2019年2月16日(土)

プレス型の生産を革新
オークマ
5面加工門形MC「MCR−S(Super)」

レーザで熱処理や肉盛りも

 オークマは、高速・高精度・高面品位加工を実現する5面加工門形マシニングセンタ 「MCR‐S(Super)」(写真)を開発し注目を集めている。自動車用プレス金型加工において、高い形状精度と加工面品位を維持しながら高速連続切削送りを実現し、加工時間を25%短縮する。フライス加工の切削量710㎤/分と重切削にも対応。「サーボナビ」を搭載し、加工物の重量に合わせてテーブル加速度を自律的に最大化する。

 NC制御技術「Hyper‐Surface」は、加工面不良につながる加工プログラムの乱れを自動補整し、加工面に筋目や縞模様がない高面品位加工を実現する。

 長時間連続加工においても安定した高精度加工が可能で、凸凹金型合わせ時間を大幅削減する。

 工具の割出角度に合わせてセンサが旋回し、精密な撮像で刃先位置を高精度に計測する「旋回式撮像センサ」により、工具の割出角度が異なる加工エリア間の段差は10μm以下(従来機比1/2)。撮像画像の記録によりトレーサビリティを確保し、工具状態の管理を容易にする。

 そして、特筆すべきは、レーザユニット搭載により、プレス金型の熱処理と肉盛り補修を機上で実現すること。プレス金型の熱処理と肉盛り補修を機上で実現金型の載せ替えなしで、段取り作業と次工程待ちの時間を大幅短縮する。一週間以上要する社外での焼入れ工程、補修工程を一台の機械に集約する。レーザ精密焼入れとLMD方式の金属積層造形の両方に対応している。

金型新聞2019年1月10日号

[ 技術 ][ 製品紹介 ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

挑む金型新時代<br>日本金型工業会 会長 小出悟氏

挑む金型新時代
日本金型工業会 会長 小出悟氏

次代を担う人財作り 金型マスターが道開く  平成31年の新年を迎えるにあたり、会員の皆様を始め関連官公庁、関連団体の皆々様に謹んで新春のお喜びを申し上げます。  日本の経済はリーマンショック後10年を過ごし、それ以前の水 […]

県内の10校が参加<br>岐阜県金型工業組合 工業高校生金型コンテスト

県内の10校が参加
岐阜県金型工業組合 工業高校生金型コンテスト

人材の定着を促進  岐阜県内の工業高校生を対象にした第3回工業高校生金型コンテストが12月8日、岐阜県立国際たくみアカデミー(岐阜県美濃加茂市)で開かれ、県内10校、関係者も含め約90人が参加した。 可児工業と高山工業が […]

金型メーカー新春座談会(第1部)<br>5氏が語る〜地平拓く人材〜

金型メーカー新春座談会(第1部)
5氏が語る〜地平拓く人材〜

経営支える中核人材を  金型メーカーを取材すると必ずと言っていいほど話題になるのが人材育成の苦労や確保の難しさ。少子高齢化に伴う人材不足に加え、金型づくりで求められる人材像が変わってきていることも大きな理由だ。そこで、今 […]

トピックス

関連サイト