2020年2月28日(金)

金型の設計請負サービス
ニッタモールド

 ニッタモールド(滋賀県甲賀市、0748・86・8615)は、定額料金でプラスチック金型の設計を請け負うサービスを始めた。人件費が安く優れた技能者のいるタイ工場で図面を設計し、低価格、短納期で供給する。高齢化などによる金型メーカーの設計者不足を支援する。

 利用者は製品図面を提出し、ニッタモールドは利用者と打ち合わせし、それに当てはまる金額を定額表から見積もりを提出する。契約が成立したらニッタモールドはその内容を基に下図を作り、利用者の希望と擦り合わせて調整し、図面を設計。2次元図面、パーツリスト、3次元データなどを、依頼を受けてから1~2週間後に提供する。

 設計料金は、スライドの数や型締め圧、パーティングラインの仕様などの組み合わせによって予め72通りの値段を設定。例えばスライド1個、変則パーティングライン、型締め圧5~100t、コールドランナで12万8千円。一般的な金型設計会社に依頼するより約30~40%安いという。

 同社は1990年、金型の設計で創業。その後、成形品の量産や金型制作にも事業を広げ、2010年にタイに金型設計製作と成形品量産の工場を新設した。利用者から依頼を受けた図面は、タイ工場で経験のある現地の技能者が設計し、日本人の責任者が仕上げる。

 労働人口の減少や高齢化などにより金型メーカーや金型設計会社で近年、設計者不足が課題となっている。ニッタモールドは、金型図面を定額で依頼し、短納期で届くサービスで日本の金型メーカーの競争力底上げを支援する考え。このサービスの問い合わせは大阪営業所(大阪市中央区、06・6766・4642)。

金型しんぶん 2019年8月10日

[ 技術 ][ 製品紹介 ][ 金型新聞 ] カテゴリの関連記事

2000名にプレゼント!
インターモールド2020ポケットガイド

片手で持てるサイズに会場マップや出展情報  金型新聞社は、第31回金型加工技術展「インターモールド2020」(4月15~18日、インテックス大阪)のポケットガイドを開幕1週間前の4月7日に発刊します。  ポケットガイドは […]

新春金型メーカー座談会
〜女性の活躍を考える〜

 製造業において、人手不足は深刻な問題となっている。困難な採用環境、熟練者の高齢化などに加え、働き方改革関連法の完全施行もあり、金型メーカー各社も対応に苦慮している。特に人手不足への対応は、生産性の向上はもとより、女性の […]

面取り工具を発売
三菱日立ツール

高硬度鋼に対応  三菱日立ツール(東京都墨田区、03-6890-5101)はこのほど、高硬度鋼加工に対応した面取り工具「DN2HC‐ATH」を発売した。NCによる自動機械加工を可能にし、手作業時間を低減する。  「ATH […]

トピックス

関連サイト