金型業界のいまを届けるニュースサイト「金型しんぶんONLINE」

FEBRUARY

07

新聞購読のお申込み

金型メーカーが考える次世代の匠とは?

金型メーカーアンケート 

次世代の匠に必要な技は?

熟練の金型職人が持つ「匠の技」を機械に行わせたり数値化したりする取り組みは広がり続けている。新技術が登場する中、「匠」に求められる能力に変化はあるのか。それを探るべく金型メーカーに「次世代に匠の必要な技」についてアンケートを実施した。構想力など普遍的な能力が必要とされる一方、IoTや解析などデジタル技術を駆使し、工場全体を取りまとめる能力も求められていることが分かった。

デジタル駆使する人材

Q1 匠に求められる技に変化はあるか。

約85%の企業が「変化がある」と回答した。「変化がない」とした理由の中に「匠が駆使する技術に変化があったとしても匠に求められる考え方など本質は変わらない」とする回答もあり多くの企業が「匠の技」そのものの変化を感じている。

Q2 これまでの匠に求められていた技は何か(複数回答可)。

「変化あり」という回答した人に、「これまでの匠」で必要だった能力について聞いた。最も多かったのは「金型の構想を考える力」。工程全体をマネジメントする能力が必要と感じている。次いで「金型組み付け技術」、「磨き」、「設計」。アナログな技で機械の精度をフォローする技能者を匠とする回答が多かった。

Q3 次世代の匠に求められる技は何か(複数回答可)。

画像をクリックして拡大

トップは「これまでの匠」の質問と同じく「金型の構想を考える力」。時代やツールがどれだけ変化しても、構想力は金型づくりで普遍的に求められる能力なのが分かる。ただ「最新の技術との組み合わせが重要」、「仮想技術を使いこなす」という声もあり、今後は新技術を駆使する構想力が必要とされている。

次は「IoTなどのネットワーク技術」と「ロボットなど自動化技術」。これらはセットで挙げる回答が多く見られ、「労働力不足の改善と低コスト実現をするため」、「金型製作の省人化、24時間稼働のシステムアップできるプロ」などがその理由。最新技術を使いこなし工場全体を管理し省人化や自動化、生産性向上に寄与できる人材を匠とする傾向が強い。

「シミュレーション技術」という回答も。「精度の高い製品を求められており金型パーツもシビアに測定する必要がある」などが理由で、総じてデジタル技術を駆使できる人材を「これからの匠」とする声が多い。

Q4 「次世代の匠」育成で取り組んでいることはあるか。

「ある」との回答が約7割。「ない」とした回答でも「(マンパワー不足などから)取りかかれない」という企業が多く、多くの金型メーカーが育成の必要性を感じている。

取り組みの内容として最も多かったのは「OJT」で、勉強会や外部教育機関と併用し、多能工化を図るという回答が多かった。また、OJTを専門に行う組織を設けている企業や、「プレス金型設計者育成塾」や「社内加工塾」など、学びの場を設けている企業も多い。

中には「各個人に技術志向なのか、管理者志向なのか考えてもらい、それぞれに合った教育を進めている」と、個々人の意思を尊重する回答もあった。そのほか「金属3D導入に向けて学習中」、「自動化設備の開発」など、新技術にいち早く対応する準備を行う企業も多数あった。

Q5 これからの匠のあり方

「データを道具のように扱える匠」、「テクノロジーの知識もあり、省人化を考えられる人」、「デジタルとアナログ技術を持ち合わせた人」など、新しい技術を使いこなせる人材を求める声が多い。

一方、「匠は技術力(個々の技術、加工精度、品質)から組織力(管理、運営、体制)の時代になっている」、「企業自体の匠への変化が必要だと思われる」など企業が「匠の技」を持つべきという意見も多かった。

※1月下旬から2月上旬までの間に日本全国の金型メーカー500社に Googleフォームでアンケートを行い53社から回答を得た。

金型新聞 2022年2月10日

関連記事

〜精度よく、早く、安く・作る〜特集

〜精度よく、早く、安く・作る〜特集

高難度型を早く安く 自動化活用し品質安定  難易度の高い金型や、オンリーワン技術に高い付加価値があるのは当然。しかし、全てがそんな金型ばかりではない。大半の金型は、高精度は当然ながら「早く、安く」作ることが求められている…

記者の目 ‐Reporter`s eye‐

記者の目 ‐Reporter`s eye‐

今回の“コロナ禍”で見えてきたのは、変化の必要性だ。受注や生産活動が制限される中、デデジタル化やITツールの活用など以前から指摘されていた課題が改めて浮き彫りになった。都内のある金型メーカーは、「変革の契機となるのは間違…

かいわ 自社で商品生み出す道に

培った技術活かす 自動車の電動化、医療関連や半導体関連需要の拡大などで、国内のものづくり産業に求められるものも大きく変化している。自動車の電動化ではモータやバッテリーなどの電動化部品や材料置換による軽量化部品などが増えて…

【鍛造金型特集】<br>日本鍛造協会 八木議廣会長に聞く<br>熱間鍛造の動向

【鍛造金型特集】
日本鍛造協会 八木議廣会長に聞く
熱間鍛造の動向

 鍛造は大きく熱間と冷間に分かれるが、重量ベースでは圧倒的に熱間が多い。成形品が比較的大きいことも理由の一つだ。一方で、金型はコストや納期の問題から圧倒的に内製率が高いという。自らも熱間鍛造部品を手掛ける、日本鍛造協会の…

金型メーカー座談会 若手経営者が語る<br>ー業界の魅力高めるためには 第三部ー

金型メーカー座談会 若手経営者が語る
ー業界の魅力高めるためには 第三部ー

人材育成の要諦 デジタルとアナログを融合 金型メーカー座談会 若手経営者が語るー業界の魅力高めるためには 第二部ー 最終回となる今回のテーマは「連携」と「人材育成」。戦略云々よりも、経営者同士の感性や考え方が合った連携の…

関連サイト