金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

28

新聞購読のお申込み

米谷製作所 メガキャスト向け超大物金型に挑む【特集:自動車金型の未来】

企業連携で金型技術確立へ

EVシフトによって、需要減少が見込まれる内燃機関(ICE)部品の金型。シリンダヘッドやシリンダブロックなどのダイカスト金型を手掛ける米谷製作所はその影響を受ける1社だ。米谷強社長は「今後、内燃機関部品向け金型の需要が増えることはない。EV化の流れが変わらない限り、確実に減っていくだろう」と未来を予見する。厳しい環境の中、どのように事業を展開していくのか。鍵を握るのが、「メガキャスト」だ。

昨年4月に東京で開催された金型専門展「インターモールド/金型展」。「メガキャスティング」と大きく掲げられた米谷製作所と共和工業(新潟県三条市)の合同ブースには多くの来場者が集まった。両社は協業し、EVの車台やバッテリーケースなどを一体成形する「メガキャスト」向け超大物金型の開発、製造に取り組むと発表した。

最大1600・1200・1000㎜を加工できる大型5軸MC

「メガキャスト」は超大型のアルミダイカスト技術で、定義は明確ではないが、型締力4000~6000t程度とされ、それ以上は「ギガキャスト」とも称される。すでに中国や北米メーカーでは採用が進み、日本でもトヨタやホンダなどが導入を決めている。トヨタは試作品で86部品33工程だったものを1部品1工程に集約したという。

米谷製作所はこれまで、自動車エンジン関連のアルミダイカスト部品向け金型をメインで手掛けてきた。10年ほど前から自動車の電動化による需要減少が叫ばれていたが、一昨年頃からその動きが急加速。「新型の受注はほぼなく、更新型やメンテナンスが中心になった」(米谷社長)。

共和工業と共同でインターモールドに出展した

事業の方向転換が迫られる中、需要拡大が見込まれる「メガキャスト」向けの大物金型への対応を決意。2022年には大型5軸立形マシニングセンタ「D2」(牧野フライス製作所)を導入し、最大1600・1200・1000㎜の加工を可能にした。一方、大型プラスチック金型を得意とする共和工業は3mクラスの加工が可能な超大型加工機を保有。「メガキャスト」では共和工業が主型を加工し、米谷製作所が入れ子を製造するといった協業を検討している。

4月の協業発表後、国内の自動車メーカーを始め、多くの企業から引き合いや相談が相次いでいるという。「足元で試作案件が動き始めており、2025年頃までに本格的な受注につながることを期待している」(米谷社長)。同社は共和工業の他、21年に技術提携を結んだ鋳造部品メーカーのジョージフィッシャー中国(GF中国)とも協業しながら金型製造技術の確立を目指している。

2021年にGF中国と技術提携

また、さらなる協業先の拡大も進める。金型加工だけでなく、材料や熱処理、離型剤の塗布、トリミング、バリ取りなど、「メガキャスト」に関連する技術を一貫して提供する企業グループの構築を目指している。「『メガキャスト』に関する技術相談に対して、プラスアルファの提案ができる体制を構築したい。それには1社では難しい。複数企業が連携する必要がある。当社はそれらの企業を結ぶ『ハブ』になることを目指す」(米谷社長)。

EVシフトが進み、逆境が続く内燃機関部品の金型。受注が減少する中、同社はこれまで不得手としていた350t以下の小物ダイカスト部品や、ダイカスト部品の金型から量産までをトータルでサポートするエンジニアリング事業などにも注力する。「『メガキャスト』を中心に、色々と取り組み、未来に向けて種をまいていく」(米谷社長)。

会社概要

  • 本社:新潟県柏崎市田塚3‐3‐90
  • 電話:0257・23・5171
  • 代表者:米谷強氏
  • 創立:1934年
  • 従業員:95人
  • 事業内容:自動車エンジン、トランスミッション、構造部品の鋳造金型設計製作(DC型、GDC型、LP型、シェル型)など

金型新聞 2024年1月10日

関連記事

丸順 東証二部に上場

丸順は、3月12日、東京証券取引所市場第二部に上場した。これにより、同取引所と名古屋証券取引所の2市場で同社株式の売買が可能となった。 同社は、超ハイテン材の金型技術およびプレス加工で先行しており、自動車の軽量化・電動化…

【鳥瞰蟻瞰】牧野フライス製作所プロジェクト営業部スペシャリスト・山本英彦氏「日本メーカーの力が持続可能な社会の実現には必要」

大事なのは、自信を持つこと日本メーカーの力が持続可能な社会の実現には必要 1983年に牧野フライス製作所に入社してから、海外畑を歩んできました。キャリア当初は、アメリカ向け立形マシニングセンタや放電加工機の営業支援を担当…

金型でも金属AM技術の活用が広がる理由

コスト低減、用途開発進む 金型分野でも金属粉末を使った付加製造(AM)技術の活用が広がりつつある。背景には、装置を始めとしたAM技術の進化やユーザーの改善などによって、これまで課題とされていた製造コストが低下していること…

金型製作の効率化を追求 笹山勝氏(ササヤマ社長)【特集:次の10年を勝ち残る4つの道】

EV化などによる金型需要の変化やAMをはじめとする新たな製造技術の登場など金型産業を取り巻く環境はこれまで以上に大きく変化している。金型メーカーには今後も事業を継続、成長させていくため未来を見据えた取り組みが求められてい…

「金型業界で働く女性の声や悩みにも耳を傾けて」名古屋精密金型営業部部長・渡邊祐子氏

インターモールド大阪では4月20日、女性雇用のメリットや現場の男女共同参画などを討論する特別イベントが開かれる。労働人口減少により製造業は女性の活躍が課題で、金型業界も働き方改革など取組みが始まっている。日本金型工業会で…

関連サイト