機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

AUGUST

05

新聞購読のお申込み

リーダーの条件[part1] 経営のカリスマが心掛けていること

サイベックコーポレーション 顧問 平林 健吾氏

 1944年生まれ、長野県出身。工作機械メーカー、プレス部品メーカーを経て、73年に信友工業(現サイベックコーポレーション)を設立。2009年顧問。18年旭日単光章を受賞。冷間鍛造順送工法を国内で初めて開発。メーカーと共同で設備の開発にも取り組み、リンクモーションプレス機などを開発した。座右の銘は「不撓不屈」、好きな言葉は「先見術」。

 リーダーは、全てを分かっていないといけません。自分ができないこと、分からないことは、社員に指示することはできないですからね。新しいものをどんどん取り入れ、自分で動かして、使えるということを社員に見せていく。こういうことが、リーダーには必要です。

 私も29歳で独立し、現在の会社を立ち上げましたが、金型製作は一から学びました。当時まだ出始めだったワイヤカット放電加工機を県から融資を受けて約2000万円かけて導入し、金型づくりに挑みました。当時のワイヤカットには自動結線機能がなかったので、機械の横で寝泊まりしながら、休みなく機械を動かし続けたことを記憶しています。また、CAD/CAMも一から学び、自分で試行錯誤しながら覚えていきました。

 現在、当社はメーカーと共同開発したプレス機や高精度マシニングセンタなど最新鋭の設備を導入し、金型づくりも高度化していますが、原点はここにあります。金型づくりに一から取り組み、原理原則を理解したからこそ、新しい機械や技術を取り入れることができているのだと思います。

 今はデジタル化の時代です。IoTやAIといった次世代技術を活用し、これまで我々が培ってきたノウハウをいかにデジタル化するかが、今後の金型づくりのカギになると考えています。

 これらの新しい技術がどういう仕組みで、どのように自社に取り入れることができるのか。これからのリーダーには、こうした知識を身に付け、理解することが求められると思います。そして、そこで得た知識やノウハウを自身の中に留めるのではなく、社員に伝えていくことも大事です。そうすることで、会社全体のレベルアップにつながります。

 ものづくりはこれから大きく変化します。リーダーは、この変化を敏感にとらえ、先を読んで対応していかなければなりません。それには、常に新しい情報を手に入れることが重要です。国の動きを把握することはその一つ。国の方針と異なった方向に進んでしまえば、補助金などの支援策を活用することができず、新たな設備投資も難しくなります。また、業界団体や大学、研究機関など外部の方と積極的に交流することも大事です。会社の中に閉じこもっていては、新しい情報も入ってきませんからね。

 今の金型メーカーの経営者の多くは2代目や3代目で、設備や人もある程度揃っているという状況にあると思います。こうした中で一番大事になってくるのは、「ミッション(使命)」です。自分の会社の「ミッション」は何なのか、進むべき方向は。リーダーは、こうしたことを常に頭に置いた上で対応する必要があると思っています。

 世界的に脱ガソリン車の動きが広がり、金型産業への影響が懸念されていますが、一つ言えるのは、金型は量産する上では無くてはならない技術で、今後も決して無くなることはないということ。ただし、作り方は変わっていくはずです。新しい素材が登場したり、機械がより高度化したり。先入観にとらわれず、柔軟な発想で新しい技術や新しい分野に挑戦し、変化に対応できるリーダーこそ、これからの時代に必要なのだと思います。

金型新聞 2021年2月10日

関連記事

【特集】最新技術の使いこなし術

工作機械や工具、ソフトウェアなど金型づくりを支えるツールの進歩はすさまじい。こうしたツールの進化によって、加工精度は飛躍的に向上した。加工速度や微細化、自動化、計測技術なども数年前とは比較にならないほど性能や機能が進化し…

金型メーカー座談会<どうなる2014年 どうする今後の展開003>

金型メーカー座談会<どうなる2014年 どうする今後の展開003>

経営者が語る 精密加工や新分野に挑戦 2月10日号のつづき 司会 次年度には設備投資の一括償却が可能になるという話も出ていますが、投資計画に変更などありますか。 鈴木 毎年の積み重ねが重要ですからね。日本でどのようにもの…

日本の金型変わる経営環境 未来の扉どう開く<br>セントラルファインツール 三宅 和彦 社長に聞く

日本の金型変わる経営環境 未来の扉どう開く
セントラルファインツール 三宅 和彦 社長に聞く

研究開発が新たな道  リーマン・ショック以降需要が回復しているものの、これがいつまで続くのか。自動車の電気化やインターネットの技術革新が産業構造にどんな影響を及ぼすのか。それが、日本の金型メーカーの多くの経営者が抱く未来…

現場の思いを尊重<br>天青会 野口 賢太郎 会長

現場の思いを尊重
天青会 野口 賢太郎 会長

企業見学会に注力  日本金型工業会東部支部の若手経営者らが集まる天青会の会長に今年5月、就任した。現場至上主義を自身のテーマとして掲げ、「今年は、工場見学会など現場に足を運ぶということをメインに活動していきたい」と意気込…

【ひと】ベントム工業社長・本田大介さん システム会社を立ち上げた金型経営者

システム会社立ち上げた金型経営者  クラシック音楽事務所の営業から父親が創業した鋳造・ダイカスト金型メーカーに転職。会社を受け継いだ後、工程管理を手掛けるシステム開発会社を設立した。異色の金型経営者だ。  入社した当初は…

トピックス

関連サイト