金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

AUGUST

16

新聞購読のお申込み

【インタビュー】ミスミグループ本社 常務執行役員 ID企業体社長・吉田 光伸氏「ものづくりのDXを加速」

ミスミグループ本社(東京都文京区、03- 5805-7050)はこのほど、オンライン機械部品調達サービス「meviy(メビィー)」の新機能をトヨタ自動車と共同で開発した。3DCAD上で設定した部品の穴情報を「meviy」に自動で反映させる機能で、これまでかかっていた手間を削減する。「ユーザーと手を取り合いながら共創し、ものづくりのDX(デジタルトランスフォーメーション)を加速させていきたい」と話す吉田光伸常務に狙いや今後の展開などを聞いた。

ユーザーと共創

よしだ・みつのぶ
1973年生まれ、福井県出身。金沢大学法学部卒業、2008年ミスミ入社、18年ID企業体社長、20年常務執行役員、現在に至る。

今回、共同開発に至った経緯は。

トヨタ自動車は「meviy」を初期の頃から活用してもらっているユーザーの1社。これまでにも同社の要望やアイデアを取り入れて開発を進めてきた。

トヨタ自動車と共同開発する理由とは。

当社は「meviy」によって、ものづくりのDXを目指している。トヨタ自動車も紙図面作成の非効率に着目し、3DCADデータのみで設備設計・加工・組付けを完結させる最先端のものづくりの仕組みを構築してきた。同社のノウハウを取り入れた機能を搭載することで、「meviy」をより多くのユーザーに活用してもらい、製造業全体のDXに貢献できると考えた。

開発した機能とは。

3DCAD上で設定した部品の穴の種類や精度といった情報を「meviy」に自動で反映させる機能だ。「meviy」は板金・切削部品の3DCADデータをアップロードすることで、即時見積もり、発注が可能なサービスだが、ユーザーが3DCAD上で設定した部品の穴情報はアップロードした際に完全には引き継がれず、都度指定し直す必要があった。新機能によって、そうした作業の手間が省け、作業効率を約30%向上させることが可能になった。

なぜ自動で反映させることができるのか。

穴の種類や精度ごとに色属性を設定することで可能にした。設計データ側で設定した色属性から部品の穴情報を自動で認識し、「meviy」に反映させることができる。金型でも面精度や公差などを色で指定してデータをやり取りするが、それと同じようなイメージだ。切削プレートでは色属性はタップ穴の並目と細目、インサート、精度穴の4タイプで設定できる。細かい機能かもしれないが、設計者の作業負担軽減に大きく役立つ機能だと考えている。

今後の展開は。

今回のリリースはあくまで第一弾。今後もトヨタ自動車と共同開発を進め、新しい機能を追加していくつもりだ。

「meviy」は2016年にリリース以来、現在までにユーザー数は6万を超え、アップロードされたデータ数も累計で550万を超えた。しかし、「ものづくりのプラットフォーム」として価値を広げていくためには、さらに進化させていく必要がある。さらなる機能強化や切削と板金以外の加工への対応なども考えている。それにはオープンイノベーションが欠かせない。今後もユーザーと手を取り合いながら共創し、ものづくりのDXを加速させていきたい。

金型新聞 2021年10月10日

関連記事

この人に聞く
パンチ工業 森久保 哲司 社長

ものづくりへの回帰 昨年11月、パンチ工業(東京都品川区、03-6893-8007)の社長に就任した。「ものづくりへの回帰」を掲げ、商品開発や加工技術のレベルアップなどに取り組み、今まで以上にユーザーの要求に応えていく考…

【鳥瞰蟻瞰】ワークス代表取締役・三重野 計滋氏 時代が求める金型づくり

日本の技術力は世界一魅力のある金型を創り連携し海外に売り込もう  国内の需要が縮小し、海外との競争はますます厳しくなり、自動車の電動化が産業構造をも変えかねない状況の中、日本の金型に未来はあるのだろうか。このような悲観論…

【この人に聞く】テクノア社長・山﨑耕治氏「システムにおける中小企業の専門医として導入検討時の不安を取り除く」

 一品一様の世界である金型産業は生産や技術面で人に頼ることが多く、デジタル化が喫緊の課題。そこで生産管理システムで生産性向上や経営のサポートに取り組んでいるのがテクノア(岐阜県岐阜市)だ。金型など中小企業向けで多品種少量…

「金属AMはプロセスの一つ、目的は顧客の課題解決」日本精機常務・松原雅人氏【鳥瞰蟻瞰】

金型メーカーから技術を発信 粉末やレーザーなど、多くの要素を最適に制御しなければいけないため、金属3Dプリンタによる金型づくりは簡単ではありません。また、何でも作れる魔法の杖でもありません。それでも参入したのは、切削加工…

【この人に聞く】トーヨーエイテック 表面処理開発担当役員・山中 敏雄氏「アルミの凝着抑える新被膜 」

トーヨーエイテック(広島県南区、082-252-5212)が今年2月に発表したアルミのプレス金型用DLCコーティング「TOYO Arc‐DLC」。高硬度で強固に密着するため、軟質で融点の低いアルミをプレス加工しても金型に…

関連サイト