金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

28

新聞購読のお申込み

パンチ工業 3Dスキャナ計測サービスを開始

不具合の原因究明

パンチ工業(東京都品川区、03-6893-8007)は今年1月、3Dスキャナを活用した新サービス「3D計測パートナーズ」の提供を開始した。従来の測定では難しかった製品の形状を測定し、測定データを加工・分析することで不具合の原因究明や改善策などの提案を行う。開発リードタイムの短縮や品質完成度の向上に貢献する。

これまで製品の品質を確認するには、ノギスや三次元測定機などを使った寸法測定で行うことが多かった。そのため、製品の歪みなど3次元的な現象をみることが難しく、時間がかかったり、正確に測定したりすることができなかった。

「3D計測パートナーズ」は同社北上工場(岩手県北上市)に設備する3Dスキャナを活用し、顧客の品質確認における課題を解決するサービス。利用者は金型や成形品などの現物を同社に預けることで3D形状データの分析や解決策などの提案を受けることができる。

料金体系はサービス内容によって3種類。形状評価が可能な「ライトプラン」で19万8000円(税別)。その他に「スタンダード」「プレミアム」を揃える。パートナープラン(無料)も用意する。課題に対する相談や活用事例の紹介、サンプルなどを受けることができる。

サービスの開始に合わせて、同社サイト内に特設ページを開設。問い合わせや無料相談プランへの登録などが可能。サービスの詳細情報なども確認できる。商品開発課長の宮本卓氏は「同サービスを利用することで、不良率の低減や設計の最適化などにもつながる」としている。

金型新聞 2022年2月10日

関連記事

パンチ工業 金型用粉末合金を開発

 道工技センターと共同研究 パンチ工業(東京都品川区、03-6893-8007)が、金型用粉末合金の開発に取り組み始めた。今年6月、北海道立工業技術センター(道工技センター、北海道函館市)と共同研究契約を締結。同センター…

高濃度セルロースファイバー
パナソニック

材料と成形方法を確立   パナソニックマニファクチャリングイノベーション本部はセルロースファイバーを55%以上の高濃度で樹脂に混ぜ込む複合技術と、その成形技術を確立した。素材の軽量化やプラスチックの削減、木目調の自然な外…

型設計を効率化
ナノソフト

「3DQuickPress」+「3DSimSTAMP」 ナノソフトの公式製品紹介・お問い合わせは、こちらから 現場の課題  3次元でのプレス金型設計を実践する企業が増えつつある中で、さらなるリードタイム短縮やコスト削減を…

ユニオンツール 超硬や硬脆材の荒加工向け多刃仕様エンドミルを発売

ユニオンツールはこのほど、ダイヤモンドコーティングを採用した、多刃仕様のロングネックラジアスエンドミル「UDCRRS」を発売した。自動車やコネクタ関連で増えている超硬合金の荒加工に適している。 独自開発のUDCダイヤモン…

ミスミ 金型用冷却継手に10個入りパックを発売

ミスミグループ本社(東京都文京区、03-5805-7050)はこのほど、金型冷却用継手の10個入りパックを発売した。通常標準単価に比べ、1本当たり最大25~30%のコストダウンが可能。1本当たりの単価は120円(税別)か…

関連サイト