金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

25

新聞購読のお申込み

【金型生産実績】前年同月比 6.5%増の294億3,100万円

プレス型は4.6%減、プラ型は13.5%増

2021年7月の金型生産は、6.5%増の294億3,100万円となった。前月比でも3.7%増と前月に続き回復した。数量は前年同月比0.8%減と微減。前月比でも3.4%減の3万9,586組、重量は前年同月比20.4%増、前月比では3.7%増の1万1,971トンとなった。

プレス用金型の金額は前年同月比4.6%減だが、前月比では7.7%増の120億500万円となった。数量は前年同月比で12.4%増え、重量ベースでも同10.2%増と伸長した。

プラスチック用金型は、金額では前年同月比13.5%増(前月比では2.7%増)の105億8,900万円と大きく増えた。数量は前年同月比4.7%減(前月比では6.7%の減少)、重量は同41.2%増(前月比でも20.3%増)と大幅増だった。

特に目を引いたのは鍛造用金型。前年同月比で70.9%増の18億2,300万円と前月に続き前年を大きく上回った。前月比では3.0%の微減だった。鋳造用金型は、前年同月比9.9%の増となり4億2,000万円。前月比でも21.4%増となった。ゴム用金型は前年同月比25.0%増の7億4,400万円。ダイカスト用金型は前年同月比5.8%増の32億3,400万円。粉末冶金用金型は前年同月比1.2%減の4億600万円、ガラス用金型は同1.9%増の2億1,000万円となった。金型生産は回復基調にあるとみられるものの、自動車生産の停滞や半導体不足などによる開発計画への影響を注視したい。

金型新聞 2021年10月10日

関連記事

クローズアップ 金型時事

クローズアップ 金型時事

需給ギャップが改善し、明るさも戻り始めた金型業界。後押しの一つとなっているのが、一部で言われる金型の国内回帰だ。果たして本当に国内に回帰しているのか。どんな金型が戻っているのか。一方、ここにきて「職人」不足を危惧する金型…

2月の金型生産実績

2月の金型生産実績

前年同月比 5.7%増の361億1,900万円 プレス型は9.5%増、プラ型は2.7%増   日本金型工業会(会長牧野俊清氏)は、経済産業省機械統計(従業員20人以上)による2017年2月の金型生産実績をまとめた。それに…

新金型産業ビジョン<br>6つのテーマから金型業界の未来を考える

新金型産業ビジョン
6つのテーマから金型業界の未来を考える

逆境乗り越え、攻め 需要の国内回帰広がる  厳しい経営環境が続いてきた日本の金型業界。 しかし、 ここに来て円安によるユーザーの国内回帰や、一部で需給バランスが改善するなど、好転の兆しも見え始めた。 過酷な時期を乗り越え…

ー金型メーカー若手技術者 アンケートー<br>「金型への熱い思い」

ー金型メーカー若手技術者 アンケートー
「金型への熱い思い」

挑戦や協働にやりがい 技術向上し、多能工目指す  本紙では4月から5月にかけて、全国の金型メーカーで働く20代から40代までの若手従業員102人を対象に、「金型に対する熱い思い」をテーマとし仕事や会社、業界に対する意識調…

【金型生産実績】2020年6月 5.2%増の314億3,900万円

表の見方 型種別生産の数量、重量、金額と前年同期比増減率(%)を記しています。内製は合計の内数です。2011~2019年は1年、2019年6月~2020年6月は1カ月の値です。 プレス型は16.7%増、プラ型は18.0%…

関連サイト