2017年5月30日(火)

2月の金型生産実績

前年同月比 5.7%増の361億1,900万円

プレス型は9.5%増、プラ型は2.7%増

金型生産10年の推移 金型生産1年の推移16年2月〜

 日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2017年2月の金型生産実績をまとめた。それによると数量は、前年同月比(増減比はいずれも前年同月比)16%減の4万3,086組、重量では5.2%減の1万3,369㌧、金額は5.7%増の361億1,900万円となった。

 型別の生産実績は次のとおり

 プレス型は数量7.5%増10,369組、重量8.5%減の7,573㌧、金額9.5%増の145億9,200万円。鍛造型は数量26.9%減の9,119組、重量6.8%増の860㌧、金額7.1%減の25億3,300万円。鋳造型は数量2.2%増の423組、重量27.4%減の312㌧、金額15.3%増の6億8,600万円。ダイカスト型は数量1.3%増の836組、重量7.8%増の1,844㌧、金額9.9%増の47億5,100万円。

 プラスチック型は数量29.6%増の3,768組、重量10.1%減の2,515㌧、金額2.7%増の120億1,100万円。ガラス型は数量32.8%減の1万2,302組、重量10.8%減の107㌧、金額3.5%増の2億3,600万円。ゴム型は数量1.7%増の1,335組、重量5.3%増の120㌧、金額7.3%増の8億400万円。粉末冶金型は数量8.6%減の4,934組、重量9.5%減の38㌧、金額5.9%減の5億600万円。
 

内製型は15.3%増の109億4,600万円

 自家使用分(内製型)は数量が前年同月比19.3%増の7,891組、金額は前年同月比15.3%増の109億4,600万円となった。

 プレス型=数量2,913組(同37.9%増)、金額42億2,500万円(17.3%増)。鍛造型=2,901組(同7.8%増)、金額12億5,000万円(4.9%増)。鋳造型=数量49組(同2%増)、金額1億6,000万円(同15.9%増)。ダイカスト型=数量177組(8.3%減)、金額14億7,900万円(9.6%減)。

 プラスチック型=数量621組(26.2%増)、金額35億500万円(31.7%増)。ガラス型=数量(―)、金額=(―)。ゴム型=数量219組(2.8%増)、金額2億8,100万円(同24.9%増)。粉末冶金型=数量1,011組(17.3%増)、金額4,600万円(同21.1%増)。

金型新聞 平成29年(2017年)5月12日号

[ 統計データ(金型新聞) ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

NEDO 今西大介氏に聞く<br>自動車部品の行方

NEDO 今西大介氏に聞く
自動車部品の行方

 ハイテン、アルミ、CFRP  マルチマテリアル化が加速  燃費規制が自動車の軽量化を加速させている。それに伴い、アルミやハイテン材(高張力鋼板)、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)など素材の開発も進む。金型づくりにど […]

オギハラ 長谷川 和夫 社長<br>〜新素材の金型に挑む〜

オギハラ 長谷川 和夫 社長
〜新素材の金型に挑む〜

いかにトライ数を減らすか ―アルミ材用金型に取り組んだきっかけは。  「1988年にホンダのNSXに関わったのがきっかけ。オールアルミボディを採用した自動車で、当社では一部の金型を手掛け、量産はほぼ全てのアルミ部品の生産 […]

インターモールド2017 総集編<br>金型技術に新潮流

インターモールド2017 総集編
金型技術に新潮流

微細、5軸、IoT、自動化  東京ビッグサイトを舞台に開かれた金型加工技術展「インターモールド2017」(4月12~15日)。5軸加工や自動化、IoTなど金型の生産効率や品質を高める新たな技術が続々と登場した。金型づくり […]

トピックス

関連サイト