金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JULY

15

新聞購読のお申込み

I‐PEX 金型棟新設

福岡2工場の設計・製造を集約

新設する金型棟

 電子部品や自動車部品を手掛けるI‐PEX(京都市伏見区、075-611-7155)は、技術部門の中核拠点I‐PEXキャンパス(福岡県小郡市)に金型棟を新設する。福岡県の2工場の金型開発と製造を集約し、品質や生産効率を高める。金型のマザー工場と位置付け、ここで開発した金型をグループの工場に供給するほか、その技術をほかの金型工場でも活用する。

 金型棟は敷地面積約6660㎡、1階建てで、I‐PEXキャンパスの敷地内に2020年12月に着工し22年12月に完成、22年春に操業を始める。主にコネクタを生産する小郡工場(福岡県小郡市)と自動車部品を製造する大野城工場(同県大野城市)の金型部門を移管する。金型生産用の設備も新たに導入する。建物や設備などの総投資額は約30億円。

 I‐PEXは1963年に創業(旧社名・第一精工)。電子機器などの精密金型を手掛け、電子機器用や車載用コネクタ、車載センサなどの量産へ事業を拡大。生産・営業拠点を世界11カ国に展開し、近年はスマートフォンや高機能化する自動車向けに販路を広げる計画。しかし国内の中核拠点の福岡2工場が手狭になりつつあった。

 2工場の金型部門を移管するI‐PEXキャンパスは九州情報大学小郡キャンパスの跡地。2019年に跡地を取得して校舎を改修し、管理部門(約70人)や技術部門(約330人)が異動。金型棟には2工場の金型部門(約135人)が勤務する計画。2工場の技術と製造部門が密接に連携し品質や生産性の向上、高度な金型の研究開発に取り組み、そこで培った技術を海外工場などで活かす。

 I‐PEX(当時・第一精工)は1990年代の半ばからコネクタなどのファブレス企業アイペックスと提携。アイペックスが開発した細線同軸コネクタ「CABLINE」など数々のコネクタを手掛け、2004年には子会社化した。5Gや自動車の電動化、IoTなどの市場の動きに挑む姿勢を示し、グローバルでの認知度を広げるため、2020年8月、社名をI‐PEXに変更した。

金型新聞 2020年11月10日

関連記事

TOWA 2020年4-12月期売上高10.2%増の207億円

TOWA 2020年4-12月期売上高10.2%増の207億円

5G向け半導体装置がけん引金型は11.8%増の62億7500万円 TOWAの2020年4-12月期の連結売上高は、前年同期比10.2%増の207億1500万円だった。次世代通信規格5G関連製品などの需要拡大に伴う半導体メ…

【金型の底力】ファスト 自動化システムでICトレー金型を増産

ロボット活用の自動化システムICトレー金型を増産 プラスチック金型メーカーのファストは昨年、福島県相馬市に半導体製造工程で集積回路(IC)の搬送や出荷などに使用するICトレーの金型を増産するための新工場を設立した。ロボッ…

三井化学、共和工業 M&Aで事業展開にシナジー【特集:連携・M&Aで乗り越える】

部品開発や共同研究 2014年に共和工業が三井化学グループに入ってから9年。グループ内で共同開発した部品が自動車メーカーに採用されたり、共同研究を進めたり、協業による相乗効果を高めている。近年は住宅設備部品開発でも手を組…

イースタン技研 河西正彦会長が死去

放電加工周辺機器の販売やプレス金型製造などを手掛けるイースタン技研(神奈川県大和市、046-269-9911)会長の河西正彦(かわにし・まさひこ)氏が8月19日午後3時47分、死去した。79歳。東京都出身。通夜・告別式は…

黒田製作所 工場新設、大型成形機導入 【特集:進む設備の大型化】

大型金型の需要に対応 プラスチック金型を手掛ける黒田製作所(岐阜県羽島郡岐南町、058・247・7423)は自動車向けの大型プラスチック金型に対応するため、本社そばに新工場を立ち上げ、UBEマシナリーの大型射出成形機「3…

関連サイト