みを。
 20年ほど前から、樹脂とシリコンなどを成形する異材成形や、樹脂と金属などの部品を一体成形するインサート成形、部品の成形と組み立てをするアッセンブル成形といった金型の開発に挑んできました。異なる材料や複数の部品を一度に成形、組み立てることで生産コストを削減し、時間を短縮できる。当社で複合成形と呼ぶこの技術を研究し続けてきました。

複合成形品

複合成形品

 
ロボットを導入

ロボットを導入し加工を自動化する計画

ーその成果は。
 自動車をはじめ様々な分野で活用され、事業を伸ばす原動力となってきました。それに研究開発によって新技術が生まれることが多々あります。

ー生産技術における取り組みは。
 いま進めているのが、加工と測定の自動化です。ロボットでマシニングセンタにワークを供給、加工し、機上または別の計測器で測定する。加工と測定のプロセスで人の介在を最小限にする。これが今年の目標です。

 その一方、測定技術で注目しているのがカールツァイスのX線CT。X線を透過させ成形品内部の寸法評価ができ、従来のようにインサート成形品の異材の境界面などを測るために切断する必要がありません。

カールツァイスのX線CT METROTOM

カールツァイスのX線CT
METROTOM

 それに成形品の内部に発生したマイクロバブルの大きさや位置も正確に把握し成形品の強度不良の原因を検証することもできる。うまく活用すれば金型開発の効率や技術力を大幅に高めることができるかもしれません。

ー将来の目標や戦略は。
 金型と成形の技術をトータル提案できるコンサルタント会社。日本ではそれぞれ専業が手掛けることが多いですが、最終製品メーカーが求めているのは品質の良い成形品です。金型だけでなく成形の技術的な相談にも対応することが時代のニーズだと感じています。

 それと得意分野に特化すること。日本の金型メーカーはこの10年で約2千社が廃業し、現在約7800社。型種や大きさ、得意な分野で絞り込むと造れる社数が限られている。逆にその分野での存在価値が高まっている。ですから得意な分野の技術をより一段と磨く。それが未来を拓くカギだと思っています。

金型新聞 平成30年(2018年)4月16日号

関連記事

【この人に聞く】MOLDINO・鶴巻 二三男社長

切削工具メーカーのMOLDINO(東京都墨田区、03-6890-5101)は金型加工に特化した工具の開発に取り組んでいる。昨年4月にはこれまでブランド名だった「MOLDINO」を社名に改め、これまで以上に金型加工の課題を…

木村有貴さん 金属3D造形の困りごとを解決する【ひと】

金属3Dプリンタで造形した金型部品のトラブルを分析・解決する「診断士」のような業務を担当する。珍しいトラブルほどテンションが上がるそうで、「難しい問題を解明できた時の達成感が何よりも気持ちがいい」。 大学では金属材料を研…

「金型業界で働く女性の声や悩みにも耳を傾けて」名古屋精密金型営業部部長・渡邊祐子氏

インターモールド大阪では4月20日、女性雇用のメリットや現場の男女共同参画などを討論する特別イベントが開かれる。労働人口減少により製造業は女性の活躍が課題で、金型業界も働き方改革など取組みが始まっている。日本金型工業会で…

ものレボ 生産工程など見える化[金型応援隊]

中小製造業ではフレキシブルな対応や生産性向上を図るためのデジタル化が喫緊の課題だ。 2016年創業した『ものレボ』は現場の工程管理、在庫管理、受発注管理、分析などの見える化を図るDXアプリ『ものレボ』を開発し、従来ホワイ…

【ひと】町工場親善大使・羽田詩織さん イベント通じ、町工場の楽しさ伝える

イベント通じ、町工場の楽しさ伝える 本業の司会業やナレーションのかたわら、町工場に子どもたちを集め、ものづくりの楽しさを伝えるワークショップ「町工場たいけん えんにち!」を企画する。町工場親善大使を名乗る、中小製造業の応…

トピックス

関連サイト