金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

28

新聞購読のお申込み

芝浦機械ソリューションフェア 大型化や微細加工の新技術を披露

芝浦機械は10月31日~11月2日、同社の沼津工場(静岡県沼津市)・御殿場工場(静岡県御殿場市)で「芝浦機械グループソリューションフェア2023」を開催した。今回は会場を9つに分類。大型の門型マシニングセンタ(MC)、超精密加工機やダイカストマシン、射出成形機や押出成形機、産業用ロボットなどの展示を行った。

ギガキャストの代替案を提示

今回の展示で目立ったのがギガキャストの代替案。ギガキャストは大型のダイカストマシンなどを用意する必要があり、設備投資額が膨大になる。設備を導入するための工場の立地条件などもクリアする必要があるため、乗り越えるべきハードルが高い。そのため、同社は加工した金型を既存の3500tクラスまでのダイカストマシンで鋳造後、FSW(摩擦攪拌接合)を活用することで大型化に対応する提案を行った。FSWは段取り換えが不要なため、溶接、切削、バリ取りなどを工程集約できることに加え、異なる材料同士の接合も可能だ。アルミダイカスト製EV用バッテリーケースを想定し、FSWで接合したサンプルも展示した。

また、低圧鋳造で大型化に対応する装置「サージカットブースター」も注目を集めた。同製品を活用し、型締め力3500tの機械の大きさで、倍の7000tの型締め力を実現する。

アルミダイカスト製EV用バッテリーケースを想定したサンプル
サージカットブースター

微細加工関連の新製品や新技術

微細加工関連の技術では、低回転の加工を可能にする新製品「ゼロ回転エアスピンドル」を紹介。高精度な位置決め制御ができ、高回転のスピンドルでは難しいコーナーRの部分もダイヤモンド工具を活用することでピン角に加工できる。同製品を活用し、加工したリフレクターも展示した。

ゼロ回転エアスピンドル

超精密加工機向けの「真直度サーボ補正」技術も披露。加工面品位に影響する案内面の真直度誤差を検出し、補正できる。加工面の微小なうねりを改善することで、ヘッドアップディスプレイや高画素レンズなどの光学部品の超精密加工を可能とする。

また、精密旋盤「LG-100E」もコンセプト機として展示した。ワークの自動芯出しや、砥石接触検知などの機能を搭載し、熟練技能者でなくても扱いやすいのが特長だ。

金型新聞WEB限定

関連記事

MECT2023開催 DX、自動化などの最新技術が集結

今年国内最大級の工作機械見本市「メカトロテックジャパン2023(MECT2023)」が10月18〜21日の4日間、ポートメッセ名古屋(名古屋市港区)で開かれる。出展者数、開催規模ともに過去最高となる492社・団体が210…

φ0.1の4枚刃ラジアス
日進工具

無限コーティングプレミアムロングネックラジアスエンドミル 日進工具の公式製品紹介は、こちらから 現場の課題  精密金型の微細形状を直彫り加工する際、加工精度は高レベルで保ちながら、加工能率も高めたいというニーズが多い。そ…

井高らギガキャストイベントを開催 欧州の最新事例学ぶ

自動車メーカーら120人が参加 機械商社の井高(愛知県名古屋市)とコンサル企業のHakataInternational(神奈川県茅ケ崎市)は11月14日、愛知県名古屋市で、一体で大型部品を鋳造する「ギガキャスト」のイベン…

インターモールド 出展者を募集

2022年 大阪・名古屋 インターモールド振興会(大阪市中央区、06-6944-9911)は、2022年の4月に大阪で、7月に名古屋で開催する金型加工技術の展示会・インターモールドの出展者を募集している。 申込の締切りは…

インターモールド開催中止

インターモールド開催中止

 インターモールド振興会(大阪市中央区、06-6944-9911)は3月10日、4月15~18日にインテックス大阪で予定していた第31回金型加工技術展「インターモールド2020」の開催を中止すると発表した。  新型コロナ…

関連サイト