金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

MAY

28

新聞購読のお申込み

高精度、省人化ニーズが高まる国内市場で注力すること 田代勝氏(三菱電機 産業メカトロニクス事業部長)【この人に聞く】

三菱電機は50年以上に渡って、高精度、高性能な放電加工機を開発し、付加価値の高い金型づくりに貢献してきた。近年では省人化ニーズへの対応に注力する他、金属3Dプリンタを開発するなど技術領域を広げている。同社は今後、金型業界にどんな技術革新をもたらすのか。今年4月、産業メカトロニクス事業部長に就任した田代勝氏に今後の展開などを聞いた。

ライフサイクル全体で提案

たしろ・まさる
1966年生まれ、愛知県出身。89年名古屋大学卒業後、三菱電機入社。主にNC装置の営業を担当し、2002年から約4年間台湾に駐在、NC装置の拡販と液晶関連の市場開拓に尽力した。14年NC事業推進部長、21年産業メカトロニクス事業部副事業部長、22年4月同事業部長に就任し、現在に至る。

国内の金型市場をどう捉えているか。

国内は高精度化、省人化ニーズが高まっていると感じている。成長分野のEV関連部品ではより高い加工精度が求められているし、人手不足が深刻化する中では工程間をどうつなぐかが、大きな課題となっている。

何に注力するか。

一つは高精度対応だ。ここ数年、油加工液仕様のワイヤ放電加工機「MXシリーズ」の小~中型機種を揃えた他、ベッドやガイドなど機械構造の強化に取り組んでいる。また、加工条件を自動で設定できるAI技術「Maisart(マイサート)」の適用を広げている。これまで形彫放電加工機だけだったが、ワイヤ放電加工機にも搭載した。より簡単に高精度な加工ができる。

省人化ニーズへの対応は。

AMR(自律走行搬送ロボット)を活用した金型生産の自動化をサポートするシステムを開発している。スケジューラを使って、工程間のワーク搬送などを自動で運用できるシステムを目指しており、今年の工作機械見本市「JIMTOF2022」に出品予定だ。

金型業界でも環境対応のニーズが強まっている。

これから取り組むべき課題と捉えている。すでに、リモートサービス「iQ Care Remote4U(アイキューケアリモートフォーユー)」で稼働状況を把握し、最適化を図ることで、消費電力の削減につなげる提案などを行っている。今後、ロスの少ない加工や機械づくりを実現するための技術開発に挑んでいく。

今年3月には金属3Dプリンタを発売した。

当社の金属3Dプリンタ「AZ600」は溶接用ワイヤをレーザーで溶融して造形する方式を採用している。金属粉末を用いた造形方式に比べ、空孔ができにくく、加工時間が短いのが特長だ。金型では補修や冷却用水管部品の造形、その他では発電用タービンブレードの補修などの用途を考えている。ただ、付加製造(AM)は開発途上の技術。今年設立した「新事業推進グループ」を中心にさらなる開発を進めていく。

今後の事業展開は。

機械単体だけでなく、周辺技術やサービスを含めた提案を行っていきたいと考えている。導入から修理・メンテナンス、更新までのライフサイクルの中で、当社の機械を使って良かったと思ってもらえるものを今後も提供していきたい。

金型新聞 2022年10月10日

関連記事

「ガスの知見を武器に金属AMをトータルでサポート」大陽日酸・中田竜課長[この人に聞く]

産業用ガスメーカーの大陽日酸はガスの高い知見を武器に金属AMによる金型づくりを提案している。海外製の金属AM装置販売のほか、粉末の管理、シールドガスによる水分や酸素濃度の管理、造形ノウハウまでトータルでサポートするのが特…

スワニー 耐久性高い金型、協業で製造【特集:金型づくりで広がる金属AM活用】

5万個の部品生産可能に 製品設計会社のスワニーは、樹脂型を3Dプリンターで製造し、量産材料で射出成形が可能な「デジタルモールド」を手掛ける。同社はこれに加え、金属3Dプリンターで製造する金型「アディティブモールド」を岡谷…

【鳥瞰蟻瞰】長野県南信工科短期大学校 准教授・中島 一雄氏「調べ、試し、失敗を繰り返しながら挑戦」

技術者の教育には考えさせることが重要DXで一層必要になる 分かっているものに取り組んでいても技術者としての成長はありません。自らで調べ、試し、失敗を繰り返しながら挑戦していくことこそが技術者の根幹であり、何よりも重要なこ…

海外人材の採用と育成の心得 佐藤 修一氏(東栄精工 社長)【この人に聞く】

人手不足や採用難で悩む金型メーカーは多い。対応策として海外人材や女性など多様な人材活用の重要性が指摘されている。しかし、そうした人材を生かすには職場の環境や社員の意識を変えるなど簡単ではない。プラスチック金型メーカーの東…

ルアーのプラスチックモデル作った金型メーカー社長【ひと】

マツキ 社長 鈴木 崇嗣さん(41) 昨年、初の自社商品としてルアーのプラスチックモデル「ルアープラモ」を発売した。クラウドファンディングサイトで目標金額の500%超を達成し、現在は全国のホビーショップや釣具店などで販売…

関連サイト