2020年7月8日(水)

刃先交換式工具を拡充
MOLDINO

荒、仕上げ用など3製品

ASPVmini

 MOLDINO(東京都墨田区、03-6890-5101)はこのほど、刃先交換式工具シリーズから高送りラジアスミルなど3製品を発売した。製品ラインアップを拡充し、金型加工の多様なニーズに対応する。

 今回発売するのは、荒加工用の高送りラジアスミル「TR4F形」、荒~中仕上げ加工用のアルファボールエンドミル 「BR2P形」、仕上げ加工用のアルファポリッシュミルVタイプ「ASPVmini形」の3製品。

TR4F

 「TR4F形」は、片面4コーナー仕様。独自のインサートやボディ形状によって、剛性や切りくず排出性を向上させ、一刃当たりの送り量2㎜を超える高能率荒加工が可能になった。幅広い型種の加工に使用できる。

 「BR2P形」は、金型形状部の加工や肉盛り溶接部の加工などに適した工具。ねじれ切れ刃形状を採用し、ビビリ振動を抑制することで工具寿命を改善する。また、インサートの親刃・子刃を一体化。親子2種類のインサートが必要だった従来品に比べ、工具管理が容易になった。

BR2P

 一方、「ASPVmini形」は、金型構造部の立壁、底面の仕上げ加工に使用できる。研ぎ付けブレーカを採用し、高い加工寸法精度を維持する。また、小径多刃仕様で高能率加工が可能、ソリッドエンドミルから置き換えることができる。

 同社は今年4月、社名を「三菱日立ツール」から「MOLDINO(モルディノ)」に変更した。「金型に特化した製品を拡充し、金型現場の加工課題を解決していきたい」(広報担当者)としている。

金型新聞 2020年6月4日

[ 技術 ][ 製品紹介 ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

情報動画サイトを開設<br>ナガセインテグレックス

情報動画サイトを開設
ナガセインテグレックス

 ナガセインテグレックスは、研削加工で知っておくと得する耳寄りな情報を紹介する動画サイトを、同社ホームページ上に7月1日から立ち上げた。  今回は、「耳寄りお役立ち情報 その1」として、砥石の動バランスを自動測定するバラ […]

展示会サイトを開設<br>三菱重工工作機械

展示会サイトを開設
三菱重工工作機械

 三菱重工工作機械は、小型から大型まで様々な金型加工をサポートする同社の加工機や技術をオンラインで提案する「INTERMOLD2020 ONLINE」サイト(クリックで移動)を7月1日から同社ホームページ上に開設した。 […]

特集〜世界の需要どう取り込む〜
金型のサムライ世界で挑む –欧州–

 新天地を求めて、世界に進出していった日本の金型メーカーは、何を考え、どんな苦労や課題を乗り越えて、取り組みを進めてきたのか。また、さらなる成長に向け、どんな青写真を描いているのか。中国、タイ、メキシコ、アメリカ、欧州そ […]

トピックス

関連サイト