金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

JUNE

12

新聞購読のお申込み

次代の人材確保するため、地域を巻き込んで金型の魅力感じてもらう 上田幸司氏(明星金属工業 代表取締役社長)【鳥瞰蟻瞰】

明星金属工業 代表取締役社長 上田幸司氏

日本の金型の未来を担う人材。それは今、危機的状況を迎えています。少子化が進み、就職する学生の数が減り続けている。当社のある大阪府でも特に公立工業高校で定員割れが相次ぎ、数年後にも数校が廃校します。もの作りに興味を持つ高卒者を一人も採用できなくなる状況が遠くない未来に迫っています。

そんな状況で当社のような中小企業の金型メーカーがどうすれば学生を採用し働き続けてもらえるか。その一つの方法が地域の行政や教育機関、企業と連携し、その地域に様々な業種の企業があること、そしてその仕事の魅力を学生に伝えていくことだと感じています。

その大きなきっかけとなったのが2018年に地元大東市のものづくり企業と協力して作った「企業マップ」でした。これは学生の工場見学や職場体験を歓迎している市内の製造業28社を市の地図に収録したもので、これが教育委にとても喜ばれました。

先生方は地元の企業とのつながりが薄く、学生の工場見学や職場体験先を探すのに苦労していました。しかし企業マップはその架け橋となり学生に多彩なものづくりの現場を体感させてあげられる。その後、市にも認められ全業種56社のマップへと発展しました。

このとき感じたのが連携の大切さでした。学生に当社や金型を売り込もうと単独で工場見学を開いていてもできることは限られている。けれど市や教育委、そして採用で悩む企業と協力して取り組む方が活動の幅が広がり効果も大きくなる。

雇用は採用と教育の両輪がなくてはなりません。会社に興味を持ってもらい採用できてもやりがいを感じてもらえなければ続かない。教育の本質はそのやりがいを伝えること。技能やマネジメント研修を通じて、能力が高まる嬉しさや社会における仕事の尊さを感じてもらうことが大切です。

それまでにも当社独自のカリキュラムを作り金型技能者の教育をしたり、市内のものづくり企業とIoTの基礎講座を開いたりしてきました。ですが企業マップをきっかけに思ったのです。教育も地域で連携すればどうかと。

採用と教育の地域連携のイメージが頭に浮かびました。別々に活動していた工場見学や研修講座を市の子供や市内の企業で働く人のための育成事業として体系化。子供も社会人も仕事の魅力を知りスキルアップしていくプランです。

このプランを2019年、市や商工会議所、教育委に提案したところ地域連携の事業として認められました。そして21年、その一つの活動として市内の企業に入社した新入社員を一堂に会する「合同入社式」をスタートとし育成していく「DAITO DOUKI(同期・動機) CAMPAS」がスタートしました。

この研修は新入社員として必要な社会人基礎研修と、製造業向けの安全講習や基礎技術・技能研修があり、1年を通じて研修し参加者同士の同期・仲間作りも目的の一つです。その後、10年のスパンでキャリアUP研修を行い、まさに地域企業による地域企業のための育成活動です。

今、日本の殆どの企業が人材の採用と育成で悩んでいます。世の中の多くの人にその職種を知られておらず、仕事の魅力を実感するまで時間がかかる。当社も含めてそんな構造的な課題を抱える金型メーカーはなおさらです。

であれば連携するのはどうでしょうか。地域全体とまでいかなくても企業や学校と連携する。当社はこの一連の地域連携で、工場見学をした学生や事業活動を通じて当社を知った学生が入社してくれるようになりました。

連携は手間と時間がかかり、直接メリットにならないと思うことも多い。人材の採用や育成でずいぶん遠回りな方法だと思ってしまうかもしれませんが、実は最も近道だと感じています。

金型新聞 2023年3月10日

関連記事

【金型応援隊】太陽テクニカ ダメ元でも相談を

一桁ミクロンの加工精度 「マシニングで出せない精度の穴加工は、是非任せてほしい」と語るのは、長年ジグボーラー加工やジグ研削加工に携わってきた、太陽テクニカの大畠正陽社長。同社は、航空・宇宙産業の部品から工作機械の主要精密…

動き出す 「メガキャスト」、国内外で協業進め顧客の半歩先行く提案 米谷 強氏(米谷製作所 代表取締役社長)【鳥瞰蟻瞰】

当社は今年4月、同じ新潟県に拠点を構えるプラスチック金型メーカーの共和工業との協業を発表しました。主な目的は、電気自動車(EV)の車台やバッテリーケースなどを一体成形する「メガキャスト」向けの超大物金型の開発、製造です。…

国内事業を再整備 森久保哲司氏(パンチ工業 社長)【この人に聞く】

パンチ工業(東京都品川区、03・6893・8007)は今年、2025年3月期までの中期経営計画を発表し、最重点施策として「国内事業の再整備」を掲げた。販売拠点の統廃合や、連結子会社の解散などによる経営合理化を図り、特注品…

新日本工機・中西 章社長「ものづくり力向上を支援」

「30年間お客様とものづくりを改善し続けられる存在でありたい」—。そう話すのは一昨年に新日本工機の社長に就任した中西章氏。ライフサイクルの長い大型機械が強みなだけに、「長期間にわたって、顧客のものづくりをサポートするのは…

【ひと】ヤマシタワークス・福田 真弓さん 薬剤の金型を加工するママさんNC担当者

二人の子供を持つママさんNC加工担当者。入社のきっかけは、よくあるパート募集。応募したのは勤務時間が10時から15時までと働きたい時間に合致していたから。ただ、通常のパートと違ったのが、募集の職種が「NC加工」だったこと…

関連サイト