機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

JULY

27

新聞購読のお申込み

【金型生産実績】2020年8月 26.8%減の238億3,700万円

プレス型は28.9%減、プラ型は17.9%減

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

 2020年8月の金型生産は、前年同月比26.8%減の238億3,700万円と大きく落ち込んだ。前年8月は17.6%増と前々年よりも大きく伸びており、変動幅が大きくなった。前月比では13.7%減。数量は前年同月比10.1%減の3万5,114組、重量は20.6%減の9,264トンとなった。

 プレス用金型は、数量が前年同月比24.5%減少、金額は同28.9%減の92億6,600万円、プラスチック用金型も数量が同5.0%減、金額は同17.9%減の92億5,600万円と減少した。一方で、鍛造用金型は同62.0%減の10億400万円、ゴム用金型は同43.7%減の4億8,600万円と前月に続き大幅に減少した。ダイカスト用金型は同15.5%減の28億6,500万円、鋳造用金型も同34.7%減の3億9,500万円、粉末冶金用金型も同31.5%減の3億9,000万円と落ち込んだ。ガラス用金型は同1.1%減の1億7,600万円となった。自動車生産をはじめ日本の製造業の停滞の影響が窺える。

 中国の4〜9月期はプラス成長に転じ、米国の7〜9月期GDPも大幅に伸長。自動車生産や半導体製造装置の投資も回復基調にある。今後の次世代自動車や5G関連製品の開発などが起爆剤となって新たな市場の創出・拡大に期待したい。

金型新聞 2020年11月10日

関連記事

収益改善へアクセル 金型生産、回復へ

収益改善へアクセル 金型生産、回復へ

車の復調、国内回帰が背景 増えた需要、勝ち抜いた金型メーカーに  金型業界にも明るさが戻ってきた。経済産業省の統計によると2014年1―9月の生産実績は2622億円と7・6%増加した。自動車業界がけん引役となったほか、円…

工業統計から読む 日本の金型の競争力

 かつて世界一の生産額を誇り、“金型大国”と呼ばれていた日本の金型産業。ピーク時には、年間で2兆円近い金型を日本で生産していた。しかし2000年以降、自動車や電機といったセットメーカーの相次ぐ海外移転による国内需要の減少…

11月の金型生産実績

11月の金型生産実績

前年同月比3.3%増の291億3,900万円 プレス型は15・6%増、プラ型は5・9%減 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による平成26年11月の金型生産実績をまとめた。それによ…

8月の金型生産実績

8月の金型生産実績

前年同月比 5.8%増の305億6,600万円 プレス型は2.6%増、プラ型は17.5%増 プレス型は数量8.8%減の8,978組、重量2.1%減の6,123㌧、金額2.6%減の111億500万円。鍛造型は数量8.8%減…

12月の金型生産実績

12月の金型生産実績

前年同月比 4.2%増の326億5,700万円 プレス型は13.6%増、プラ型は3.0%減 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2015年12月の金型生産実績をまとめた。それに…

トピックス

関連サイト