金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JULY

19

新聞購読のお申込み

MF-TOKYO2023総集編

MF‐TOKYO2023(第7回プレス・板金・フォーミング展)が7月12~15日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催され、2万8219人が来場した。会場ではプレス機械や金型、周辺メーカーなどが最新の塑性加工技術を披露した。

EV関連技術:モーターコアの生産性向上

EV駆動用モーターコア専用ライン
ステータを3分割で打ち抜き後、溶接したサンプル
カシメレスのモーターコアサンプル

展示で目立ったのが、市場拡大を続ける電気自動車(EV)関連部品の製造技術。アイダエンジニアリングは、EV駆動用モーターコア専用ラインを披露した。プレス機に加え、アンコイラやSループ装置、フィーダー、転積装置、スクラップカッターまで、周辺装置一式を提供。顧客のニーズに合わせ、最適な組み合わせで提案できる。

アマダプレスシステムは、EVモーターコアのステータを3分割で打ち抜く工法を紹介。従来の工法と比べ、歩留まりを34%改善しスクラップも減らせるという。

山田ドビーは、同社のプレス機で加工したハイブリッド車(HEV)用のモーターコアを披露。トヨタ自動車のアクアやヤリスなどで採用されているサンプルを展示した。

三井ハイテックは、カシメレスのモーターコアを展示。カシメ構造を製品以外の箇所に配し、溶接、巻き線などの組立工程後にカシメ部を取り外すことができる。

デジタル技術:金型の状態を可視化

工場にある実機を遠隔操作し、加工実演

デジタル技術に関する展示も注目を集めた。放電精密加工研究所は、工場にある実機を遠隔操作し、金属セパレータの成形加工の実演を披露した。生産現場での省人化に貢献する。

ヤマナカゴーキンは、金型の状態を可視化することで、不良品の流出を防ぐ「スマートダイセット」を展示した。異常を検知するセンサーなどのモニタリング機器の配線をダイセット内に格納。面倒な配線の取り回しと新たな設置スペースを不要とした。

生産効率高める新製品:ワイドボルスタのプレス機

ワイドボルスタの高速精密プレス機
水中切断ファイバーレーザー加工機

また、EV関連やデジタル技術以外でも、展示会で披露した新しい技術や製品が各所で見られた。コマツ産機は、水中切断ファイバーレーザー加工機「TWC510‐1」を紹介した。水中でレーザー光を射出しながら加工することで、火災などの危険を低減。高い安全性に加え、ヒュームも少ないため環境にも優しい。

ニデックドライブテクノロジーは、新製品の高速精密プレス機「SX‐30‐900」を展示した。加圧能力30トン、ボルスタの横幅900ミリメートルで、最大速度は1900SPM(オプション時)を誇る。ワイドボルスタ化によって、生産性をさらに高めた。

金型新聞 2023年8月10日

関連記事

インターモールド 出展者を募集

2022年 大阪・名古屋 インターモールド振興会(大阪市中央区、06-6944-9911)は、2022年の4月に大阪で、7月に名古屋で開催する金型加工技術の展示会・インターモールドの出展者を募集している。 申込の締切りは…

インターモールド2022総集編 -微細精密-

微細精密技術を披露 工具、測定など幅広い製品が揃う EV市場や半導体の需要が拡大する昨今、微細精密加工の重要度が高まっている。今回の展示会では工具、機械に関する様々な製品が披露された。 日進工具は6月に発売する「無限コー…

インターモールド2022総集編 -技能レス-

ソフトや機械が補完 加工前のセッティング、ハンドツールによる磨き、加工誤差の補正―。金型づくりでは今なお様々な場面で高度な技能が必要だ。しかし熟練技能者が少なかったり、若手技術者に指導する時間が無かったり。インターモール…

MF‐TOKYO2021Online 11月29日~12月3日に開催

次代の鍛圧塑性加工技術 プレス機械や板金機械などが一堂に会する鍛圧塑性加工技術の専門見本市「MF‐TOKYO2021 プレス・板金・フォーミング展 Online」が11月29日㈪10時から12月3日㈮18時まで、オンライ…

TCTJapan2021 閉幕、セミナーアーカイブ配信

金属造形機の最新機もウェブで  最新の3Dプリンティングやアディティブマニファクチャリング(AM)関連技術が一堂に介する「TCT Japan2021」(主催JTBコミュニケーションデザイン/Rapid News Publ…

関連サイト