金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

APRIL

17

新聞購読のお申込み

【この人に聞く】マーポス、マルコ・ゾーリ社長

 今年、日本法人設立50周年を迎えたマーポス(東京都大田区、03 -3772-7011)。精密計測機器を手掛け、特に金型分野ではタッチプローブやレーザーによる工具やワークの計測などで、日本の金型づくりを支えてきた。近年は製品ラインアップを拡充し、計測だけでなくIoTや検査分野でのソリューションも提供する。マルコ・ゾーリ社長に今後の展開や金型業界への提案などを聞いた。

 1971年生まれ、イタリア出身。96年ボローニャ大学電気工学科を卒業し、98年マーポス(イタリア)研究開発部門に入社。2002年日本法人テクニカルアドバイザー、09年韓国法人社長、15年日本法人社長に就任。現在に至る。

計測+IoTや検査も

日本法人が今年で50周年を迎えました。

 マーポスは1952年、イタリア・ボローニャで工作機械用インプロセスゲージメーカーとして創業した。60~70年代、「ユーザーの近くでサービスを提供する」という理念のもと、拠点のグローバル化を進め、70年にアジア最初の拠点として日本法人が設立された。

金型分野では、タッチプローブが工具やワークを計測する装置として広く活用されています。

90年代にマシニングセンタ用タッチプローブを開発し、金型業界にも提案できるソリューションを持つようになった。さらに2000年以降、M&Aを積極的に行い、様々な技術を社内に取り込んでいる。特に工作機械では、カメラやレーザーなどを活用した非接触式が、社内と外部の技術を融合して開発され、特に力を入れている。

M&Aを通じ、IoTや検査分野にも製品群を拡大しています。

 10年代に入り、経営戦略のテーマに「成長と多様化」を掲げた。製品や産業を多様化させ、提案の幅を広げている。金型分野では、材料検査から金型加工・成形のモニタリング、品質保証、検査まで全ての工程でソリューションを提供できる企業を目指している。

金型づくりの課題を解決

具体的には。

 金型分野は「金型をつくる」と「金型を使う」という2つに分けられると考えている。「金型をつくる」では、これまでのプローブに加え、加工状況をモニタリングするシステム「アーティス」や、微細な工具の形状をCCDカメラで計測する「VTS」などを提供し、より高精度、高精密な加工の実現に貢献する。一方、「金型を使う」では、プレス加工の状況を監視して金型の異常を検知する「ブランカンプ」や、サーモグラフィによって金型の温度を監視しダイカストの不良を抑制する「TTV」などを揃えている。

 また、あらゆる機械の工程データを保存、解析できるデータ管理システムも揃えている。トレーサビリティの確保や、内部分析、改善策の検討に貢献することが可能だ。

自動車の電動化によって、計測への需要も変化すると思います。

 当社は需要増加が予測される自動車の電動化へのソリューションも持っている。燃料電池のリークテストやモータの電気パラメータ検査装置などを提案していきたい。

将来に向けた今後の展開を教えてください。

 当社はこれまで多くの技術を蓄積してきた。今後もイタリアと日本の力を合わせ、より良いソリューションを提供していきたい。中でも金型メーカーには、当社にどんどん課題を投げかけてほしい。解決できるものを持っていると思う。昨年リニューアルした日本本社のショールームには新技術を使用した精密測定機・検査装置を多数展示している。今後はウエブセミナーの実施も検討中だ。最新技術や情報を発信し、日本の金型づくりに貢献していきたい。

金型新聞 2020年7月1日

関連記事

金型取引改善分科会会長 渡辺隆範氏に聞く 金型業界で足並みそろえ、値上げを実現【特集:どうする値上げ】

業界の弱体化は顧客にマイナス ユーザーと金型メーカーはどちらかが欠けても成り立たない「イコールパートナー」だと訴えてきました。我々の事業を安定させるためにも、値上げは粘り強く要求していくべきで、そのためには足並みをそろえ…

静岡理工科大学 理工学部機械工学科 教授
後藤 昭弘氏 〜鳥瞰蟻瞰〜

大学を上手く活用し、技術開発につなげる場に 強み見つけ、競争力を強化  金型は集積技術です。機械加工や表面処理、材料、最近ではITなど、色々な技術が上手く組み合わさることによって、はじめて良い金型が出来上がる。大学では、…

【金型応援隊】ミサト技研 熟練した技術と知見による磨き

高品質な鏡面磨き ミサト技研はプラスチック金型やダイカスト金型、機械部品などの鏡面磨きを手掛けている。「納期に遅れず、顧客が希望する品質に応えることができる」(牧野聖司社長)と強調するように、熟練した技術と知見による高品…

この人に聞く
DMG森精機 森 雅彦社長

 金型の大型化ニーズが進んでいる。電気自動車の開発や環境規制により車の軽量化を図るため、大型部品のアルミ化や樹脂化、超高張力鋼板の採用が増加しているからだ。工作機械メーカーの中でも、金型の動向から大型加工機に注力し始めて…

切削加工の領域を拡大 矢野雄介氏 (碌々スマートテクノロジー社長)【この人に聞く】

微細加工機メーカーの碌々スマートテクノロジー(東京都港区、03・3447・3421)は昨年、「碌々産業」から社名を変更した。創立120周年を迎え、これまで標榜してきた「微細加工機のリーディングカンパニーへ」から「微細加工…

関連サイト