金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

23

新聞購読のお申込み

差別化できる設備投資、従来とは違う戦い方で次世代につないでいく 中村稔氏(日新精機社長)【鳥瞰蟻瞰】

日新精機 代表取締役社長 中村 稔氏

当社は創業から50年間、冷間圧造金型一本で事業を続けてきました。しかし、10年後も同じように事業を続けていられるかというと、そうは考えていません。今ある仕事は相当減っていると思います。感覚的な予測になりますが、だいたい3~4割は減るのではないかとみています。

その大きな理由の一つが自動車部品の共通化です。当社が手掛ける冷間圧造金型の多くは、ボルトやリベットといった自動車部品の製造に使われています。こうした圧造部品は表に出るものが少なく、車の外観への影響が大きくないため、どんどん共通化されています。

ただ、部品の共通化が進むことで、部品の種類は減りますが、1部品当たりのロットは大きく増えるので、金型そのものの需要がそこまで減るとは思っていません。問題なのは、大ロットの生産を中小メーカーでこなしきれるかということ。

例えば、月50~60万個であれば50人規模の成型メーカーでもオペレーションできますが、月1000万個で、しかも全数検査して全世界に出荷するとなったら、1000人規模の企業でないと対応できません。そして、こうした大手成型メーカーは内製部門を持っているので、必然的に金型メーカーへの仕事は減っていきます。

もちろん金型メーカーへの仕事すべてが無くなる訳ではないですが、コモディティ化が進むことから価格や納期はこれまで以上に厳しくなることが考えられます。そうなると、従来通りの金型事業だけでは疲弊していく可能性が高い。会社の未来を考えると、これまでとは違う道筋も考えておくことが必要になります。

そこで当社では今年、新たにフェムト秒レーザー加工機を導入し、レーザー加工事業を開始しました。補助金を活用するとはいえ、売上高の約3分の1をかけた大規模な投資で悩みましたが、まだ競合が少なく、ニッチな市場ということもあって、導入を決めました。

フェムト秒レーザー加工機はフェムト秒(1兆分の1秒)という非常に短いパルス幅を持つレーザー加工機で、他の加工技術では不可能なナノレベルの超微細穴加工やワーク表面に微細な模様をつけるテクスチャリングなどが可能です。ただ、まだこれからの技術で、当社も現在はどんな加工ができるのか、技術開発に取り組み、加工の腕を磨いているところです。

これまでの10年を振り返ると、当社は複合旋盤や5軸マシニングセンタ、自動化システムなど約4億円をかけて積極的な設備投資を行ってきました。これらの投資は電極の内製化や夜間運転の実現など一定の成果はありましたが、金型の付加価値向上につながったかというと、そうとは言えません。高価で良い機械を持っていても金型の価格は上がらないですし、差別化にもならない。他社にもある設備ではお客さんを呼ぶことはできません。

その点、今回導入したフェムト秒レーザー加工機は違います。すでに従来とは異なる分野からの仕事や、さまざまな人に来社してもらう機会が増えています。今後の設備投資は、“世界初”や“日本初”といった領域のものでないと差別化にはつながらないと思います。

当社は私で3代目ですが、自分の代で3事業体制にしたいと考えています。まずは現在取り組んでいるレーザー加工事業を収益化し、金型に次ぐ事業の柱にしていくことが目標です。

産業は時代とともに変わっていきます。金型産業も変化しており、メーカー各社はこれまでとは違う戦い方が求められます。当社としてもさらに新しい事業を模索し、次世代へとつないでいきたいです。

金型新聞 2022年11月10日

関連記事

【この人に聞く】マーポス、マルコ・ゾーリ社長

 今年、日本法人設立50周年を迎えたマーポス(東京都大田区、03 -3772-7011)。精密計測機器を手掛け、特に金型分野ではタッチプローブやレーザーによる工具やワークの計測などで、日本の金型づくりを支えてきた。近年は…

【金型応援隊】ジーシステム 改善重ね導き出した生産システム

多台持ちで生産効率化 ジーシステムはプレス金型用プレートなどの研磨加工を手掛ける。車の電動化や5Gの広がりを背景に電子部品向けの需要が拡大している。於保信一郎社長は、「さらに効率化して生産性を高め、需要に応えていきたい」…

切削加工の領域を拡大 矢野雄介氏 (碌々スマートテクノロジー社長)【この人に聞く】

微細加工機メーカーの碌々スマートテクノロジー(東京都港区、03・3447・3421)は昨年、「碌々産業」から社名を変更した。創立120周年を迎え、これまで標榜してきた「微細加工機のリーディングカンパニーへ」から「微細加工…

静岡理工科大学 理工学部機械工学科 教授
後藤 昭弘氏 〜鳥瞰蟻瞰〜

大学を上手く活用し、技術開発につなげる場に 強み見つけ、競争力を強化  金型は集積技術です。機械加工や表面処理、材料、最近ではITなど、色々な技術が上手く組み合わさることによって、はじめて良い金型が出来上がる。大学では、…

電動化3種の神器に挑む
〜生産現場を訪ねて〜 ニシムラ(愛知県豊田市)

特集  次世代車で変わる駆動部品の金型(バッテリー、モータ、電子部品)  「自動車向けの金型を手掛ける企業は今後、バッテリー、モータ、電子部品、この3部品に携わっていないと生き残れない時代になる」と話すのはプレ…

関連サイト