機械や工具の最新情報など金型業界の今をお届けする「金型しんぶんONLINE」

search menu

MAY

18

新聞購読のお申込み

マシンツールフェア 2月7・8日に開催
三菱重工工作機械

JIMTOF出品機を披露

 三菱重工工作機械(滋賀県栗東市)は、2月7日(木)・8日(金)の2日間、同社本社工場で「マシンツールフェア」を開催する。

 昨年11月に東京ビッグサイトで開催されたJIMTOF2018に出展し、注目を集めた大形高精度加工機「MVR・FX」のほか、精密加工機「μV5」、超精密加工機「μV1」等の最新鋭機やサービスを紹介する。

加工実演も(写真は前回)

 「MVR・FX」は、段差ゼロ・形状誤差ゼロ・手仕上ゼロを目指し、“ゼロへの挑戦”をコンセプトとし、金型の加工面品位向上・納期短縮を実現する。会場では実演も行う。主軸同様の冷却機構を採用したユニバーサルヘッドや撮像式工具刃先位置測定システムも見逃せない。

 「μV5」「μV1」は、高精度化する金型加工・部品加工を強力にサポートする。

 開催両日とも、11時から技術セミナーも予定している。

 詳細・申し込みは同社Webサイト、または最寄りの営業拠点まで。

金型新聞2019年1月10日号

関連記事

この人に聞く
ヨロズ 志藤 昭彦会長

 サスペンションやリヤビームなど自動車用プレス部品を手掛けるヨロズは2023年をめどに、プレス金型の生産能力を年1600型から2400型の1.5倍に引き上げる。生産増強に合わせて、金型を中心に生産設備の外販を始める一方、…

がんばれ!日本の金型産業特集 <br> 名神精工 入野 晃一 社長

がんばれ!日本の金型産業特集
名神精工 入野 晃一 社長

面白い金型(もの)を考えられる企業に 商品化まで可能な金型企業を目指す  「これからは自分たちで考えて金型を作っていかないと海外との競争には勝てない」と警鐘を鳴らす入野晃一社長は5年前にアイフォーンケースの自社商品化を目…

自動で空間誤差を補正
三菱重工工作機械

金型クリアランス 調整が不要に  三菱重工工作機械が大形高精度加工機「MVR・Fx」に搭載できる「空間誤差補正システム」が注目を集めている。経年変化や環境温度変化で生じるXYZ位置の空間誤差を自動的に検知し校正するもので…

–日本の金型の強さとは–
日本金型工業会 小出 悟会長(小出製作所)

天性の細やかさ数値で語る力が必要  経済産業省の工業統計によると、2018年の日本の金型生産額は1兆4752億円。生産量こそ中国に抜かれて久しいが、新素材の登場や部品の複合化、微細化が進み、依然として日本の高度な金型技術…

スペシャリスト
シブヤハイテクノ 渋谷公良 社長

 自らの強みを活かし、他分野に事業を広げていくことは経営においては常套(じょうとう)手段だ。シブヤハイテクノは創業以来、磨き続けてきた放電技術を武器に、この戦略を地で行く。形彫りやワイヤ放電の受託加工から始め、電極や、金…

トピックス

関連サイト
一般社団法人日本工作機械工業会
日本機械工具工業会
一般社団法人日本工作機器工業会
日本精密測定機器工業会
日本光学測定機工業会
全国作業工具工業組合
日本精密機械工業会
日本工作機械輸入協会 jmtia
日本金型工業会 jmtia