金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

23

新聞購読のお申込み

サンワ金型 量試一貫のサポート体制構築【金型の底力】

シェアリングで新たなモノづくりを

プレス金型やプラスチック金型などを手掛けるサンワ金型は同じく安城市内に新工場を建設し、11月に稼働する予定だ。同社はプレスやプラスチック金型で培った高硬度材加工や3次元形状加工を強みに、コアプレートなどラジエーター部品やクーリングファン、水冷コンデンサなど自動車部品の金型を製作。今後は新工場を中心に需要増加が見込めるEV部品や未来を見据えたシェアリングファクトリー構想を掲げ、新たなモノづくりへの挑戦を始める。

「試作品作りから量産用金型まで量試一貫のサポート体制が当社の強み」と話すのは鈴木大輔社長。モノづくりの業界では試作品作りと量産用金型を分けて製作依頼することが一般的で、試作品と量産品で差異が出るなど再調整が必要な場合もある。

主力とするコアプレート・エンドプレート

そこで試作品開発から量産用金型製作、トライ(立ち上げ)まで一気通貫のサポート体制を整え、試作時に課題を解決し、そのノウハウを量産型の製作に活かすことで金型の短納期化を実現。「これをクリエイティブサポート事業と呼ぶ。昨今は当社トライ機を用いた少ロットの生産依頼も多く、ライン立ち上げ前の生産サポートを行い、不具合の発見など量産前の課題解決に結びついている」。

さらに、トライ設備(プレス機:300t・80t・60t)を活用したエンジニアリングラボを開設。『顧客や仕入先と一緒にモノづくりをする』を念頭に、顧客の要望をその場でヒアリングし、異なる部品での試し打ちや他社製金型のトライ、金型のチューニングなど素早くニーズに対応する。「最終トライ前まで当社設備を活用してもらうことで細かなニーズに対応しやすい」と鈴木社長。また、メンテナンス事業や社内外ネットワークを活用した部品供給事業(オンラインサービス)も立ち上げ、製品試作、金型製作、メンテナンス、部品供給と多様化を図る。

今年11月に稼働予定の新工場

11月に稼働する新工場(第1期)では需要が高まるEV部品を想定。セミナールームや優雅な休憩室・トイレ設備を設け、工場内は温度管理の行き届いた空間で、安田工業製マシニングセンタYBM950VやYMC650など高精度マシンを新設。従来、5~10μmだった加工精度を2~5μmまで高め、センサやモータなど高精度な金型加工に対応。「部品供給できる工場が2ラインになり金型レベルを高める」と語る鈴木社長は新工場にその先の未来も描く。

高精度な加工を実現するマシニングセンタ

それが『シェアリングファクトリー構想』だ。顧客や仕入先、地域の協力企業など様々な企業が集まり、新しいモノづくり、技術開発を行うオープンイノベーションの拠点となる工場を目指す。工場内に部屋を用意し、設備をシェアしながら開発できる環境を整える。「イメージはファウンドリ工場。金型メーカーは設計や製作に長けているが、企画や販売は不得手。様々な企業と連携し、モノづくりの技術で貢献したい」と鈴木社長。世界中でEV車を含む新しいモノの開発が進んでおり、誰もが企画やアイデアをカタチにできる場所を作る。今後、5年以内に第2期、第3期の工場拡張を予定し、新たなモノづくりを加速させる。鈴木社長は「1社でモノづくりを完結させるのは困難。私自身、様々な人の教えを通じて今がある。これを恩と捉えているが、シェアリング構想は恩返しではなく、『恩送り』として地域のモノづくりの活性化につなげたい」。

鈴木 大輔社長

会社の自己評価シート

 「技術力」「設備力」「チャレンジ精神」に高評価。新工場も完成し、「変化に対応する力」に最高得点。新たな設備で技術開発や「人材力」「チーム力」「営業力」を用いて、未来に向けた投資を進めている。課題に挙げた「PR・発信力」の強化に期待。

会社概要

  • 本社: 愛知県安城市和泉町大海古6-17
  • 電話: 0566・92・6150
  • 代表者: 鈴木大輔社長
  • 創立: 1970年
  • 従業員: 43人
  • 事業内容: 量産精密プレス金型・量産モールド金型及び試作金型の設計製作、試作プレス製品製作。

金型新聞 2023年10月10日

 

関連記事

ルッドリフティングジャパン ルッドスパンセットジャパンに社名変更

2023年1月1日から ルッドリフティングジャパン(大阪市西区、06-6536-8807)は2023年1月1日、販売する主力2社の社名を用いたルッドスパンセットジャパンに社名を変更する。 同社(当時ストルツコーポレーショ…

テラスレーザー 3社合同ウェビナーを開催

金型メンテの連携事例 レーザー溶接・金型補修機器メーカーのテラスレーザー(静岡市駿河区、054-270-7798)は4月6日、洗浄機メーカーのソマックス(大阪市東成区)と、切削研磨用工具の卸販売を行うクレステック(東京都…

聖徳ゼロテック 本社に金型の新工場

恒温で精密金型を追求 9月にも本格稼働 電子部品などのプレス金型を手掛ける聖徳ゼロテック(佐賀県佐賀市、0952-29-6828)は、本社敷地内に金型工場を新設する。室内を恒温に保ち、EV向け部品などの精密金型製作に適し…

テラスレーザー 光技術のコンテストで「最優秀チャレンジ賞」受賞

レーザー溶接・金型補修機器メーカーのテラスレーザー(静岡市駿河区、054-270-7798)はこのほど、光産業創成大学院大学(浜松市西区)主催の光技術を使った事業計画を競うビジネスコンテスト「フォトニクスチャレンジ202…

差別化できる設備投資、従来とは違う戦い方で次世代につないでいく 中村稔氏(日新精機社長)【鳥瞰蟻瞰】

当社は創業から50年間、冷間圧造金型一本で事業を続けてきました。しかし、10年後も同じように事業を続けていられるかというと、そうは考えていません。今ある仕事は相当減っていると思います。感覚的な予測になりますが、だいたい3…

関連サイト