金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

MAY

25

新聞購読のお申込み

インターモールド2024総集編 -金型展2024-

付加価値高める高機能な金型

金型展2024では、付加価値を高める高機能な金型を展示する企業が随所に見られた。

キヤノンモールドは、中空体を作る樹脂接合金型を展示した。同社が製作した小型射出装置「BOX INJECTOR」と組み合わせることにより、中空体の中に2色のロゴマークが入ったダブルウォールカップを成形できる。接合の手間を省き、仕掛品の削減に貢献。軽量化や断熱、意匠性向上などのニーズに応える。

坂本金型工作所はダイスライドインジェクション(DSI)で製作したオカリナのモデルサンプルや、樹脂部品を遮音材として使う製品を披露した。DSIは金型内で組み立て工程が完結するため、製造コスト削減や人手不足解消に貢献する。また、組み立てが不要になるだけでなく、外観のつなぎの部分の形状がスムーズなため、オフィスなどの外観の遮音材として使うにも最適という。

アイテックは、現在開発中のバリの出ない「バリレス金型」を紹介した。バリによる傷やプレス時の打ち痕をなくすことで、後工程の削減に貢献する。

中空体を作る樹脂接合金型(キヤノンモールド)
DSIで製作したオカリナのモデルサンプル(坂本金型工作所)

金型以外の多様な提案や展示も

金型以外の多様な提案や展示も目立った。七宝金型工業は、開発した精密ジャッキ「EASYG(イージグ)」を展示。六角レンチ一本で、0.01mm精度の高さ調整が可能だ。ベテラン作業者でもクレーンで、30分以上かかるような水平出し作業を簡易化し、段取り時間の短縮に貢献する。

中辻金型工業.は、自社開発の複合型業務効率化システム「製造業プラス」を出展した。人事や労務、経理、顧客情報などのあらゆるデータをクラウド上で一元管理可能し、シンプルかつ簡単な情報管理を製造業者に提案。また、導入企業の業務フローにあわせたシステムのカスタマイズにも対応可能だ。

開発した精密ジャッキ「EASYG(イージグ)」(七宝金型工業)
フェムト秒レーザー加工機で加工した展示物(池上金型工業)

池上金型工業は昨年導入したフェムト秒レーザー加工機による加工製品を披露した。材料の表面にレーザー加工を行うことで、撥水や光の無反射構造などの機能を持たせることができる。

ムツミ工業は、同社の産業合理化事業部が手掛ける「製造支援サービス」を紹介した。金型づくりで培ったノウハウをもとに、金型の設計製作や試作、工法の開発に加え、プレス機や協働ロボットを組み合わせた生産ラインの設計などを同社が代わりに請け負うサービスだ。

金型新聞WEB限定

関連記事

フジイ金型が「6稼4勤」制度を導入したワケ

6稼4勤のシフト制勤務 「正規の労働時間を減らしたことで多能工化が進み、効率性が高まったことでコストの削減にもつながっている」と話すのはフジイ金型の藤井寛達社長。同社は月~金という従来の働き方をやめ、6稼4勤のシフト制を…

価格の引き上げ急務 業界を挙げた取引環境是正へ【特集:どうする値上げ】

金型の製造コストが上昇している。金型の母材として多く使われる工具鋼や、各種金型部品などが相次いで値上げされたためだ。加えて、工場稼働に必要な電気料金も依然、上昇傾向にある。金型メーカー各社は、取引先への価格の引き上げ交渉…

金型技術展2022 8月26日、産創館で

金型や加工技術44社が出展 大阪産業局は8月26日、大阪産業創造館(大阪市中央区)で「金型技術展2022」を開く。金型メーカーや放電、表面処理、鏡面仕上げ、切削工具を手掛ける企業など44社が出展する。事前ウェブ申込制、入…

高硬度綱の高能率加工
オーエスジー

Aブランド高硬度鋼用超硬ボールエンドミルシリーズ 現場の課題  金型加工で特に増えている高硬度材の加工を高効率化したい。 提案・効果  Aブランド新製品の高硬度鋼用超硬ボールエンドミル高能率型4刃「AE-BM-H」と高精…

インターモールド 出展者を募集

2022年 大阪・名古屋 インターモールド振興会(大阪市中央区、06-6944-9911)は、2022年の4月に大阪で、7月に名古屋で開催する金型加工技術の展示会・インターモールドの出展者を募集している。 申込の締切りは…

関連サイト