金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

25

新聞購読のお申込み

TCTJapan2022 最新のAM関連技術が一堂

1月26~28日、東京ビッグサイトで

前回展の様子

リアルとウェブで開催

最新の3Dプリンティングやアディティブマニファクチャリング(AM)関連技術が一堂に会する「TCTJapan2022」が1月26日~28日の3日間、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催される。主催はJTBコミュニケーションデザイン/Rapid News Publications(英)。3Dプリンタや材料、ソフトウェアメーカーなどが出展し、最新技術を披露する。来場者は3万人を見込む。

同展は造形技術に加え、設計や磨き、機械加工などの前後工程も含めた3Dプリンティング/AM技術の総合展。4回目となる今回は前回展の2倍となる60社が出展し、3Dプリンタや材料、ソフトウェアなど約150件の製品・技術が披露される。

日本電子(東京都昭島市)が新製品の電子ビーム金属3Dプリンタの実機を展示する他、国内初出展となる海外3DプリンタメーカーのCubicure社(オーストリア)とBLT社(中国)が国内代理店と共同で出展する。その他、設計や製造を支援するソフトウェアなども展示される予定。

前回展に続き、リアルとオンラインのハイブリッド開催。すでにオンライン展示は開催されており、公式ウェブサイト上で製品資料や動画の閲覧、出展者への問い合わせなどが可能となっている。

セミナーやカンファレンスなどの併催企画も充実させた。カンファレンスでは15人を超える有識者がAM関連の市場動向や応用事例、研究開発事例などをテーマに講演を行う。また、金型メーカーの日本精機(名古屋市守山区)と3DプリンタメーカーのGEアディティブによる「金型のリーディングカンパニーが挑むアディティブ製造による革新」をテーマとした講演も開かれる。その他、19の出展者によるセミナーも予定している。

表面技術の専門展「SURTECH2022(表面技術要素展)」やナノ技術の専門展「nano tech 2022(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議」なども同時開催される。入場料は無料(ウェブ来場登録制)。問い合わせは事務局(03-5657-0765)まで。

金型新聞 2022年1月10日

関連記事

インターモールド・オンライン展開催<br>9月23日 から3カ月

インターモールド・オンライン展開催
9月23日 から3カ月

400社が最新の金型加工技術 セミナー、チャット商談も  コロナ禍で開催中止となった「インターモールド」(主催:日本金型工業会)がオンライン展を開催する。出展予定だった企業・団体が、特設サイトで最新の金型加工技術を披露す…

「型技術者会議」が6月23、24日に太田区産業プラザで開催

型技術協会は6月23、24日、「型技術者会議2022」を大田区産業プラザPiO(東京都大田区)で開催する。事前申し込み制で、申し込み締め切りは6月6日まで。参加費(講演聴講)は主催・協賛団体会員が1万1000円、一般が2…

出展者募集 締切迫る!
TOKYO PACK2021

万全!新型コロナウイルス対策  国際総合包装展TOKYO PACK2021(2021東京国際包装展・主催:日本包装技術協会)の出展募集締切が、いよいよ8月31日㈪に迫った。申込みは「注目され好調です」。  開催は、来年2…

インターモールド2022 4月20~23日にインテックス大阪で開催

最新の金型加工技術 第33回金型加工技術展「インターモールド2022」(主催:日本金型工業会)が4月20~23日、インテックス大阪(大阪市住之江区)で開催される。 インターモールドは国内最大の金型加工技術の総合展示会。一…

日本金型工業会 2月17日金型シンポジウムin関西

CNなどテーマに講演やパネルディスカッション 第6回金型シンポジウムin関西(主催:日本金型工業会)の詳細が明らかになった。 同シンポジウムは、「新たな社会環境・新たなステージ・新たな価値を創造 関西からの発信」をテーマ…

関連サイト