金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

23

新聞購読のお申込み

井高らギガキャストイベントを開催 欧州の最新事例学ぶ

自動車メーカーら120人が参加

機械商社の井高(愛知県名古屋市)とコンサル企業のHakataInternational(神奈川県茅ケ崎市)は11月14日、愛知県名古屋市で、一体で大型部品を鋳造する「ギガキャスト」のイベントを開催した。自動車メーカーや部品メーカーら約120人が参加した。

同イベントは7月に続き2度目。今回はドイツの金型メーカーら4社がメインスピーカーとして講演。ゲストスピーカーとして、吉利汽車も自社のギガキャストの取り組みを紹介した。

吉利汽車が7200tのギガプレスで製造したリア部品

講演したシェフラー社を中核とするSFツーリンググループ(独)は、ギガキャストの金型を約20型製造したノウハウを持つ。最大では型重量で300tの金型製造の能力もある。講演では「現状では(ギガキャスト)のサイクルタイムは約100秒程度」と紹介。課題は「冷却効果の高い水管をどう配置するか」や、「(冷却回路で)型が大きくならないために、冷却の回路をどう減らすか」が課題だと述べた。また、水管内部の錆など防ぐために、冷却水の工夫についても解説した。

今後の動向について「現状、ギガキャストでリアとフロント部を製造しているが、自動車メーカーからアンダーボディを鋳造したいという要望もある」とし、「大型化に対応していく」とした。

イベントには120人以上が参加

次いで講演したブーマー社(独)は離型材の塗布や自動化に関するメーカー。シミュレーション技術を活用して、「金型のどこの部分に離型剤を噴霧すべきか」、「そのためにノズルの位置」などについて解説した。ロボットを活用して、大量の部位に離型剤を塗布できる2m角の「メガボックス」というスプレーシステムや、リアやフロント部位向けの離型剤の塗布の実績なども紹介した。鋳造後の製品を測定して、治具による補正作業も発表した。

ABK社(独)はギガキャスト向けのトリミングプレスやツールを提供するメーカー。すでにグローバルで7台の納品実績を持ち、近く日本国内にも納品するという。トリミングプレス型を製造するAulback社からは、ギガキャストに関するトリミング型の技術などを発表。一発でトリミングして、バリ取りまで行う技術を紹介した。

その後はゲストスピーカーとして、吉利汽車が講演。自社のギガキャストの取り組みを発表するとともに、7200tのダイカストマシンで58㎏まで軽量化に成功したリア部品(写真)の製造プロセスを紹介した。

ワークを見たダイカスターの技術者は「ギガキャストによるワークを継続的に調査しているが、以前に比べ湯流れが改善している」と話していた。井高の石川博常務取締役は「今後も定期的にギガキャストのイベントを開きたい」と継続した取り組みにしていくという。

金型新聞WEB限定

関連記事

ナガセインテグレックス JIMTOF2020向けに開発した最新マシン披露

ナガセインテグレックス JIMTOF2020向けに開発した最新マシン披露

内覧会開催  ナガセインテグレックス(岐阜県関市、0575-46-2323)は、11月30日から12 月18日に、本社工場で最新の超精密マシンと加工技術を紹介する内覧会「NAGASE NANO SOLUTION FAIR…

オークマ 11月16日からWEB展開催

「WEB OKUMA MACHINE FAIR –JIMTOF2020–」  オークマは、11月16日から同社ホームページ内でWEB展示会「WEB OKUMA MACHINE FAIR –JIMTOF2020–」(詳細は…

トクピ製作所 セミナー開催

儲かる金型の作り方 トクピ製作所(大阪府八尾市、072-941-2288)は9月14日、「世界革新の切削技術と生産財業界の営業必須スキル」についてのセミナーを本社とオンライン上で同時に開き、本社で12人、オンライン上で2…

INTERMOLD・金型展・金属プレス加工技術展 総集編

PART1 INTERMOLD編 進む技能レス化 4月14~17日の4日間、東京ビッグサイト・青海展示棟(東京都江東区)で開催された金型加工技術の専門展「インターモールド2021」。工作機械メーカーや切削工具メーカーなど…

MF ‐ TOKYO 出展者募集開始

日本鍛圧機械工業会が来年7月開催 日本鍛圧機械工業会(北野司会長、アイダエンジニアリング常務)は、7月1日から「MF-TOKYO2023第7 回プレス・板金・フォーミング展」の出展募集を開始した。日刊工業新聞社と共催。2…

関連サイト