金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JULY

19

新聞購読のお申込み

ヘキサゴン・メトロジー 使い分け可能なスキャナ

測定アームとレーザートラッカー

ヘキサゴン・メトロジー(神奈川県相模原市、042-700-3500)はこのほど、高精度スキャナ「Absolute Scanner AS1」を発売した。再校正の必要なく、測定アームとレーザートラッカーの両方で使用でき、小型から大型まで幅広いワークに対応する。

高分解能の青色レーザ・ライン・スキャナを採用。最大スキャン幅150㎜で、最大毎秒120万点の測定データが取得でき、高速、高精度測定を可能にした。また、「SHINEインテリジェント自動露光調整機能」を搭載し、様々な表面素性に対応する。

同社製「Absolute Arm7軸システム」と組み合わせることで、アーム型測定器として使用できる。最大30mの測定距離で50μm以内のスキャン精度を実現する。また、トラッカー用のスキャナポジショナ「AP21」と組み合わせることで、レーザートラッカーとしても使用可能。ロボットに「AP21」を取り付け、自動化を図ることもできる。

金型新聞 2021年7月10日

関連記事

日本精機とソディック ダイカスト金型向けの大型金属3Dプリンタを共同開発

ダイカスト金型メーカーの日本精機(名古屋市守山区、052・736・0611)とソディックは技術提携し、ダイカスト金型向けの大型金属3Dプリンタを共同で開発する。金型向けの金属3Dプリンタを手掛けるソディックと、プリンタで…

ワンパスでミリ単位の加工が可能な研削技術【金型テクノラボ】

精密金型の製造では、エンドミルでの切削やワイヤー放電加工の後に成型研削を行うのが一般的。しかし、研削量が少なく加工に時間がかかるのが課題だった。本稿では、ワンパスでミリ単位の材料除去を可能とする「クリープフィード研削技術…

CGTech ベリカットの新版

CGTech ベリカットの新版

AIでNCプログラムの最適化さらに早く CGTech(東京都豊島区、03-5911-4688)はこのほど、NCプログラムで切削加工のシミュレーションを行う「ベリカット」の新版「9.1」を発売した。 今回のバージョンアップ…

OKK 立型MC「VMR」をモデルチェンジ

リードタイム短縮・ 操作性や剛性を向上 OKK(兵庫県伊丹市、072-782-5121)は主力の立型マシニングセンタ「VMRシリーズ」をモデルチェンジした。モジュール(機械構成要素)として生産できるように設計レベルから見…

ウシオライティング 4台のカメラで金型監視

成形トラブルを防ぐ ウシオライティング(東京都中央区、03-3552-8261)はこのほど、4台のカメラで金型を監視できる「PLUS‐E(プラスイー)PE‐700」の販売を開始した。射出やダイカスト成形を高精細に監視し、…

関連サイト