2017年9月21日(木)

2月の金型生産実績

前年同月比 5.7%増の361億1,900万円

プレス型は9.5%増、プラ型は2.7%増

金型生産10年の推移 金型生産1年の推移16年2月〜

 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2017年2月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)16%減の4万3,086組、重量では5.2%減の1万3,369㌧、金額は5.7%増の361億1,900万円となった。

 型別の生産実績は次のとおり

 プレス型は数量7.5%増10,369組、重量8.5%減の7,573㌧、金額9.5%増の145億9,200万円。鍛造型は数量26.9%減の9,119組、重量6.8%増の860㌧、金額7.1%減の25億3,300万円。鋳造型は数量2.2%増の423組、重量27.4%減の312㌧、金額15.3%増の6億8,600万円。ダイカスト型は数量1.3%増の836組、重量7.8%増の1,844㌧、金額9.9%増の47億5,100万円。

 プラスチック型は数量29.6%増の3,768組、重量10.1%減の2,515㌧、金額2.7%増の120億1,100万円。ガラス型は数量32.8%減の1万2,302組、重量10.8%減の107㌧、金額3.5%増の2億3,600万円。ゴム型は数量1.7%増の1,335組、重量5.3%増の120㌧、金額7.3%増の8億400万円。粉末冶金型は数量8.6%減の4,934組、重量9.5%減の38㌧、金額5.9%減の5億600万円。
 

内製型は15.3%増の109億4,600万円

 自家使用分(内製型)は数量が前年同月比19.3%増の7,891組、金額は前年同月比15.3%増の109億4,600万円となった。

 プレス型=数量2,913組(同37.9%増)、金額42億2,500万円(17.3%増)。鍛造型=2,901組(同7.8%増)、金額12億5,000万円(4.9%増)。鋳造型=数量49組(同2%増)、金額1億6,000万円(同15.9%増)。ダイカスト型=数量177組(8.3%減)、金額14億7,900万円(9.6%減)。

 プラスチック型=数量621組(26.2%増)、金額35億500万円(31.7%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量219組(2.8%増)、金額2億8,100万円(同24.9%増)。粉末冶金型=数量1,011組(17.3%増)、金額4,600万円(同21.1%増)。

金型新聞 平成29年(2017年)5月12日号

[ 統計データ(金型新聞) ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

金型工場にIoT化の波<br>稼働状況などを監視

金型工場にIoT化の波
稼働状況などを監視

生産効率向上に活用  金型製造現場をIoT(モノのインターネット)化する動きが出始めている。マシニングセンタ(MC)や放電加工機など生産設備の新旧やメーカーを問わずに、それらの機械情報を取得し、クラウド上で分析できるシス […]

伊勢金型工業と名古屋精密金型が技術提携を締結<br>海外含む協力体制構築

伊勢金型工業と名古屋精密金型が技術提携を締結
海外含む協力体制構築

 プラスチック金型を製造する伊勢金型工業(三重県伊勢市)と名古屋精密金型(愛知県知多郡)は今春、技術提携を結んだ。海外を含む遠隔地に輸出した金型の修理やメンテナンスなど互いの工場を活用することや工場内の取り組み、人材育成 […]

日本金型工業会 金型マスター制度発足<br> “世界”との差別化図る

日本金型工業会 金型マスター制度発足
“世界”との差別化図る

 日本金型工業会は日本の金型メーカーが作る高品質な金型を世界へ発信し差別化を図る「金型マスター認定制度」を発足させた。今年で設立60周年を迎える同工業会の記念事業として会員企業から金型製造経験10年以上の推薦者(受講者) […]

トピックス

関連サイト