金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

MAY

21

新聞購読のお申込み

金型2月生産実績 前年同月比4.8%増の268億2,000万円

プレス型は19.5%増、プラ型は7.7%減

詳細は表をクリック
詳細はグラフをクリック
詳細はグラフをクリック

2022年2月の金型生産は、前年同月比4.8%増の268億2,000万円となった。前月比では0.4%の微減。数量は前年同月比1.9%減だが、前月比では15.3%増と大きく増え4万32組、重量は前年同月比23.9%増、前月比では15.2%減の1万1,757トンとなった。

プレス用金型の金額は116億5,300万円で前年同月比19.5%増と前月に続き大きく伸びた。前月比では2.6%の減少となった。数量も前年同月比で7.0%増、重量ベースでは同52.4%増と大きく昨年を上回った。大型金型が増えたと想像できる。

プラスチック用金型は、金額が85億9,900万円で、前年同月比で7.7%減、前月比では4.1%減となった。数量は前年同月比11.1%減(前月比では9.5%の減少)、重量は同19.4%減(前月比では23.4%の減)と前月に続き苦戦した。

鋳造用金型は前年同月比26.2%増の4億9,200万円と大幅に増加。粉末冶金用金型も同23.4%増の5億4800万円と前月に続き大きく増えた。ゴム用金型も同5.9%増の6億1,200万円となった。一方、ダイカスト用金型は同2.1%減の30億9,900万円、鍛造用金型も、同5.8%減の16億800万円と前月をわずかに上回ったものの前年同月比では減少。ガラス用金型も同8.7%減の2億1,100万円と減少した。

金型新聞 2022年5月10日

関連記事

2月の金型生産実績

2月の金型生産実績

前年同月比 5.7%増の361億1,900万円 プレス型は9.5%増、プラ型は2.7%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2017年2月の金型生産実績をまとめた。それに…

新金型産業ビジョン<br>6つのテーマから金型業界の未来を考える

新金型産業ビジョン
6つのテーマから金型業界の未来を考える

逆境乗り越え、攻め 需要の国内回帰広がる  厳しい経営環境が続いてきた日本の金型業界。 しかし、 ここに来て円安によるユーザーの国内回帰や、一部で需給バランスが改善するなど、好転の兆しも見え始めた。 過酷な時期を乗り越え…

ー今年を振り返ってー<br>金型の国内回帰強まる

ー今年を振り返ってー
金型の国内回帰強まる

円安が後押し 海外との住み分け明確に  金型業界は回復を続けている。2015年の1―9月累計の金型生産額は前年同期比で9・3%増の2865億円となった。まだリーマンショック前のピークに比べ8割弱の水準だが、金型メーカーが…

2021年の金型生産額 20年比3.9%減の3443億7900万円

鍛造やダイカストは回復 経済産業省が発表した機械統計によると、2021年の金型生産額は3.9%減の3443億7900万円だった。4年連続で前年を下回った。 8型種のうち鍛造型やダイカスト型などの3型種で回復したが、プレス…

【金型生産実績】前年同月比 16.6%減の302億9,100万円

プレス型は45.1%減、プラ型は5.5%減 2021年10月の金型生産は、前年同月比16.6%増の302億9,100万円となった。前月比では3.3%減。数量は前年同月比10.5%減で、前月比でも5.5%減の3万7,233…

関連サイト