機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

OCTOBER

25

新聞購読のお申込み

エムアイモルデ
デザイナーと協業してオリジナルロボを製品化

エムアイモルデ オリジナルロボ プラスチック金型メーカーのエムアイモルデ(静岡県富士市、0545・38・1142、宮城島俊之社長)はガレージキットのデザイナーと協業で、オリジナルロボットのプラモデルキットを作るプロジェクトを進めている。金型技術を活かし、製品販売までを手掛けることで、新事業として確立させる考えだ。

 プロジェクトを共同で進めるのは、ガレージキットの制作から販売までを手掛ける西沢弘宜氏。同氏が製作したガレージキットロボット「Ⅳ号人型重機」(写真)を、エムアイモルデが製造する金型を使い、量産化する計画だ。この事業に合わせて成形機も導入した。

 金型費などは自己資金に加え、クラウドファンディングを活用し、資金調達する。協賛した個人への返礼のほかに、大きくは2つの企業向けパッケージをラインアップした。まず、1つ目が個人支援者向けキット(箱・説明書)に企業ロゴや企業名を印刷するというもの。キットに同封されるデカール(シール)にも企業ロゴを貼付する。約500個のキットに採用され、300人以上の支援者の手に渡る予定だ。支援金は50万円。2つ目が、企業専用キットの製作。主にノベルティや広告宣伝の一環として支援企業のコーポレートカラーなどの希望色を採用した専用プラキットを製作する。加えて専用パッケージや専用説明書を製作する。50万円の支援で100個から対応し、金額に応じて製作数量も柔軟に対応する。

 また、同プロジェクトが特徴的なのは、販路の確保や露出を高めるなどマーケティング戦略も同時に進めていることだ。すでに様々なイベントへの出展の他に、複数のおもちゃ問屋や秋葉原などの店舗など販売チャネルも構築中だという。

 将来的には、西沢氏だけでなく、多くのクリエーターやデザイナーに対し、量産から販売までを支援したり、企業の販促物の制作を請け負ったりするなどして、2020年の事業化を目指す。

 宮城島社長は「金型技術を活かし、才能と熱意あるクリエーターに向けて何ができるのか。日本の金型メーカーの可能性の一つとして挑戦をしたい」と話している。

 詳細や質問などはクラウドファンディングのページ(https://camp-fire.jp/updates/view/44190)で受け付けている。

金型新聞 平成30年(2018年)1月10日号

関連記事

イワタツール タブレットで技術支援

イワタツール タブレットで技術支援

Youtubeなど情報発信  トグロンハードドリルなど高硬度材穴加工用工具で有名なイワタツール(名古屋市守山区、052−739-1090)は新型コロナウイルスの影響でユーザーへの技術支援が難しくなったことに対し、タブレッ…

【この人に聞く】アイセル社長・望月貴司氏 「面白い企業だと感じてもらえる環境をつくる」

リブランディングを実施 アイセル(大阪市中央区)はこのほど、リブランディングを実施し、企業イメージの刷新を図った。企業ロゴの変更やアイコンの作成、製品のデザインの統一といった対外的な部分での変更に加え、社内では改めてミッ…

φ0.1の4枚刃ラジアス
日進工具

無限コーティングプレミアムロングネックラジアスエンドミル 日進工具の公式製品紹介は、こちらから 現場の課題  精密金型の微細形状を直彫り加工する際、加工精度は高レベルで保ちながら、加工能率も高めたいというニーズが多い。そ…

日本金型工業会中部支部 金型技術ウェブで発表会

日本金型工業会中部支部 金型技術ウェブで発表会

 日本金型工業会中部支部は2月4日、ウェブ方式で「金型関連技術発表・特別講演会」を開催する。「金型産業におけるデジタル化/DXとは」や「欧米の金型産業の現状と今後及びWithコロナ」をテーマにした特別講演のほか、3社の機…

ソディック 未消耗の面で加工、高品位に

ワイヤ回転機構を搭載  ソディックは、世界で初めてワイヤ回転機構を搭載したワイヤ放電加工機「ALアイグルーブエディション」を開発した。  ワイヤを回転させながら加工することで、高精度で高品位な面が得られる。段差加工を簡単…

トピックス

関連サイト