金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

23

新聞購読のお申込み

「顧客の課題をもっと聞きたい 専門部署を設立」牧野フライス製作所社長・宮崎正太郎氏【この人に聞く】

牧野フライス製作所は今年4月、6年ぶりに社長交代を発表した。6月に新社長に就いた宮崎正太郎氏は、就任後わずか3か月で増産体制の強化や開発テーマの絞り込みなどを相次いで発表。さらに、顧客の課題を聞くための部署を新設するなど改革を進める。打ち出した施策はいずれも顧客の声をより深く聞くためだ。「お客様の課題をもっと聞く必要がある」と話す、宮崎社長に今後の方針などを聞いた。

増産や開発体制強化

みやざき・しょうたろう
1986年牧野フライス製作所入社。95年からドイツで金型向けのテクニカルセンターの開設に尽力した後、中国を担当するなど、海外畑一筋。慶應義塾大学経済学部卒、東京都出身、60歳。

就任後、真っ先に表明したことは何でしょうか。

「お客様の苦情や困りごとをもっと聞きましょう」ということ。我々はお客様の困りごとを聞き、それに対応する機械を迅速に作り、お客様に儲けて頂くことで成長してきた。それを徹底していく。

具体的には。

まずその一つとして、組織を生産、開発、営業、スタッフ部門の4つにシンプルに再編した。お客様から見てわかり易いのはもちろん、社内でも自らの責任と権限を明確にさせるためだ。

足元の困りごとは納期の長期化です。

就任後すぐに増産の号令をかけた。ロットの見直しなどを徹底し、下期には、1割ほど増産できる見通しだ。今の体制でもっと工夫すれば2割程度までなら増産できる。それでも足りないので、海外工場の立ち上げや、子会社を有効活用するなどして増産に対応する。

開発面はどうでしょう。

集中と選択を行い、開発スピードを上げる。長期的な視点に立った開発も重要だが、お客様は「すぐに使える」ものを求めている。年度内に複数の新製品を出す予定だ。

今秋にはJIMTOFもあります。

5軸を中心にラインアップを強化する。「DAシリーズ」ほか、バンパーなど大型金型向けの5軸機も展示する。金型向けでは「Vシリーズ」の後継機の開発も課題だと思っている。詳細はこれからだが、お客様が独自性を活かし、ご自身で付加価値を創出できるような機械を考えているところだ。また機械だけでなく、その先にあるお客様の課題にも目を向けたい。

どういうことでしょう。

技能の継承で悩んでいる金型メーカーは多く、「この加工条件がベストなのか」と悩む若い技術者も少なくないと思う。そんな時に、気軽に問い合わせ頂けるように「カスタマーアプリケーションセンター」を設けた。従来の加工技術を中心に、120人体制にした。お客様からの相談に一緒に考えていきたい。

金型メーカーに一言。

課題や苦情を言ってくれるお客様が我々を育ててくれたと思っている。実際に苦情を言われるお客様ほど当社の機械を使って頂いている。だから、もっと「こうして欲しい」など様々な課題や要望を遠慮なくぶつけて欲しい。

金型新聞 2022年9月10日

関連記事

【インタビュー】名古屋精密金型 ・坂元 正孝社長「工場間の連携強化へ 」

プラスチック金型を手掛ける名古屋精密金型(愛知県知多郡東浦町、0562-84-7600)は7月、坂元正孝氏が社長に就任した。同社の工場は本社、熊本、宮崎とベトナム、インドネシアの5工場で金型を製作している。金型業界を取り…

日新精機 社長 中村 稔さん
〜ひと〜

ユーチューブでものづくりの魅力伝える  「皆さん、どうもこんにちは」。動画投稿サイト「ユーチューブ」で、自身を模したキャラクターとアニメーションにのせてものづくりの基礎知識を解説する。話題は自身が手掛ける冷間圧造金型に関…

棚澤八光社 岩手工場新設、東北でシボ加工を提供【金型応援隊】

シボ加工などを手掛ける棚澤八光社は今年4月、岩手県一関市に国内10拠点目となる岩手工場を設立した。集積が進む自動車産業を中心に東北地区の顧客に対し、より迅速かつ充実したサービスを提供していく。 岩手工場には10t/10t…

マーポス 切削、プレス加工の監視システム<br>金型分野で事業領域拡大

マーポス 切削、プレス加工の監視システム
金型分野で事業領域拡大

 マーポスは1952年にイタリアで設立され、70年に日本に進出。自動車部品の計測装置や研削盤の定寸装置を始め工作機械の制御・計測装置などを手掛ける。特に金型分野ではタッチプローブでの工具やワーク計測によって金型の高精度加…

人が集まる場づくりを<br>金型工業会東部支部 鈴木 教義支部長(鈴木 社長)

人が集まる場づくりを
金型工業会東部支部 鈴木 教義支部長(鈴木 社長)

この人に聞く 金型の社会的価値訴え  「日本の金型業界にとって今は変化の時期だが、チャンスでもある」と話すのは、日本金型工業会の東部支部長に就いた鈴木の鈴木教義社長。好機なのは、金型の高度化が進み日本のメーカーしかできな…

関連サイト