金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

APRIL

17

新聞購読のお申込み

【金型の底力】いがり産業 ユーザーが必要な金型を

ユーザー視点の型づくり
樹脂とプレス技術の融合

成形メーカーだった、いがり産業が金型製作に着手したのは2004年。10年以上経て、今や金型の外販が売上の7割以上を占めるまでに成長した。成形メーカーという利点と生かし、ユーザーの視点に立った金型づくりが評価されてきたためだ。一昨年にはプレス部品メーカーのムロコーポレーションのグループ企業となり、プレスと樹脂技術の融合を図るなど次なるステージを目指す。

猪狩  崇社長

創業は1948年。養鶏事業からスタートし、その後カッパなどビニール加工事業に参入。70年代後半、創業者の弟でもある、イガリモールド(現キヤノンモールド)の社長が地元茨城に戻るのに合わせ、成形を始めたのが今の事業の源流だ。

ハイブリッドマテリアルギア
金型を始めた頃手掛けた鏡筒用金型

その後、兄弟で金型と成形を分業するという形で順調に成長。別会社ながら、当時は金型から設計まで手掛ける企業は珍しかったことに加え、カメラやCD、携帯電話など樹脂部品の需要増に合わせて、業容を拡大した。

しかし、2004年にイガリモールドがキヤノングループになったことで、急変。「これまでと同じという訳にもいかず、金型の内製をせざるを得なくなった」(猪狩崇社長)。ゼロから金型づくりに着手した。

アドバンテージだったのが、補正技術を持っていたことや、他社の金型に触れる機会が多かったこと。当時主力であったカメラ用レンズ鏡筒部品は要求精度も10μmと厳しく金型の補正が必須であったという。「社内で金型と成形品を計測して、補正するノウハウを持っていたことがユーザーに認められた」という。また「成形メーカーとして、同業他社の金型を使っていたので、いろんな金型の設計や構造を学ぶことができた」。

だが、自身はイガリモールドで修業していた時もあるとはいえ、加工は素人集団。「5年は本当に苦労したし、金型単独の黒字化は10年掛かった」。

しかし、現在は売上の型売りが7割になるほど成長している。その理由について「ユーザーの視点で金型を作っているからだと思う」と分析。「ガス抜きや冷却、メンテナンス性など成形メーカーだから、ユーザーがどんな型が必要かよくわかる。しかも成形部門で量産性を担保して、出荷することが強み」と話す。輸出される金型が多いのも、その信頼性からだろう。

金型参入15年で設備を充実

このように、金型と成形の総合的な提案を強みとしてきた同社だが、大きく変化する事業環境の中で個人経営から組織経営へ移行し会社の更なる成長を目指すため、19年にJASDAQ上場企業のプレスメーカーであるムロコーポレーションのグループに入った。猪狩社長は「叔父の決断(キヤノンによるイガリモールドのグループ化)を見なければ選択しなかったかもしれない」と話すが、補完関係にある両社によるシナジーは大きい。

ムロコーポレーションは樹脂のノウハウを取り込み、自動車メーカーに対し、マルチマテリアル化を提案する。いがり産業もプレスを含めたインサート部品を強化する考えで、成形と金型と同じように、今後はプレスと樹脂技術の融合で次なるステージを目指す。

会社概要

  • 本社  :  茨城県笠間市中央1-7-25
  • 電話  :  0296-77-0151
  • 代表者 :  猪狩崇社長
  • 創業  :  1948年
  • 従業員 :  113人
  • 事業内容:  プラスチック成形、射出成型用の金型の設計製作、バックライトユニットの設計製作、ビニール製品加工など。

Q.人材育成で何に取り組んでいますか

経験を積ませ続けること

最近痛感しているのは、モノを作らないとノウハウの蓄積はなくなるということ。久しぶりに受注した仕事があったのですが、我々は当たり前と思っていたことが、若い世代はできなくなっている。それは経験していないからだと思う。経験があってこそノウハウは蓄積されていく。だから、経験を積ませるために必要な仕事は積極的に受注しようと言っています。

金型新聞 2021年7月10日

関連記事

【この人に聞く】日本金型工業会 西部支部長・山中 雅仁氏「ビジネスの種見つける場」

2月17日、ホテルニューオータニ大阪(大阪市中央区)で、2年ぶりに金型シンポジウムが開催される。「新たな社会環境・新たなステージ・新たな価値を創造 関西からの発信」をテーマに、自動車部品メーカーによる基調講演や、金型メー…

【ひと】明輝 技術部・センシル クマールさん 高度な技術に挑むインド出身の金型設計者

インド・ムンバイ出身。2018年に来日し、プラスチック金型メーカーの明輝に入社した。担当は設計。自動車内外装品や機能部品など大小様々な金型を手掛けている。 金型技術者だった父親の影響で幼い頃から金型に興味を持っていた。地…

学生教育でCAEを活用 岩手大学【特集:シミュレーションの使い方再発見!!】

CAEを活用しているのは企業だけではない。岩手大学では、樹脂流動解析ソフト「3DTimon」(東レエンジニアリングDソリューションズ)を学生の教育で利用している。樹脂を流す際、最適なゲート位置などを自らの勘や経験から教え…

「金属AMはプロセスの一つ、目的は顧客の課題解決」日本精機常務・松原雅人氏【鳥瞰蟻瞰】

金型メーカーから技術を発信 粉末やレーザーなど、多くの要素を最適に制御しなければいけないため、金属3Dプリンタによる金型づくりは簡単ではありません。また、何でも作れる魔法の杖でもありません。それでも参入したのは、切削加工…

ボディ部品向け金型開拓へ 進恵技研が新工場設立で挑むこと[金型の底力]

自動車部品向けプレス金型メーカーの進恵技研は今年4月、本社工場に隣接する西工場に新棟を設立し、第7工場として稼働を開始した。門形マシニングセンタ(MC)5台や、40tクレーンなどを設備し、より大物加工に対応できる体制を構…

関連サイト