金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

NOVEMBER

29

新聞購読のお申込み

TMW
〜金型の底力〜

ドイツ企業と業務提携
世界中で供給力を強化

立松  宏樹社長

 インパネなど大型のプラスチック金型を手掛けるTMWは海外展開を加速させている。9月には、ドイツの大手金型メーカーのメキシコ工場に資本出資し、北米地域での金型供給力とサポート体制を強化する。北米だけにとどまらず、世界中で互いに金型を供給し合ったり、メンテナンスしたりするなど包括的に業務提携した。独自のネットワーク網を構築し、世界中で金型の供給やサポートができる体制を目指す。

 TMWが提携したのはドイツのシーベンウエスト社。120年以上の歴史を持つ老舗の金型メーカーで、自動車用のプラスチックやダイカスト金型などを手掛ける。特に欧州の自動車メーカーとの関係が深い。「元々協力関係にあった」(立松宏樹社長)が、今回の提携でその関係を深化させる。

メキシコでも大型の金型を請け負う
海外展開の司令塔となる日本本社

 9月には、シーベンスウエスト社のメキシコ工場にTMWが4割強出資。社名も「シーベンウエストタテマツメキシコ」と改称した。同工場では大型から中小型までのプラスチックやダイカスト金型を製作するほか、金型の補修を請け負う。

 狙いの一つが北米市場の強化だ。同社は、アメリカに工場を持つが、メキシコにも拠点を構えることで、北米全体をカバーできる体制を整える。立松社長は「世界中の自動車メーカーがメキシコを重要拠点と位置付けており、北米全体での成長は続く」とみており、供給力やサポート体制の強化が不可欠と判断した。

 メキシコ進出について「今がベスト」と判断。その理由は「7~8年前に比べて、インフラが整ってきている。さらにローカル企業が受注する仕事と、そうでない仕事が明確になってきた状況」だからだ。

 協業は北米市場だけに留まらない。世界中での金型供給やサポート体制の確立を目指す。まず、メキシコで作りきれない金型はTMWのアジアや日本、中国などのネットワークから供給できるようにするという。

日本の工場では自動化や効率化を進める

 サポート体制でも協力し合う。例えばシーベンウエスト社がドイツで金型を受注し、韓国で発注した場合。必要に応じ、TMWの韓国法人が立ち合いや玉成、補修などを行う。「コロナで移動が制限される中、お互いの拠点を活用し、対応したほうがいい」とし、相互に協力し、世界中でサポートできる体制を目指す。

 TMWは87年に北米に進出して以降、中国、韓国、タイに工場を設けるなど海外展開を加速してきた。技術・文化交流を含めた「グローバルツーリングアライアンスパートナー」として、シーベンウエストとカナダにも協業先があるほか、欧州、アジアに多数のパートナー企業を持つ。

 立松社長は「海外展開自体は早かったが、ローコストカントリーへの対応などグローバル対応をしてきたのは、この10年ぐらいだと思う。今後も多様化するグローバル化に先手を打って対応していきたい」。

  • 本  社 : 愛知県稲沢市奥田大沢町27
  • 電  話 : 0587-32-6281
  • 代 表 者 : 立松宏樹社長
  • 創  業 : 1949年
  • 従 業 員 :184人(本社のみ)
  • 事業内容 : インパネなど大型樹脂金型設計製造。

Q.人材育成で何に取り組んでいますか

海外と事業部制で多様な活躍の場 

 海外拠点に送り出すことが育成になっています。海外では何でもしなければならない状況が多いので、育成の場としては最適です。また、成形や治具販売など事業部制を敷いたのも育成の一環です。機械加工の担当者が治具の営業をすることで、違う視点が得られ、成長の機会になります。多様な活躍する場を提供することが育成につながると思います(立松宏樹社長)。

金型新聞 2020年10月2日

関連記事

金型6月生産実績 前年同月比16.7%増の264億1900万円

プレス用金型は3.3%減、プラ用金型は14.5%増  2022年6月の金型生産は、前年同月比2.6%増の290億6,500万円となった。前月比でも10.0%増と大きく増えた。数量は前年同月比5.8%減、、前月比でも9.4…

【金型テクノラボ】倉敷機械 AI活用による金型・加工見積の自動化

金型・部品加工の見積作成における最大の課題は、相応の専門知識がないと見積作成が困難であるという点だ。そのため、熟練者の経験への依存度が高く、さらに加工業者間での金額差異の問題も発生している。これらの課題に対して、半自動化…

金属3Dのサービス拠点
三菱商事テクノス

受託や導入 開発支援  三菱商事テクノス(東京都港区、03-3455-7441)は昨年10月31日、神奈川県大和市に設けた金属3Dプリンタのサービス拠点「東京カスタマー・エクスペリエンス・センター(東京CEC)」の開所式…

【ひと】BESTOWS 代表取締役・西田 勇さん 現場を知るソフトウェア研究者

大学発ベンチャーとしてBESTOWSを設立した、神戸大学工学部助教。製造AIの研究開発や産業機械・専用機などの設計・製作を手がけるアルムのCTOも務めており、AIが加工プログラムを自動で作成する「アルムコード1」の開発に…

【金型生産実績】2020年10月 24.3%減の259億8,000万円

プレス型は30.6%減、プラ型は9.2%減  2020年10月の金型生産は、前年同月比24.3%減の259億8,000万円と大幅に減少した。前月比でも16.7%の減少。数量は前年同月比2.8%減の4万1,617組、重量は…

トピックス

関連サイト