金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

AUGUST

08

新聞購読のお申込み

【金型生産実績】2020年8月 26.8%減の238億3,700万円

プレス型は28.9%減、プラ型は17.9%減

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

 2020年8月の金型生産は、前年同月比26.8%減の238億3,700万円と大きく落ち込んだ。前年8月は17.6%増と前々年よりも大きく伸びており、変動幅が大きくなった。前月比では13.7%減。数量は前年同月比10.1%減の3万5,114組、重量は20.6%減の9,264トンとなった。

 プレス用金型は、数量が前年同月比24.5%減少、金額は同28.9%減の92億6,600万円、プラスチック用金型も数量が同5.0%減、金額は同17.9%減の92億5,600万円と減少した。一方で、鍛造用金型は同62.0%減の10億400万円、ゴム用金型は同43.7%減の4億8,600万円と前月に続き大幅に減少した。ダイカスト用金型は同15.5%減の28億6,500万円、鋳造用金型も同34.7%減の3億9,500万円、粉末冶金用金型も同31.5%減の3億9,000万円と落ち込んだ。ガラス用金型は同1.1%減の1億7,600万円となった。自動車生産をはじめ日本の製造業の停滞の影響が窺える。

 中国の4〜9月期はプラス成長に転じ、米国の7〜9月期GDPも大幅に伸長。自動車生産や半導体製造装置の投資も回復基調にある。今後の次世代自動車や5G関連製品の開発などが起爆剤となって新たな市場の創出・拡大に期待したい。

金型新聞 2020年11月10日

関連記事

ー今年を振り返ってー<br>金型の国内回帰強まる

ー今年を振り返ってー
金型の国内回帰強まる

円安が後押し 海外との住み分け明確に  金型業界は回復を続けている。2015年の1―9月累計の金型生産額は前年同期比で9・3%増の2865億円となった。まだリーマンショック前のピークに比べ8割弱の水準だが、金型メーカーが…

金型に押し寄せるCASE

 100年に一度の変革期と言われる自動車業界。それを語るときに欠かせないキーワードが「CASE」だ。「C=コネクテッド(つながる)」、「A=オートノマス(自動運転)」、「S=シェア(共有)」、「E=エレクトリック(電動化…

ー金型メーカー若手技術者 アンケートー<br>「金型への熱い思い」

ー金型メーカー若手技術者 アンケートー
「金型への熱い思い」

挑戦や協働にやりがい 技術向上し、多能工目指す  本紙では4月から5月にかけて、全国の金型メーカーで働く20代から40代までの若手従業員102人を対象に、「金型に対する熱い思い」をテーマとし仕事や会社、業界に対する意識調…

金型取引適正化へ<br>経産省が報告書

金型取引適正化へ
経産省が報告書

分割支払いや契約書面化  金型取引の適正化に向けた動きが本格化してきた。昨年12月に経済産業省がまとめた報告書で、発注時点での分割支払いについて言及したほか、契約内容の書面化徹底を促すなど金型取引の改善に向け、原則を示し…

パンチ工業 22年3月通期見通し

売上高を上方修正 自動車関連に復調気配 パンチ工業(東京都品川区、03-6893-8007)はこのほど、2022年3月期通期の売上高が前年比18・2%増の384億円になる見通しだと発表した。15.2%増を見込んでいた従来…

関連サイト